プラチナエンド 原作/大場つぐみ 漫画/小畑 健

前回までのあらすじ

ストーリー

 幼い頃に事故で家族を失い、引き取られた親戚から虐待を受けて育った架橋明日。人生に絶望した明日は自殺を図るも、謎の天使ナッセに命を救われるとともに、誰よりも早く好きな場所へ行ける能力「天使の翼」、33日間人を魅了することのできる能力「赤の矢」、百発百中で人を死なせる能力「白の矢」を授けられる。天使の力で親戚の呪縛から逃れ、生きる気力を取り戻した明日だったが、「同様に力を与えられた13人の候補の中から神を決める」と告げられて…!?


 明日と咲は、刑事の星と弓木と協力し、神候補を悪用しようとする国や組織より先に彼らを保護するために動き始める。そんな中、メトロポリマンと表の生活で仲良くしていた青年・南河を神候補と勘違いし赤の矢を刺して保護する。


 南河を加えた3人は次の神候補容疑者の元へ。待っていたのは2級天使・オガロに選ばれた少年・中海修滋だった。彼は赤の矢を使い、自殺や安楽死を望む家族の願いを叶えており、今まさに実の兄にも赤の矢を刺そうとしているところだった。


 修滋を止めようとする明日は、彼に何故自殺がダメなのか説明を求められる。自殺は不幸な死に方だと言う明日だが、それは明日の価値観でしかないと論破され、話は平行線に。その時、説明を買って出たのは南河だった。


 南河は、メトロポリマン・生流 奏と友達ではなかったが、彼の死を知った時深い悲しみに襲われ、ものすごく泣いたと言う。だから、どんな人間でも死んだら悲しむ人間が必ずいる。悲しまなくてもクラスに自殺者が出たら、誰しも平常心ではいられない。それなのに自殺されるのは正直迷惑だと言い放った。


 自身の経験から「迷惑をかける」ということに敏感だった修滋は、南河の説明に納得。自分が自殺しようとしても止めないということを条件に兄と共に保護を受け入れる。向かった星の家で、弓木の歓迎を受けた修滋はあからさまに動揺し始めて…?                                                                                                                                                                                        

キャラクター紹介
  • 架橋 明日
    (かけはし みらい)
    ナッセにより「天使の翼」と「天使の矢」の能力を得た少年。人生に絶望し自殺を図るが、ナッセに助けられ生きて幸せになることを決意する。
  • ナッセ
    明日を助け、生きて幸せになることを説く特級天使。天界にて次世代の神を決定する13人の天使のひとりに選ばれる。
  • 花籠 咲
    (はなかご さき)
    明日の幼なじみで想い人であり、同級生。神候補のひとりで、明日に赤の矢を刺す。
  • ルベル
    咲を助ける2級天使。悪知恵の天使と呼ばれている。
  • 生流 奏(うりゅう かなで)=
    メトロポリマン
    「天使の翼」と「天使の矢」の能力を持つ神候補の高校生。正義のヒーロー、メトロポリマンのスーツを着て犯罪者を裁く一方、他の12人の神候補を倒すと宣言した。
  • 六階堂 七斗
    (むかいどう ななと)
    末期癌を患う神候補のひとり。家族の未来を案じ、メトロポリマンを倒すことを誓う。最期はメトロポリマンと刺し違え、命を落とす。
  • 結糸 向
    (ゆいと ススム)
    漠然と将来の不安を抱える小学6年生。遊戯の天使・ペネマと出会い神候補となる。世界に神候補の存在を知らせ、皆で神を選ぼうと呼びかける。