アントレース 原作:かっぴー 漫画:春瀬 隼

前回までのあらすじ
ストーリー

 人々が流行の服を、安く気軽に追い求めるファストファッションの時代。ファッションの世界は新しい革命を待望していた――。


 「テーラー テシロギ」の娘・手代木ユウナは服をつくることが大好き。しかし、ファストファッションの時代ゆえ、店の経営は厳しく、父に店は自分の代で畳むと言われていた。その理由で将来に対して複雑な気持ちを抱えていたユウナだが、幼馴染の健人の礼服を完成させ、それをファッション関係者から称賛されたことで服づくりへの想いを強くする。



 名門・岸服装学園のオープンキャンパスを訪れたユウナは、学園長でありデザイナーの岸アンナに出会う。ユウナが“アンナ・キシ”のデザインをマネてつくった服を「ただのパクリ」と言い放ち、技ではなく志を磨けと言うアンナ。ユウナはファッションの世界の厳しさを感じる反面、やる気を奮い立たせる。一方、著名なファッションデザイナー・窪塚嵐を父に持つアキラもまた、父親への反抗心から嵐のライバルであるアンナの元へ来ていた。


 未来ある高校生の二人と出会ったアンナは、ユウナにデザイナーの意図を汲み取る(トレースする)才能を。それとは逆にアキラからはトレースできない才能を感じ、二つの才能の化学反応に期待をするが…。

キャラクター紹介
  • 手代木 ユウナ
    (てしろぎ ゆうな)
    「テーラー テシロギ」の娘。服をつくることが大好き。父からは店は継がせないと言われている。
  • 宮部 健人
    (みやべ たけと)
     ユウナの幼馴染。義兄は大手ファッションブランド・テンペストの社員。姉の結婚式で着用するスーツをユウナに作ってもらった。
  • 窪塚 嵐
    (くぼづか あらし)
    テンペスト代表。ファッションデザイナー。アキラの父。アキラを後継者にしようと考えている。
  • 窪塚 アキラ
    (くぼづか あきら)
    テンペスト代表の息子。
  • ユウナの父
    「テーラー テシロギ」の店主。ファストファッションの時代に店を自分の代で終わらせようと考えている。服づくりの厳しさをユウナに教えてきた。
  • 岸 アンナ
    (きし あんな)
     アジア最大のファッションの名門、岸服装学園・学園長。ファッションデザイナー。