[1/11 じゅういちぶんのいち]中村 尚儁

1/11 じゅういちぶんのいち 第1〜9巻 中村 尚儁
前回までのあらすじ

 中学最後の大会でサッカーに挫折し、ただ真面目に勉強に明け暮れていた主人公・安藤ソラ。塞ぎ込む彼の前に突如現れたのは、女子日本代表の若宮四季だった。彼女は、自分勝手なドリブラーだったソラに、「サッカーは一人でやるものじゃない」という言葉を残し、彼の元を永遠に去る。彼女から、自分に足りなかったものを教えられ、忘れかけていた情熱を取り戻したソラは彼女の想いを受け継ぎ、高校でサッカー部を創設する。そんなソラを巡る様々なドラマが、時空をまたぎ紡がれる―――!!

 佐藤剛志―――プロサッカー選手のソラに憧れる剛志だが、あまりサッカーが上手でないせいで友達からサッカーする時に一緒にやらせてもらえないでいた。また仲間にいれてもらえなかったある日、剛志は一人の老人に出会い、サッカーを教えてもらうことに。練習を重ねていくが、なかなか上達しない己に苛立つ剛志。そんな彼に老人は、「強い意志を持ってサッカーをやり続けること」がサッカーの上手くなる唯一の方法だと諭すのだった。そして剛志は再び仲間に入れてもらおうとするが、拒否される。それを見ていた老人が、サッカーの勝負で勝ったら剛志を仲間に入れてほしいと切り出して…!?

キャラクター紹介
  • 安藤ソラ
    (あんどう ソラ)
    中学最後の大会で、U-15日本代表選手のプレーを目の当たりにしてサッカーを挫折。幼なじみの四季の言葉を受けて、自分に足りなかった仲間を信じる気持ちに気づき、サッカーを再び始める。
  • 若宮四季
    (わかみや しき)
    ソラの幼なじみで、かつてサッカーを通してソラと友達になる。引っ越した後も、サッカーを続け、中学生で女子日本代表、アメリカリーグ移籍も決定していた。サッカーを始める前は喋る事が苦手で内向的だった。自分のために名門サッカークラブへの道を閉ざそうとするソラを思いある決断を…!?
  • 篠森仁菜
    (しのもり にな)
    サッカー部のマネージャー。サッカーが大好きで中学でもマネージャーをしていた。父親の反対で一度は退部を決心するが、ソラの情熱に打たれ続けることに。片思い相手のソラに想いを伝えられずにいたが、ソラがプロになった後に告白、つき合うことになるが…!?
  • 越川 凜哉
    (こしかわ りんや)
    身長が高くイケメン。中学時代はさえない万年補欠の野球部員だったが成長期を迎えて、モテるように。外見以外の長所がない自分に悩んでいた。自分を変えるために、サッカー部へ入部する。
  • 千夜子
    (すめらぎ ちやこ)
    凜哉の同級生。カメラに夢中で、変人扱いされている。引退試合後、悔しさに涙しながら素振りを続ける凜哉の、キラキラした背中を撮影。その写真で賞を取っていた。
  • 水野 由花
    (みずの ゆか)
    高1の秋、ソラの隣の席だった女子。好きだった先輩にフラれ、やる気なく毎日を過ごしていたが、ソラのサッカーへの情熱に触れ自分も本気を出そうと奮起。その後転校する。
  • 神崎 真臣
    (かんざき まさおみ)
    サッカーのプロ1部リーグの横浜でソラとチームメイト。実力は認められながら、ずっとセカンドゴールキーパーに甘んじていた。それでも腐らずに練習に励み、ついにチャンスを手にするが…!?
  • 山中 寛太
    (やまなか かんた)
    弱小チームに所属する小学生。チームメイトの女の子のために、ソラに必殺シュートを教えてほしいと頼み込む。しかし、ソラとの出会いでそれよりも大切なことがあると気づき…!?
  • 小田 麻綾
    (おだ まあや)
    演劇部部長を務める高校三年生。演劇部で唯一の男性部員、野村瞬の成長にとて も期待している。だが、彼の中に残るサッカーへの情熱に気づいてしまい…!?
  • 真壁 慎一郎
    (まかべ しんいちろう)
    サッカー同好会キャプテンの高校三年生。ソラの身勝手なプレーを嫌い、サッカー部を辞めた過去がある。親友の白鳥光一のため、試合に勝つ決意をするのだが…!?
  • 紺野 兼続
    (こんの かねつぐ)
    サッカー部部員で、歴史オタク。クラスメイトのギャル・関に頼まれオフサイドの意味を説明することに。なぜ彼女がその意味を知りたいのか気になり、問い詰めるのだが…!?
  • 加瀬 博樹
    (かせ ひろき)
    高校一年のサッカー部員。幼い頃から医者になるのが夢だったが挫折する。今はソラの熱意に触れ、サッカーに情熱を注いでいたのだが…!?
  • 堂本 誠治
    (どうもと せいじ)
    プロサッカーチーム・横浜のスカウト部長。過去に現在の部下のスカウトマン・足立拓実を自分がスカウトし、彼の人生を狂わせたのではないかと、今でも考えていたのだが…!?
  • 沢渡 真名
    (さわたり まな)
    プロサッカーチーム「横浜」で所属するソラの熱心なサポーター。海外移籍してしまうソラにデートをお願いするが…!?
  • 青柳 大貴
    (あおやぎ だいき)
    プロサッカーチーム「横浜」の選手。フォワードのポジションだったが、けがで長期戦線離脱していた結果、センターバックへの変更を打診される。それを不満に思っていたが…!?
  • 藪田 冬汰
    (やぶた とうた)
    ちょっぴり太目の高校二年生。同じクラスの大神にパシリに使われている。漫画が好きで絵が得意。大神の妹と出会い、彼女の夢の大きさに圧倒され…!?
  • 御手洗 恭輔
    (みたらい きょうすけ)
    ソラを取材するためアメリカに派遣された新米フリーライター。ヨーロッパサッカーのファンで、アメリカのサッカーは好きではない。しかし、ソラのサッカーに対する想いを知り、その想いの原点を調べることを決意して…!?
  • 吉岡 航
    (よしおか わたる)
    高校入学早々に入院してしまい、クラスに友達がいない高校一年生。暇つぶしのため、一人でグラウンドを整備していたソラを手伝う。サッカー部に入部し、サッカーの楽しさに目覚めはじめるが…!?
  • 篠森 勇人
    (しのもり はやと)
    学生時代に駅伝に打ち込んでいたが、最後の大会で脱水症状をおこし、襷を繋げなかったことを今でも後悔している。娘の仁菜が交際相手として、プロサッカー選手のソラを連れてきたことで、ソラが仁菜の相手としてふさわしいか見極めようとするのだが…!?
  • ジェイコブ・クレスウェル
    プロサッカーチーム、ロンドン・ランベスのオーナーである実業家。低迷していたチームをチャンピオンにするため、次々と有名スター選手を補充している。それには何か理由があるようで…!?
  • 椎名 千聖
    (しいな ちさと)
    ソラと同じ高校の一年生で、サッカー部に入部。中学時代に名門サッカー部に所属しており、自分の実力に絶対に自信がある。それゆえチームメイトを見下していたが…!?
  • 狭川 遼馬
    (さがわ りょうま)
    プロサッカーチーム横浜のルーキー選手。ソラと同じポジションで、以前のような活躍をしなくなったソラにアドバイスをされ、彼にきつい言葉をぶつけてしまうのだが…!?
  • 安藤 悠
    (あんどう ゆう)

    ソラの息子でプロサッカーチーム・横浜の下部組織U12横浜に所属している。しかしあまりサッカーが上手くなく、ソラを誇りに思いながらも劣等感も抱いていて…!?

  • 佐藤 剛志
    (さとう つよし)

    プロサッカー選手のソラに憧れる少年。だがサッカーは上手くなく、仲間外れにされてしまう。ある日謎の老人に出会い、彼からサッカーを教わることになるが…!?

ページTOPへ戻る