募集要項 クラウン新人漫画賞発表 出張編集部 美大芸大キャラバン 持ち込み募集
  • 第1回
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 第7回
  • 第8回
  • 第9回
  • 第10回
  • 第11回
  • 第12回
  • 第13回
  • 第14回
  • 第15回
  • 第16回
  • 第17回
  • 第18回
  • 第19回
  • 第20回
  • 第21回
  • 第22回
  • 第23回
  • 第24回
  • 第25回
  • 第26回
  • 第27回
  • 第28回
  • 第29回
  • 第30回
  • 第31回
  • 第32回
  • 第33回
  • 第34回
  • 第35回
  • 第36回
  • 16年3月期
  • 16年4月期
  • 16年5月期
  • 16年6月期
  • 16年7月期
  • 16年8月期
  • 16年9月期
  • 16年10月期
  • 16年11月期
  • 16年12月期


一番最初に思ったのが「女性多い…」で、その次が「若い」です。ほとんどの作品が技術的にはまだまだだと言えますし、皆さん自身、自覚していると思います。それでもこうして最終候補に残れたのは、それぞれが他には光るものがあってのことだと思います。それが何か誰よりも早く気づき磨いて武器にするのが生き残る手段なのではないかと。


審査員特別賞

    運動も勉強も全くできない高校生の芽発は、憧れの女子・日ノ本さんに告白するため特訓を受けることに。それは完全無欠の秀才・天満さんによる特別指導だった…!!

    文句なく今回トップ。キャラも絵も物語も見せ方も、今すぐ連載しても問題ないレベル。個人的には(スケベ男子的には)、天満さんのセクシーショットがあれば即本棚行き。自分の描きたいものを芯に持ちつつ読者の求めているものを模索する。ここからが一番大きな壁となります。

    絵も話もキチンと描こうとしている姿勢に好感が持てる。キャラクターの絵柄はもっと研究してほしいし、背景もしっかり描こう。話についてはヒロインに関するエピソードが足りないので、できちゃう事への不満が理解しづらかった。若いので次回作に期待。

審査員特別賞

    飛来する宇宙人達から人々を人々を守る地球防衛軍。その隊員・虚舟は宇宙人を引き寄せるという一人の人間を抹殺するよう命じられる。しかし肝心の相手は一見ただの電波な女子高生で…。

    マキコと虚舟隊員のやり取りがもっと見たかった気がします。いっそラブコメ的なノリでもアリだと思うんですが、ダメですか。少々設定に引っ張られて説明不足になってしまっている感もあるのでもっと設定はシンプルに、キャラクターの内面だけで物語を動かせるようになれた方がいいかも。

    オリジナリティのある作風が魅力的。キャラクターも生き生きとしていて良い。主人公がヒロインを好きになる経緯はしっかりと描いてほしい。絵は愛嬌があるが、現状に満足することなく、改善していってほしい。


    中学次代を一人で過ごした正人は霊感体質と嘘をつくことで高校での友達作りに成功。しかし隣のクラスにも霊感を持つ女子がいることを知り、自分の嘘を守るため彼女を屋上に呼び出し…。

    正直「ええっここで終わり!?」という感想です。ここから秘密を抱えた二人が事件を解決したり、ラブをコメしたりするのが見られるものだと。そう思える程、二人の掛け合いは読んでいてとても楽しかったです。テンポもよく最小限の説明でキャラを理解し感情移入できました。これは素晴らしい技術です。

    導入が面白かった。ページ数が中途半端でオチが弱いのが残念。現状中身が薄いので、この可愛げなキャラクターを使ってちゃんとストーリーを盛り上げてほしかった。

    高校デビューを目指す凛太郎は隣の席の犬神君と仲良くなる。喧嘩っ早い後に振り向されつつも楽しく過ごすのだが、中学時代に自分を虐めていた男子と再会し…

    凛太郎がいじめっ子に脅され犬神くんをつき放すシーンの前にもう少し具体的に友情が生まれるシーンがあっても良かったかも。ピンチはとことん追いつめてから打開した方がスカッとしますし、幸せは一番上まで行ききってから落とした方が絶望感も増します。あと凛太郎の女装に興奮したのは僕だけではない筈。

    キャラクターの気持ちを丁寧に追えている。とはいえ、作品内に出てくる不良や悪い子が画一的というか杓子定規で残念。少年漫画として見ると、可愛い絵柄も含めて少々雰囲気が女性的すぎるかもしれない。

    ストリートダンススクールの一人息子・マコトはダンスとは無縁に見えるアイドルオタクしかしライバル校から立ち退きを迫られ、実家や生徒を守るため起死回生のダンスバトルに挑戦することに!

    画力もストーリーも見せ方も全部が平均点以上。表情もとてもよく描けています。逆に、もう少し力の抜いたコマがあっても良かったかもしれません。絵でもストーリーでも言えることですが、全体のクオリティーが高すぎると本当に見せたいシーンがかえって埋もれてしまうことがありますので。

    全力で挑んでいるのが伝わる原稿。難しい題材に対し、ダンス以外の部分でドラマを作って工夫している。しかし、やはり肝心のダンスに興味が持ちづらい。予定調和の話や薄味なキャラクターも問題だが、もっとはまるネタを見つけてチャレンジしてほしい。

    ジャングルに囲まれた学校で目を覚ました一人の男子高校生。自分の名前すら忘れた彼は、周囲の生徒から人類が小人のような生物によって殺戮されている絶望的な現状を聞かされる…

    画力も構成も演出もまだまだ。ストーリーも説明不足。表現力不足と言わざるをえません。しかし上記のものは数をこなして得られる技術です。反して読んでいるうちにダークな世界観にまるで「そこにいる」ような感覚になったり先が気になりページをめくる手が止まらないのは練習では絶対に手に入らない"センス"というヤツではないでしょうか。

    画力・センスに可能性を感じる。出だしの主人公のリアクションは良くわからない。結局主人公が何者だったのか、ラストのバックボーンを見せられても納得いかないのが残念。キャラクターを意識してほしい。



  • 夢を叶える豆が叶える夢 45P 渡部愛菜 17
  • 絶対計画ボーイ 33P 石橋勇太郎 21
  • Liar 40P 藤決一 20
  • Shadow 45P 伊沢誠聡 17
  • HERO 21P 金築将斗 21
  • そうしようもない僕にどうしようもない天使が降りてきた 12P 藤井史哉 28
  • セキニンガール 15P なかちかな 18
  • カンチョーマ 18P 伊藤 潤 19
  • ウワサのハナコさん 31P 仲埜るん 20
  • 神様の箱庭 31P 髙城隆介 27
  • 大城くんは呪いにかかっている。 45P 安藤由季子 27
  • Sorciere 44P 高橋歩維 27
  • MOWA 45P 柳江里加 19
ページTOPへ戻る