プラチナエンド 原作/大場つぐみ 漫画/小畑 健

前回までのあらすじ

ストーリー

 幼い頃に事故で家族を失い、引き取られた親戚から虐待を受けて育った架橋明日。人生に絶望した明日は自殺を図るも、謎の天使ナッセに命を救われるとともに、誰よりも早く好きな場所へ行ける能力「天使の翼」、33日間人を魅了することのできる能力「赤の矢」、百発百中で人を死なせる能力「白の矢」を授けられる。天使の力で親戚の呪縛から逃れ、生きる気力を取り戻した明日だったが、「同様に力を与えられた13人の候補の中から神を決める」と告げられて…!?


 メトロポリマンの一派と明日たちの最終決戦が開始し、メトロポリマンの手下を一人倒した事で、4対3と優勢に立った明日たち。しかしここで、メトロポリマンの指示で二人目の手下・小日向冬子が動く。彼女は自身で作り上げたという史上最強の殺人ウィルスが入った容器を取り出した。これをばら撒かれたくなければ、人体を溶かす薬の実験台になれと要求。


 メトロポリマンは最初の実験台に一番やっかいな明日を指名。明日は、世界規模の人質を前に成すすべなく従うが、必死に誰も死なない方法を考える。


 人体を溶かす薬の入った注射器が明日の腕に迫るその刹那、明日は素早く注射器を持った腕を拘束、と同時に殺人ウィルスに白の矢を刺した。 ウィルスは、ヒトの白血球をベースに作られていたため、白の矢の効果でウィルスは死滅、最悪の事態は回避された。


 ウィルスは無力化され、無防備になった小日向に明日の白の矢が迫り――!?      

キャラクター紹介
  • 架橋 明日
    (かけはし みらい)
    ナッセにより「天使の翼」と「天使の矢」の能力を得た少年。人生に絶望し自殺を図るが、ナッセに助けられ生きて幸せになることを決意する。
  • ナッセ
    明日を助け、生きて幸せになることを説く特級天使。天界にて次世代の神を決定する13人の天使のひとりに選ばれる。
  • 花籠 咲
    (はなかご さき)
    明日の幼なじみで想い人であり、同級生。神候補のひとりで、明日に赤の矢を刺す。
  • ルベル
    咲を助ける2級天使。悪知恵の天使と呼ばれている。
  • 生流 奏(うりゅう かなで)=
    メトロポリマン
    「天使の翼」と「天使の矢」の能力を持つ神候補の高校生。正義のヒーロー、メトロポリマンのスーツを着て犯罪者を裁く一方、他の12人の神候補を倒すと宣言した。
  • 六階堂 七斗
    (むかいどう ななと)
    末期癌を患う神候補のひとり。家族の未来を案じ、メトロポリマンを倒すことを誓う。現在は休職中だがアパレル会社の商品企画担当。
  • ミスリン
    少女Aと呼ばれる連続殺害犯であり、殺人嗜好者。メトロポリマンに与えられた天使の能力を悪用し、女子中学生を襲う。
  • バレ
    六階堂を助ける1級天使。天界のあらゆる知識を身につけており、一度は特級天使にまでなったことがある。