プラチナエンド 原作/大場つぐみ 漫画/小畑 健

前回までのあらすじ

ストーリー

 幼い頃に事故で家族を失い、引き取られた親戚から虐待を受けて育った架橋明日。人生に絶望した明日は自殺を図るも、謎の天使ナッセに命を救われるとともに、誰よりも早く好きな場所へ行ける能力「天使の翼」、33日間人を魅了することのできる能力「赤の矢」、百発百中で人を死なせる能力「白の矢」を授けられる。天使の力で親戚の呪縛から逃れ、生きる気力を取り戻した明日だったが、「同様に力を与えられた13人の候補の中から神を決める」と告げられて…!?


 底谷が、メトロポリマンの手下・小日向と刺し違えて命を落とした。その死を目の当たりにし悲しみにくれる明日は、漠然と思い続けた「人を殺してはいけない」という考えに、「人は生きてなきゃ駄目なんだ。だから命を奪っちゃ駄目なんだ」という理由を見つける。


 そんな明日をメトロポリマンは「気持ち悪い」と一蹴。さらに底谷を指しその半生を以て「ゴキブリ」と揶揄し、死んだ方がいいと侮辱し始めた。そんな中、メトロポリマンの手下の残った最後の一人が、メトロポリマンの言動を見て、自分が勝っても負けてもメトロポリマンに見殺しにされると悟り逃亡。


 手下が居なくなり、後はメトロポリマン自身を残すのみとなった。体力の限界を迎えた六階堂と、彼を支える咲が身動き取れない中、明日はメトロポリマンとの一騎打ちの覚悟を決める。


 明日は、ゴキブリは人を殺さないとし、メトロポリマンを「ゴキブリ以下」だと批判。更に、それでもなおメトロポリマンには白の矢は使わないと言う明日。つまりゴキブリ以下の男を殺したことによる良心の呵責で自分の幸せを奪われるなんてまっぴらだと、赤の矢を刺して下すと宣言。刺さるのは明日の赤の矢か、メトロポリマンの白の矢か、運命の戦いが今始まる――!!         

キャラクター紹介
  • 架橋 明日
    (かけはし みらい)
    ナッセにより「天使の翼」と「天使の矢」の能力を得た少年。人生に絶望し自殺を図るが、ナッセに助けられ生きて幸せになることを決意する。
  • ナッセ
    明日を助け、生きて幸せになることを説く特級天使。天界にて次世代の神を決定する13人の天使のひとりに選ばれる。
  • 花籠 咲
    (はなかご さき)
    明日の幼なじみで想い人であり、同級生。神候補のひとりで、明日に赤の矢を刺す。
  • ルベル
    咲を助ける2級天使。悪知恵の天使と呼ばれている。
  • 生流 奏(うりゅう かなで)=
    メトロポリマン
    「天使の翼」と「天使の矢」の能力を持つ神候補の高校生。正義のヒーロー、メトロポリマンのスーツを着て犯罪者を裁く一方、他の12人の神候補を倒すと宣言した。
  • 六階堂 七斗
    (むかいどう ななと)
    末期癌を患う神候補のひとり。家族の未来を案じ、メトロポリマンを倒すことを誓う。現在は休職中だがアパレル会社の商品企画担当。
  • ミスリン
    少女Aと呼ばれる連続殺害犯であり、殺人嗜好者。メトロポリマンに与えられた天使の能力を悪用し、女子中学生を襲う。
  • バレ
    六階堂を助ける1級天使。天界のあらゆる知識を身につけており、一度は特級天使にまでなったことがある。