[ボクと魔女の時間]アラカワシン

ボクと魔女の時間 第1〜6巻 アラカワシン
前回までのあらすじ

 占い大好きなエンジは、星座占いから血液型占いまで、全ての占いに超ラッキーと診断されたその日に車に撥ねられる。目を覚ますと、目の前には“魔女”と呼ばれる少女、白雨が。彼女は事故で唯一無事だったエンジの脳を、表立って存在できない生物・裏生物<クリス>用に作っていた体に移植したという。白雨が勝手にやったこととはいえ、1億円と5年かけて作った体をもらってしまったエンジは、彼女の下で1億円分、働くはめに――!

 エンジを守るため、自ら裏生物協会に捕まった白雨。彼女は自分の体内に封印されている裏生物・邪鬼に対する打開策として、邪鬼が暴れても元の形に復元し、更に強化できる「∞」という器を作っていた。そしてその研究のために裏生物協会は国家予算規模の資金を投じた。ところが白雨はその∞を、ある一人の死にかけた高校生に与えてしまう。それこそが、ラッキーな日に車に撥ねられたエンジだった。邪鬼を封じるための器を勝手に使用した罪と、ヤマと約束した期限内の∞の生成は不可能という判断により、白雨には協会当初の方針どおり、邪鬼諸共、穴の中に閉じ込められる決定が下された…。

 白雨の危機を知ったエンジは、紅緋珈琲店長の灯やカンクロー、学園の仲間達など、白雨に助けられたメンバーと共に、裏生物協会に殴り込みに行くことを決意し…!?

キャラクター紹介
  • 綴 エンジ
    (つづり エンジ)
    高校生。占い大好き。人生一番のハッピーな日に車に撥ねられ死ぬ。超人的な力を手に入れた代わりに、魔女の下僕として働くことに。
  • 白雨
    (はくう)
    自他共に認める魔女。死んだエンジの脳を別の身体に移した。「紅緋の魔女」と呼ばれ表立って存在してはいけない生物・裏生物<クリス>専門のトラブルシューターをしている。100年前、不老不死の裏生物の一鬼・邪鬼という破壊を司る鬼を体内に無理矢理封印されている。
  • 芹沢 カンクロー
    (せりざわ カンクロー)
    刑事。警察が大きく動けない裏生物にまつわる事件を白雨に回す。
  • 水田 マリ
    (みずた マリ)
    裏生物の一種である超能力者<サイキッカー>。物を拡大させて四散させたり、圧縮して球体にする能力を持つ。エンジの同級生。家庭環境はちょっぴり複雑。
  • マヤ・L・コーデリア
    エンジたちのクラスの担任。裏生物ながら人間として町に解け込んでいる。白雨の喫茶店の常連でもある。
  • 尾山 乱太朗
    (おやま らんたろう)
    エンジの1つ年上で裏生物。「狼人」の裏生物で、文字通り鼻が狼並にいい。どこまで強くなれば満足できるのか、答えを得るために、ケンカに明け暮れる。白雨が好き。
  • 神寿
    (かみじゅ)
    受けた依頼はなんでもこなす裏世界の便利屋(なんでも屋)。圧倒的な強さから「鬼」と呼ばれる。
  • 緑川 ヤエカ
    (みどりかわ ヤエカ)
    シャイガール、擬態が解けると一つ目。
  • 棚橋 モモ
    (たなばし モモ)
    ポッチャリ系女子。ヤエカの友人。
  • 煤竹 ヒロミ
    (すすたけ ヒロミ)
    エンジとは幼稚園から一緒の仲。そのせいか、割と邪険に扱われている。
  • 内藤
    (ないとう)
    変態。可愛い顔をしているが、話が直球の下ネタばかりの残念男子。ぶつと喜ぶ。長距離走の関東記録ホルダー。
  • 武田 源色
    (たけだ げんしょく)
    エンジたちが通う六鐘学園の学長。裏生物やその機関を認知・理解し、手助けするサポーター。
  • 右王&左王
    (うおう&さおう)
    小鬼。武田の指示で、人間にサポーターの資質があるかを見極めるテストをしている。
  • 魚皆 シズカ
    (うおみな シズカ)
    裏生物のサポーターで、海坊主の管理人。健康的な肌に溌剌とした性格で、内藤を魅了した。だが男。
  • 塩田タツヒコ
    (しおた タツヒコ)
    エンジと小学生のとき同じ野球クラブにいた友達。ひきこもりだったがゴンスケのサポーターになる。
  • ゴンスケ
    タツヒコの飼い犬。実は裏生物で、テレパシーや念動力を使いこなす。白雨の改造により火をはく力も手に入れる。
  • ハガ サソリ
    亡くなった寄生蟲学者・Dr.ハガの娘。父親の復讐のため白雨を恨み、執拗に付け狙うが、父が生前白雨に化学者になった自分と競争相手になることを望んでいたと知り、罪を認めて出頭する。
  • ハガ カゲロウ
    サソリの弟。姉に比べて気弱で、サソリの指示に従って動く。暴走する姉を心配する一面も。サソリと共に出頭する。
  • Dr.ミム
    裏科学者。催淫効果もある、男をオカマにする爆弾を完成させ、誤爆させてしまい収監。ミム自身は誤爆前からの純粋培養オカマ。
  • 尾兎魔エレナ
    (おうま エレナ)
    裏社会での四大裏財閥であり、強盗してでも欲しいものは手に入れる裏生物コレクター「尾兎魔家」の娘。父・継吉が欲しがるエンジの身を狙うため、彼の高校に転入。しかしクラスに馴染んでしまう。
  • 黄実 サナエ
    (おうみ サナエ)
    大喰い女子部の部長にしてモモの幼馴染。裏生物のことも多少は知識があり、サポーターとして動いている。
  • ヤマ・プラブフ
    六鬼と呼ばれる不老不死の裏生物の一鬼である閻鬼。裏生物協会で審判員をしている。
  • 熊手 灯
    (くまのて アカリ)
    紅緋珈琲の店長。白雨とケンカして家出していた。
ページTOPへ戻る