るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編- 和月伸宏 ストーリー協力:黒碕薫

前回までのあらすじ

ストーリー

 明治十六年。剣心が不殺を誓った流浪人として東京に流れ着いて5年。神谷道場に、剣心の宿敵・志々雄の遺刀「無限刃」を継ぐ青年・明日郎と、白人との混血児・阿爛を住み込みの門下生に加え、かくも平穏な日々を過ごしていた。


 ある日、明日郎は以前「無限刃」を狙った志々雄一派の残党に協力していた女・旭と再会する。旭は自らの組する、派兵稼業を担う「郷」から自分自身を買い取り自由になるための資金集めが終わり、お金を「郷」の者に渡そうというところだった。 ところが、旭が文字を読めないのをいいことに必要な金額を実際より安く伝えられ、騙されていたことが判明。お金が足りず、次の派兵任務に出されそうになる旭。そこで「郷」の者に立ちはだかったのは、居合わせた明日郎だった。


 騒ぎを聞いた剣心たちが着くころには警官が取り囲み、「郷」の者は逃げ去った後だった。ところが明日郎は「無限刃」を抜刀し暴走。剣心はやむを得ず「逆刃刀」を使い明日郎を止め、もう「無限刃」を抜かないようにと明日郎に忠告する。そして、行く当てのない旭はそのまま道場に迎え入れることになった。


 皆が寝静まった頃、剣心、薫、弥彦の3人は、旭の物だと思い回収していた、「郷」の者の封筒を開封。すると中には、西南戦争で死んだはずの薫の父・越路郎が写った写真が。写真は明治十六年の春、北海道の函館で撮られたものであり、それは薫の父が今生きて北海道にいることを示していた。こうして剣心たちは、薫の父・越路郎を迎えに行くため、北海道へ向かうことを決める。


 一方その北海道・函館にて、かつて剣心と刃を交えた男・齊藤一を含めた兵士団が、函館山に陣取る逆賊の討伐作戦を開始していて――!?   

キャラクター紹介
  • 緋村 剣心
    (ひむら けんしん)
    古流剣術「飛天御剣流」の使い手にして、「人斬り抜刀斎」と恐れられた幕末最強の剣客。明治に入り、「不殺」を誓う流浪人となる。流れ着いた「神谷活心流」の道場に身を寄せ過ごす中、様々な苦難を乗り越えた末、過去を乗り越え薫と結ばれる。「逆刃刀」を弥彦に託した今も、刀を模した杖「倭杖」を手に困窮している人の為に剣を振るっている。
  • 緋村 薫
    (ひむら かおる)
    旧姓「神谷」。父から継いだ「神谷活心流」道場の師範。剣心と共に様々な修羅場を潜り抜けた末、剣心と結ばれる。
  • 緋村 剣路
    (ひむら けんじ)
    剣心と薫の間に産まれた男児。
  • 明神 弥彦
    (みょうじん やひこ)
    「神谷活心流」入門5年目で、今や師範代に。強気、生意気、負けん気は相変わらず。
  • 長谷川 明日郎
    (はせがわ あしたろう)
    「悪太郎」という名で、「志々雄一派」の下っ端をやっていた。一派崩壊の混乱時、志々雄の遺刀「無限刃」を入手。激情に任せて動く性格。「神谷活心流」道場に住み込みの門下生になるにあたり、読みが同じ「明日郎」と改名する。また、無銭飲食で前科一犯になるほど食べることへの執着が強い。
  • 井上 阿爛
    (いのうえ あらん)
    父親が白人、母親が日本人の混血児で、密航未遂の前科一犯。縁あって明日郎と共に「神谷活心流」の道場に住み込みの門下生となる。自称「文明開化の申し子」。