[るろうに剣心-キネマ版-]和月伸宏

前回までのあらすじ

 幕末──。激戦の地・京都に、人斬り抜刀斎と呼ばれる志士がいた。驚異的な強さを誇る彼は、幕府に付く者達を斬り続け、新時代を拓く一役を担っていた。

 そして時は流れ、明治11年───抜刀斎の名を捨て、流浪人として旅をする剣心。東京の地で薫と出会った彼は、彼女の道場を乗っ取ろうと企む観柳を叩き伏せる。それに恨みを抱いた 観柳は、裏社会の猛者達に剣心達の殺害を依頼。その後、剣心は薫を守るべく道場に逗留し、圧倒的力量で第一の刺客・左之助を敗る。剣心に諭された左之助 は、神谷活心流道場の居候に。奇妙な共同生活が始まる…。

 観柳とその刺客に襲われた神谷道場だが、左之助や斎藤、弥彦の活躍により観柳の手に渡ることを免れた。その頃、人質に取られた薫を救い出すべく、剣心は刃衛と対峙していた!! 刃衛の目的とは、命をかけて戦い抜いた動乱の時代・幕末を再び味わうという狂気に満ちたものだった。剣心は猛攻を仕掛け、刃衛の両腕を折る。しかし精神が肉体を凌駕している彼には効果がなく、最速の抜刀術である天翔龍閃すら破られてしまう。剣心の剣を鈍らせている要因・逆刃刀と“不殺”の信念を改めさせようと、刃衛は薫の体を剣で貫き…!?

キャラクター紹介
  • 緋村 剣心
    (ひむら けんしん)
    幕末の動乱の中、維新志士として戦い、人斬り抜刀斎と呼ばれた男。神速を旨とする古流剣術・飛天御剣流の使い手で、比類なき強さを持つ。現在は人を斬らないと誓い、刃と峰を逆に組んだ逆刃刀を振るう、旅の流浪人。普段は戦いを好まず優しい風体だが、刀を抜くと人が変わる。
  • 神谷 薫
    (かみや かおる)
    亡き父の道場を継ぎ、神谷活心流の師範代として剣術に生きる少女。観柳に道場を奪われそうになり、彼の策略で撃剣興行に出場していた。芯の通った勝気な性格で、その中に他人を思いやる優しさも持ち合わせている。
  • 明神 弥彦
    (みょうじん やひこ)
    小間使いとして観柳に雇われていた少年。ぶっきらぼうだが、自分を優しく諭してくれた薫の身を案ずる。
  • 武田 観柳
    (たけだ かんりゅう)
    戦争を喰い物にして成りあがった死の武器商人。利益至上主義の成金で、近代兵器の保管庫として道場を狙う。道楽や見世物で人を殺す外道。
  • 相楽 左之助
    (さがら さのすけ)
    観柳に雇われ、剣心を襲った喧嘩屋。剣心に負け、彼との約束「人助け」のため、薫の道場を守ることに。物質を粉々に破壊する強力な奥の手「二重の極み」を使う。勝つか負けるかの単純明快な喧嘩の世界が好き。
  • 斎藤 一
    (さいとう はじめ)
    元新撰組・三番隊の組長で、現在は警官をしている。当時、人斬り八刀斎と互角の実力を持ち、互いに命を賭けて斬り合った豪傑。“悪 即 斬”─悪は 即ち斬る─という独自の正義を信じ、動乱の世で戦っていた。桁外れの威力や速度、精度を誇る刺剣「牙突」の使い手。
  • 鵜堂 刃衛
    (うどう じんえ)
    元新撰組の隊士。“人斬り刃衛”と呼ばれ、隊長格並に腕は立つが、危険すぎて隊列に組まれなかった兇人。戊辰戦争にて、敵味方はおろか庶民まで虐殺した後に遁走。現在は武田観柳に金で雇われ、剣心を狙う刺客の一人に。
  • 三条 燕
    (さんじょう つばめ)
     弥彦の幼なじみで、牛鍋屋「赤べこ」で給仕をしている少女。元々は裕福な家柄だったが父親の仕事がうまくいかず、このままでは破産し、海外に身売りさせられるという状況に置かれている。
  • 戊亥 番神
    (いぬい ばんじん)
    観柳に雇われた刺客の一人。“無敵鉄甲”で拳を覆い、格闘戦を得意とする。鉄甲の正体は、水銀を元に精製された“柔らかい金属”。
  • 外印
    (げいん)
     観柳に雇われた刺客の一人。実は元・隠密御庭番衆で、現在は“死の芸術家”を自称している。指先から繰り出す糸を武器とする。
ページTOPへ戻る
ジャンプSQ. © SHUEISHA,
ALL RIGHTS RESREVED.