怪物事変 藍本 松

前回までのあらすじ

ストーリー

 古来よりこの世に潜み、人に見つからないように人と関わり合って生きるもの〝怪物″(けもの)。しかし現代では人と必要以上に深く関わろうとするもの…例えば子供を作ろうとするケースが多数報告されるようになった。そんななか、血を持たぬ鬼〝屍鬼″(クーラー)と人間の間に生まれた少年、夏羽。


 少年は化狸の隠神と出会い、不可思議な運命に誘われていく…。


 買い出しに出かけた夏羽は、道すがら公園で紺に遭遇する。夏羽の首をとる、という任務に失敗した紺は、飯生に捨てられてしまい、公園で生活をしていた。夏羽は、眠りから覚めた紺に「夏羽となら暮らしてもいい」と言われ、買い出し当番が終わったらまた来る、と約束する。しかし、隠神探偵事務所に戻ると、織や晶と共にとある工場へ潜入捜査するよう、ミハイから指示される。3人はミハイの口車に乗せられて、仕事に取り組むことに。ミハイによって、隠神が監禁されているとは知らずに…。


 3人が潜入した工場は、かつて自殺者が続出していたが、社長がかわると自殺者もネットでの悪口もゼロになった、いわくつき。実態は、蚊婆(カノンバ)たちが従業員の脳の一部だけを吸って、自殺を思いつけないくらいに思考力を奪い、殺さず生かしていた。ミハイは、動揺する織を見たいがために、蚊婆に織が発見されるようにけしかける。ついに織は蚊婆に襲われてしまい…!?

キャラクター紹介
  • 夏羽
    (かばね)
    屍鬼と人間の間に生まれた半妖の子。母の妹のところに預けられ、泥田坊と呼ばれていた。
  • 隠神 鼓八千
    (いぬがみ こはち)
    隠神怪物相談事務所でオカルト専門の探偵をしている。その正体は怪物である化狸。

  • (しき)
    蜘蛛(アラクネ)を母にもつ半妖の子。隠神のもとで暮らしている。

  • (あきら)
    100年に一度しか生まれない雪男子(ユキオノコ)という怪物。双子の兄を捜すため隠神のもとで暮らしている。
  • 飯生 妖子
    (いなり ようこ)
    警視庁で警視を務める狐の怪物。警察に権力を持ち、隠神と協力関係にある。

  • (こん)
    飯生を母のように思う狐の少女。飯生を盲目的に慕っている。
  • ミハイ
    吸血鬼(ヴァンパイア)。隠神探偵事務所の情報機器を担当している。オンラインゲームにハマっている。