[憂国のモリアーティ]
原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ)構成/竹内良輔 漫画/三好 輝

憂国のモリアーティ 第1巻 原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ)
構成/竹内良輔 漫画/三好 輝
前回までのあらすじ

 19世紀末――。世界を支配する史上最大の「大英帝国」。この国は、古くから根付く完全階級制度により上流階級の人間達に支配されていた。生まれ落ちた時から一生涯の身分が決まるこの社会制度は、強制的に命に優劣をつけ、必然的に人間同士の差別を生んだ。そんな中、階級制度による悪を取り除き、理想の国を作ろうとする青年がいた。これはジェームズ・モリアーティの、或いはシャーロック・ホームズの敵の話―――。

 ウィリアムは国の歪みをただすため、手始めにロンドンを犯罪都市にし、地獄の底にたたき落とすことに。それによって、この世界の歪みが最もあらわになるような意味を持たせた“死”を市民に目撃させ、ロンドンの街そのものを劇場化させていくこととなる。そして、その劇の幕開けに選ばれた最初の主演は、ブリッツ・エンダース伯爵。

 豪華客船・ノアティック号に乗船するブリッツは、貴族以外をゴミだと見下していた。そんなエンダース伯爵家は、代々人狩りを行っているという黒い噂があった。

 そんな中、ノアティック号が出航し、遊覧が始まる。けれど、乗船からブリッツに度重なる不幸が起こり、彼は怒りに震えていた。ウィリアムの予定通り順調に事が運ぶ中、現状に我慢できなくなったブリッツが、一般人を一等船室に連れ出し“人狩り”を実行。人狩りにより、平静を保ったブリッツだったが、たった今、殺人を犯したその部屋にウィリアムが訪ねて来て…!?

キャラクター紹介
  • ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ
    孤児であったが、字の読み書きができ博識。アルバートの実弟になりすまし、実弟の名である“ウィリアム”を名乗っている。現在は、数学教授と私立相談役を生業にしている。
  • アルバート・ジェームズ・モリアーティ
    モリアーティ家の長男。階級制度や貴族である家族をも軽蔑していた。慈善活動先の孤児院でウィリアムとルイスを養子に迎え入れた。現在は公には陸軍を退役した扱いだが、MI6の指揮官"M"。
  • ルイス・ジェームズ・モリアーティ
    ウィリアムの弟。病を患っていたが、モリアーティ家に引き取られ手術を受けて完治した。現在はモリアーティ家領地の管理や屋敷の執務をしている。
  • セバスチャン・モラン大佐
    ウィリアムと同じ意志を持ち、世界を変えるため彼を手伝う。銃を扱い、巧みな話術で情報を集める。モリアーティ家の使用人。
  • フレッド・ポーロック
    愛想がなくおとなしい。モリアーティ家の使用人として花の世話をしている。
ページTOPへ戻る