ド級編隊エグゼロス きただりょうま

[JUMP SQ.マンガ動場]
第2回 きただりょうま先生
「SQ.マンガ動場」第2回目は、きただりょうま先生。下書きから色塗りまでの描き方のデジタルテクニックを見てみよう!
  • 【作画:下描き】
  • 【作画:線画目】
  • 【作画:色塗1】
  • 【作画:色塗2】
  • 【作画:色塗3】
  • 【作画:色塗4】
前回までのあらすじ

ストーリー

 数年前から地球に侵略してきた謎の宇宙人「キセイ蟲」。彼らは、あらゆる卑猥物を規制し、人のエロスの源「H(エ)ネルギー」を吸い取り、人間の生きる活力を奪おうとしている。高校生の炎城烈人も5年前に初恋の相手・星乃雲母と一緒にキセイ蟲に遭遇、雲母のHネルギーを吸われていた。しかし彼女の強すぎるエロスにキセイ蟲は逃亡。雲母は恥ずかしさのあまり、心を閉ざして潔癖主義者に変わってしまった。彼女を変えたキセイ蟲を許さない、そしてもう誰にもこんな思いをさせないために、烈人は地球防衛隊さいたま支部に勤める叔父の下で、キセイ蟲退治をすることに。以来、使用者のHネルギーを力に変換するSW型人体強化装置「H×EROS(エグゼロス)」を身に着け、「ド級編隊エグゼロス」のエグゼロスレッドとしてキセイ蟲退治に勤しんでいる。


 5年前の事件から冷たい態度を取り続ける雲母に対して、元の彼女に戻ってほしいと訴える烈人。そんな2人の前にキセイ蟲が現れる。烈人のHネルギーが足りず、2人は手を繋いで公園へと逃げる。窮地に追い込まれるも、手を繋いだことで烈人を強く意識した雲母から強いHネルギーが生まれ、キセイ蟲を無事撃退。雲母は自分の知らないところで烈人が戦ってくれていたことを知り、自分もあの頃のように戻れるならと、烈人のキセイ蟲退治を手伝うことを決意。さらに残り3人のエグゼロスメンバーも公園に集合して――!?

キャラクター紹介
  • 炎城烈人
    (えんじょう れっと)
    エグゼレッドとしてキセイ蟲退治をする高校生。初恋の相手・雲母がキセイ蟲によって心を閉ざしてしまったことが許せず、もう誰にもこんな思いをさせたくない一心から、キセイ蟲退治を始めた。
  • 星乃 雲母
    (ほしの きらら)
    烈人の幼なじみ。学校では「鋼鉄の処女」と呼ばれ、男嫌いの超潔癖主義者だが、実は常人を超える強いエロスを持つ。その事を気にして心を閉ざしていたが、エグゼイエローとして烈人とキセイ蟲退治をすることに。B88-W60-H82
  • 庵野 丈
    (あんの じょう)
    烈人の叔父で地球防衛隊さいたま支部HERO課の課長。烈人にキセイ蟲退治を手伝わせている。
  • 桃園 百花
    (ももぞの ももか)
    エグゼピンク。B77-W54-H79
  • 白雪 舞姫
    (しらゆき まいひめ)
    エグゼホワイト。B92-W62-H90
  • 天空寺 宙
    (てんくうじ そら)
    エグゼブルー。B86-W52-H78
  • 伊達
    (だて)
    烈人の友人。烈人がエグゼロスなのは知らない。
  • 鳥越
    (とりごえ)
    烈人の友人。烈人がエグゼロスなのは知らない。
関連特集
  • 第1回マンガ動場
  • 10周年記念新連載!!