[BLACK TORCH]タカキツヨシ

BLACK TORCHタカキツヨシ
前回までのあらすじ

 “物ノ怪”。それは森や山奥、街中に隠れ住み、悠久の時を生きる妖の類。忍者の末裔として祖父に育てられ、動物と話す能力を持った少年・弐郎は、ある日森の中で傷だらけの黒猫と出会う。自らを物ノ怪と語るその猫の名は“羅睺”(ラゴウ)。彼は他の物ノ怪によって長い封印の眠りから醒まされたものの、群れることを拒み追われているという。そこに現れる追手の物ノ怪。弍郎は弱った羅睺を物ノ怪から守ろうとして、胸を貫かれ命を落としてしまう。弍郎の行動に心を動かされた羅睺は「借りを返す」と言い彼の体と融合。 傷は塞がり、羅睺の刻印を宿して目覚めた弍郎は、その力で物ノ怪を一蹴する!!

 しかし、戦闘が終わったのも束の間。弍郎は「公儀隠密局」を名乗る人々に取り囲まれ、拘束されてしまう。病院で目覚めた弐郎は司場という男から、「公儀隠密局」が表向きに存在しない影の組織であり、物ノ怪の監視と排除を行う組織であると教えられる。その組織に身柄を拘束され、自分が失踪者として処理されると知った弐郎は、ノラ鴉達の力を借りて脱走。だが、家で待ち受けていたのは孫に殺気を向ける祖父だった。祖父は元隠密局の人間として、弐郎もろとも羅睺を滅して自分も自決しようとする。殴り合いの末、祖父は子供の頃と変わらない弐郎の真っ直ぐさに根負け。弐郎は“相棒”羅睺と共に歩むこととなり…!?

キャラクター紹介
  • 我妻 弍郎
    (あづま じろう)
    動物と話す能力を持つ少年。幼少期より祖父に忍としての体術を仕込まれる。
  • 羅睺
    (ラゴウ)
    “黒き凶星”の異名を持つ伝説の物ノ怪。
  • 鬼子母神
    一華(きしもじん いちか)
    公儀隠密局の女戦闘員。
  • 司場 涼介
    (しば りょうすけ)
    公儀隠密局、鬼子母神一華の上司。
ページTOPへ戻る