[BLACK TORCH]タカキツヨシ

BLACK TORCHタカキツヨシ
前回までのあらすじ

 “物ノ怪”。それは森や山奥、街中に隠れ住み、悠久の時を生きる妖の類。忍者の末裔として祖父に育てられ、動物と話す能力を持った少年・弐郎は、ある日黒猫の姿をした物ノ怪・羅睺(ラゴウ)と出会う。群れることを嫌い他の物ノ怪に追われていた羅睺を守ろうとして、命を落とした弐郎。彼の行動に心を動かされた羅睺は「借りを返す」と言い彼の体と融合。傷は塞がり、羅睺の刻印を宿して目覚めた弍郎は、その力で物ノ怪を一蹴する!! そんな強大な力に対し、物ノ怪の監視と排除を行う国の秘密組織「公儀隠密局」も動き出す!

 弐郎の身柄は公儀隠密局が“保護”することになり、一華は見張りを兼ねて弐郎を迎えに行く。しかしその護送中、物ノ怪の奇襲に遭い一華は1人で戦闘へ! 物ノ怪に母親を殺された過去を持つ彼女は、物ノ怪と融合した弐郎の協力を頑なに拒むのだった。だが、物ノ怪との2対1の状況で追い詰められる一華。女である自分を隠密のプロと認める弐郎の発言を受けて、彼と共闘する決意をした一華は、弐郎の力を借りて闘いに勝利する。

 その頃、隠密局の司場は、弐郎を隠密として仲間に加える対物ノ怪特別機動隠密部隊《黒の灯火(ブラックトーチ)》の設立準備を進めていて…!?

キャラクター紹介
  • 我妻 弍郎
    (あづま じろう)
    動物と話す能力を持つ少年。幼少期より祖父に忍としての体術を仕込まれる。
  • 羅睺
    (ラゴウ)
    “黒き凶星”の異名を持つ伝説の物ノ怪。
  • 鬼子母神
    一華(きしもじん いちか)
    公儀隠密局の女戦闘員。
  • 司場 涼介
    (しば りょうすけ)
    公儀隠密局、鬼子母神一華の上司。
ページTOPへ戻る