アントレース 原作:かっぴー 漫画:春瀬 隼

前回までのあらすじ
ストーリー

 人々が流行の服を、安く気軽に追い求めるファストファッションの時代。ファッションの世界は新しい革命を待望していた――。


 「テーラー テシロギ」の娘・手代木ユウナは服をつくることが大好き。しかし、ファストファッションの時代ゆえ、店の経営は厳しく、父に店は自分の代で畳むと言われていた。その理由で将来に対して複雑な気持ちを抱えていたユウナだが、幼馴染の健人の礼服を完成させ、それをファッション関係者から称賛されたことで服づくりへの想いを強くする。



 岸服装学園(FUK)の特別養成プログラム「ブラックチャーム」の選抜組に選ばれ、学園最大のファッションショーへの参加資格を得たユウナと健人。アキラが選ばれていないことに疑問を抱いたユウナは、学園長・アンナに詰め寄り、彼が辞退したことを知る。また、アキラをライバルと呼ぶ選抜組のガイアから、アキラがテンペストのセカンドラインのデザイナーだったことを聞く。当時、才能がありながら、自分の頭に浮かんだアイディアを他人にうまく伝えられず挫折した過去を持つアキラ。そのため、周囲の人間と距離を置いていた。アキラとファッションショーに参加したいユウナは、自分たちが互いに足りないものを補い合える関係であると伝える。孤独だった過去と決別したアキラと共に、新しい挑戦が始まる――!!

キャラクター紹介
  • 手代木 ユウナ
    (てしろぎ ゆうな)
    「テーラー テシロギ」の娘。服をつくることが大好き。父からは店は継がせないと言われている。FUK・パターン学科1年。「ブラックチャーム」選抜組。
  • 宮部 健人
    (みやべ たけと)
    ユウナの幼馴染。義兄は大手ファッションブランド・テンペストの社員。姉の結婚式で着用するスーツをユウナに作ってもらった。FUK・写真学科1年。「ブラックチャーム」選抜組。
  • 窪塚 嵐
    (くぼづか あらし)
    テンペスト代表。ファッションデザイナー。アキラの父。アキラを後継者にしようと考えている。
  • 窪塚 アキラ
    (くぼづか あきら)
    テンペスト代表の息子。FUK・デザイン学科1年。
  • ユウナの父
    「テーラー テシロギ」の店主。ファストファッションの時代に店を自分の代で終わらせようと考えている。服づくりの厳しさをユウナに教えてきた。
  • 岸 アンナ
    (きし あんな)
     アジア最大のファッションの名門、岸服装学園(FUK)・学園長。ファッションデザイナー。
  • 馬場 美佳
    (ばば みか)
    FUK・デザイン学科1年。人気インスタグラマー“ばばみ”。
  • 早乙女 ガイア
    (さおとめ がいあ)
    FUK・デザイン学科1年。「ブラックチャーム」選抜組。
関連ページ