怪物事変 藍本 松

前回までのあらすじ

ストーリー

 古来よりこの世に潜み、人に見つからないように人と関わり合って生きるもの〝怪物″(けもの)。しかし現代では人と必要以上に深く関わろうとするもの…例えば子供を作ろうとするケースが多数報告されるようになった。そんななか、血を持たぬ鬼〝屍鬼″(クーラー)と人間の間に生まれた少年、夏羽。


 少年は化狸の隠神と出会い、不可思議な運命に誘われていく…。


 晶はかわいくて頼もしい男の子になるため、自分より強くて頼りがいのある夏羽に弟子入りすることに。それを聞いた隠神は晶が嫌いな汚くて怖くて気持ち悪い渋谷川という場所の調査を2人に任せる。


 被害者が白骨化した状態で見つかることから、犯人は先住民であるが人を食べて異常化している蛙の怪物だとわかった。全滅させないとさらに被害が多くなるため戦うことになったが、怪物としての能力が不安定で怖がりの晶には荷が重いと感じた夏羽は帰ることをすすめる。しかし晶は強くなりたいという自身の目的を思い出し、怪物と戦うことを決意する。


 血を使って怪物をまとめておびき出すことに成功するも全く力になれない晶。そんな時夏羽が怪物に食べられそうになってしまう。晶は夏羽を助けたい…役に立ちたいという思いから辺り一面を凍らせ、怪物を一網打尽にすることに成功する。自信をもつことができた晶は目標に一歩近づいて…!?

キャラクター紹介
  • 夏羽
    (かばね)
    屍鬼と人間の間に生まれた半妖の子。母の妹のところに預けられ、泥田坊と呼ばれていた。
  • 隠神 鼓八千
    (いぬがみ こはち)
    隠神怪物相談事務所でオカルト専門の探偵をしている。その正体は怪物である化狸。

  • (しき)
    蜘蛛(アラクネ)を母にもつ半妖の子。隠神のもとで暮らしている。

  • (あきら)
    100年に一度しか生まれない雪男子(ユキオノコ)という怪物。双子の兄を捜すため隠神のもとで暮らしている。
  • 飯生 妖子
    (いなり ようこ)
    警視庁で警視を務める狐の怪物。警察に権力を持ち、隠神と協力関係にある。

  • (こん)
    飯生を母のように思う狐の少女。飯生を盲目的に慕っている。