るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編- 和月伸宏 ストーリー協力:黒碕薫

前回までのあらすじ

ストーリー

 明治十六年。剣心が不殺を誓った流浪人として東京に流れ着いて5年。神谷道場に、剣心の宿敵・志々雄の遺刀「無限刃」を継ぐ青年・明日郎と、白人との混血児・阿爛、更に謎の女・旭を道場に迎え、かくも平穏な日々を過ごしていた。


 そんな中、西南戦争で死んだはずの薫の父・越路郎が北海道・函館で生きていることが判明。剣心と薫は越路郎を迎えに函館に行く事を決める。


 剣心たちが函館に向かうことを決めたその頃、函館山では「劍客兵器」を名乗る謎の武装集団が陸軍相手に大虐殺を繰り広げていた。そんな彼らの前に立ちはだかったのは、かつて剣心とも刃を交えた元新選組・斎藤一だった。斎藤の強さを感じ取った劍客兵器は「敵味方問わず今より始まる“試み”に強き剣客は心より歓迎する」と意味深な言葉を贈る…。


 一方剣心たちは、函館行きの準備を進めていた。北海道行きのメンバーは剣心、剣路、薫、そして弥彦…と思っていた剣心達だが、弥彦は神谷道場の師範代として残る意志を見せる。弥彦の師範代としての矜持を認める剣心は、その意志を尊重するのだった。けれど薫は、剣心の体が徐々に飛天御剣流の技を撃てなくなっているのを考慮して、弥彦に同行してほしいと考えていた。その考えを見抜いていた弥彦も、剣心はこの旅においても困窮している人を見たら飛天の剣と共に必ず闘うだろうと考えていた。


 それでも間近で剣心の体力の衰えを感じ、不安に思っている薫を見た弥彦は、「薫が弥彦に道場を任せるのを不安に思っている」という名目で、剣心に腕試しの試合を申し込み――!?

  
キャラクター紹介
  • 緋村 剣心
    (ひむら けんしん)
    古流剣術「飛天御剣流」の使い手にして、「人斬り抜刀斎」と恐れられた幕末最強の剣客。明治に入り、「不殺」を誓う流浪人となる。流れ着いた「神谷活心流」の道場に身を寄せ過ごす中、様々な苦難を乗り越えた末、過去を乗り越え薫と結ばれる。「逆刃刀」を弥彦に託した今も、刀を模した杖「倭杖」を手に困窮している人の為に剣を振るっている。
  • 緋村 薫
    (ひむら かおる)
    旧姓「神谷」。父から継いだ「神谷活心流」道場の師範。剣心と共に様々な修羅場を潜り抜けた末、剣心と結ばれる。
  • 緋村 剣路
    (ひむら けんじ)
    剣心と薫の間に産まれた男児。
  • 明神 弥彦
    (みょうじん やひこ)
    「神谷活心流」入門5年目で、今や師範代に。強気、生意気、負けん気は相変わらず。
  • 長谷川 明日郎
    (はせがわ あしたろう)
    「悪太郎」という名で、「志々雄一派」の下っ端をやっていた。一派崩壊の混乱時、志々雄の遺刀「無限刃」を入手。激情に任せて動く性格。「神谷活心流」道場に住み込みの門下生になるにあたり、読みが同じ「明日郎」と改名する。また、無銭飲食で前科一犯になるほど食べることへの執着が強い。
  • 井上 阿爛
    (いのうえ あらん)
    父親が白人、母親が日本人の混血児で、密航未遂の前科一犯。縁あって明日郎と共に「神谷活心流」の道場に住み込みの門下生となる。自称「文明開化の申し子」。
  • 久保田 旭
    (くぼた あさひ)
    戦災孤児だったところを派兵稼業の組織「郷」に拾われ、派兵の人材として育てられる。派兵稼業から足を洗おうとするが失敗し、また任務に駆り出されそうになったところを明日郎に救われる。今は身分を隠し神谷道場に身を寄せる。
関連特集
  • 『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』特設サイト