募集要項 クラウン新人漫画賞発表 出張編集部 美大芸大キャラバン 持ち込み募集
  • 第1回
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 第7回
  • 第8回
  • 第9回
  • 第10回
  • 第11回
  • 第12回
  • 第13回
  • 第14回
  • 第15回
  • 第16回
  • 第17回
  • 第18回
  • 第19回
  • 第20回
  • 第21回
  • 第22回
  • 第23回
  • 第24回
  • 第25回
  • 第26回
  • 第27回
  • 第28回
  • 第29回
  • 第30回
  • 第31回
  • 第32回
  • 第33回
  • 第34回
  • 第35回
  • 第36回
  • 16年3月期
  • 16年4月期
  • 16年5月期
  • 16年6月期
  • 16年7月期
  • 16年8月期
  • 16年9月期
  • 16年10月期
  • 16年11月期
  • 16年12月期


今回は全体的に若くて、上手い人が多かった印象です。あと女性が多くてビックリしました。私が審査員長だからかしら。新時代の幕開けなのかしら。上手い人ばかりだとあまり言う事がないのですが、皆さんこれからまだまだ大変な事が沢山あるかと思いますのでぜひ負けないで頑張っていって下さい!


佳作

    もうこのまま連載出来そうなくらい、画力、コメディのテンポ等上手く、プロ並の実力かと思います。ヤクザと、そのお付きの女の子のキャラもいいし、オチも良かった。ただ少しでいいのでヤクザが何故神父業をしてるのかにツッコんで欲しかった。

    キャラの表面的な性格は描けており、勢いとテンションでスムーズに読める。一方で、どういう目的や過去があって、主人公たちは人助けをしているのか、行動原理の説明は足りなかった。助けに入るシーンにもこのキャラらしい見せ方・工夫が必要だった。絵柄の古さも改善したい。

    保健委員の優しいクラスメート・絹川さんに恋をしてしまった世良ヨシトは、身分不相応な片思いを懺悔するため教会へ。そこで待ち構えていたのは、マリアではなくどうみても武闘派マフィアな男。おまけに、今日中に絹川さんに告白することを命令され!?

審査員

    ド直球ラブストーリーが新鮮で、女の子がかわいい。画力・ストーリー等年齢を考えると大変レベルが高かったです。オチは読めてしまうけど、ラストのまとめ方が爽やかで良かった。もう少し全体的にブラッシュアップできれば完璧。

    構成に優れており、導入が巧く、ドラマの起伏がきっちり作れていた。応援したくなるような、キャラの好感度もあった。絵は、様々な作家の影響を強く受けており、新しい自分自身の魅力的な絵を模索して欲しい。特に、顔の描き方がまだ不安定。

    花村はるきは、クラスの気になる男子にラブレターを書いたものの、入れる靴箱を間違えてしまい、無関係の文芸部員・冬木にその想いを知られてしまう。さらに、手紙の作法の駄目だしまで受けてしまったため、冬木に手紙の書き方指南を頼み…

編集部

    画力はまだアラは目立つものの、キャラ絵はとてもかわいく、アクションものびのび描かれていて良かった。でも主人公の耳が不自由な点など重要な情報は、ちゃんと最初で印象的に演出すべき。ストーリーづくりはまだまだ量を描くことが必要。

    見せ場の構図やキャラデザなどに、19歳としては突出した力が見られた。物語作りはまだ甘く、主人公の過去や、なぜ人間を助けて旅をしているのかなどの説明が足りない面も多かった。耳が聞こえない設定も描き切れていない。今後の成長に期待大。

    犬・猿・雉と、言葉を喋れない少女の一行がたどり着いた村では、一ヶ月前に突如として現れた赤鬼に襲撃を受け、生贄を差し出すことを強要されていた。次の生贄と目されていたのはスミレという少女だったが、スミレの父は非情な策を…。



    設定、世界観、ドラマなどがまだとっ散らかってる状態のものを読んでいる気分に。もっと、ネーム段階でちゃんと整理してから描こう。絵はサバサバした描き慣れ感があるけど、もっとジックリ描く部分もつくるといいかも。

    キャラ意識はあるが、各登場人物の目的や心理に矛盾が複数見られ、ドラマは説得力が無いものになっている。キャラクターの理念については隙のない作劇を意識して欲しい。画力向上・絵柄の進化のほか、描き込み不足の改善も課題。

    研究者であった小松竹造の遺した発明「思念体装置」は、成仏する前の魂である「思念体」を誰もが見ることができるようになる道具だった。死者と会話できるようになった世界で、竹造の娘である梅子は、竹造の思念体との距離を測りかね…。

    プロ並の美しく高い画力。一方、ネームの言葉選びが独特で読みづらく、感情移入出来なかった。これだけの画力や表現力があるのだから、言葉選びはもっとシンプルでベタでもきっと伝わるはず。

    描きたいテーマは伝わる。モノローグや会話に終始しており、キャラの感情に乗るのが難しかった。日常とシリアスで緩急を付けたり、言葉よりも事件やキャラの行動を描くことで読者に感情移入させて欲しい。画面作りは読みやすさを心がけて。

    人造人間の技術が発展した世界。歌手として将来を嘱望されていたヘレナは、人造人間のミスによる列車事故で親と未来を失い、人造人間を憎悪していた。ある日、彼女の前に現れた人造人間の少年は、ヘレナの歌を聴きたいと願っていた…、

    フジキのキャラや、ストーリーも、伏線を張り、二手三手ひっくり返すつくりで面白かったです。ただフジキが何故不死身なのか少しでも触れるべき。画力等は年齢を考えればこれからもっと上手くなりそう。

    キャラクターを作ろうという姿勢は感じられる。一方で、殺されたがる男がヒロインの行動を阻止しようとする部分に、キャラの矛盾が感じられた。19歳とはいえ画力が圧倒的に足りない。特に背景については相当のレベルアップが必要だ。

    かつて強盗に母を殺された高校生・文与。その前に現れた不審な男・フジキは、自分自身が不死身であると称し、彼女に自分を殺してくれるように頼んだ。唐突な申し出を拒否する文与だったが、フジキはなぜか彼女に付き纏うことをやめず…



  • 無題 45P 山本誠志 18
  • PunisheR 41P 篠ノ宮 慧 19
  • 動話 Cannibals Marchen 45P なつみかん 20
  • 最後の一枚 33P 坂口 真 21
  • 定城 他 18P はいぱあワナビー 34
  • TANGO2 18P 志波維茅 29・24
ページTOPへ戻る