双星の陰陽師 化野紅緒編 助野嘉昭

前回までのあらすじ

ストーリー

 本土における婆娑羅・聖丸と氷鉋との戦いで、禍々しい力を覚醒させた紅緒。ろくろと力を合わせて婆娑羅を撃退することには成功するが、戦闘後全ての呪力が失われてしまう。兄・悠斗の打倒を望んできた紅緒だったが、陰陽師としての力を失った彼女には土御門島へと旅立つろくろを見送ることしかできず…。

 本土に残った紅緒は、双星として再びろくろの隣に並ぶため呪力を戻す方法を探し始める。そんな中、偶然迷い込んだ禍野の中で両親の仇でもある婆娑羅・神威と遭遇。彼はケガレから紅緒を救い、自分と戦うことを条件に呪力を戻す方法を教えると提案してくる。何に変えてもろくろの元に戻ると決意していた紅緒はその誘いを受け入れ、呪力を戻す鍵を握る婆娑羅・千怒を捜しに行くことに。禍野の道中、神威への憎悪と疲労で頭がおかしくなりそうになるのを必死に抑えながら進む紅緒は、京都に差し掛かったあたりで千怒を発見する。しかし、その姿は陰陽師の衣を纏った幼い少女のような容姿で…!?


 その頃、近くに紅緒の命を狙う婆娑羅が近づきつつあり…!?

キャラクター紹介
  • 化野 紅緒
    (あだしの べにお)
    双星の陰陽師の片割れ。ケガレに似た力を持つ呪護者“法師”を身に宿す。婆娑羅との戦いで呪力を失うが、先に土御門島に旅立ったろくろに追いつくため力を取り戻そうとしている。
  • 神威
    (かむい)
    紅緒の両親を殺した婆娑羅。戦闘マニアで強い相手と戦うことが趣味。双星の陰陽師との再戦を実現させるため、紅緒の力を戻す手助けをすることに。
  • 千怒(ちぬ)
    最強の婆娑羅。陰陽師の服装と幼い少女のような容姿をしている。禍野が生まれた時から存在し、千年以上生きているとも言われている。