活撃 刀剣乱舞 原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
漫画:津田穂波
©Nitroplus・DMM GAMES/「活撃 刀剣乱舞」製作委員会

前回までのあらすじ

ストーリー

 刀に宿る心や思いを顕現させた「付喪神」である刀剣男士たちは、時代を遡り、歴史を変えようと目論む歴史修正主義者「時間遡行軍」との戦いに挑む――!


 戦火に燃える江戸を歴史改変から守るため、格上の敵・大太刀に命がけで挑む蜻蛉切。心が折れそうになるも、自分を信じてくれる仲間の言葉を思いだし、“もの”ではなく“盾”として生き抜いて見せると覚悟をきめ、大太刀を槍で貫いてみせる。しかし蜻蛉切も奴の刀で貫かれ、身体はボロボロ。ようやく合流した堀川に、和泉守との約束を守るため必ず生きて帰ると意気込んで見せるも、蜻蛉切の本体である槍には大きな亀裂が入っていて…!?


 砲撃を止めるため、船をぶつけて軍艦を止めた影響からか、沈み始めた船の上で激闘を繰り広げていた和泉守。時間遡行軍が人の心を利用し、罪のない多くの人の命を奪ってでも歴史を変えたがる理由がわからず、怒りを露わにして叫ぶ。しかし、その隙をつかれ海に落とされてしまった和泉守は何も守れなかった…と抵抗なく沈んでいく。陸奥守はすぐさま海に飛び込み、全員で本丸に帰るのだと彼の手を引き上げて…。そんな時、こんのすけの咆哮によって空に白い光輪が現れる!?


 一方本丸では新たな第1部隊の隊長と共に、年長者として隊を率いることになっている天下五剣で最も美しい刀・三日月宗近が審神者の命で動き始めて…!?

キャラクター紹介
  • 和泉守 兼定
    (いずみのかみ かねさだ)
    打刀。新撰組副長・土方歳三のもとで活躍した刀。堀川の兄貴分のように振る舞っている。第2部隊、部隊長。
  • 陸奥守 吉行
    (むつのかみ よしゆき)
    打刀。坂本龍馬のもとで活躍した刀。刀と一緒に銃も使用する独特な戦闘スタイル。情に厚い。
  • 堀川 国広
    (ほりかわ くにひろ)
    脇差。新撰組副長・土方歳三のもとで活躍した刀。和泉守を兼さんと呼び、慕っている。まだ顕現したばかりの新人隊員。
  • 薬研 藤四郎
    (やげん とうしろう)
    短刀。儚げな外見とは裏腹に、審神者を「大将」と呼ぶ男前な一面をもっている。
  • 蜻蛉切
    (とんぼきり)
    槍。徳川四天王の1人、本多忠勝のもとで活躍した槍で天下三名槍のひとつ。好きな食べ物は大福。
  • 審神者
    (さにわ)
    刀剣男士たちを呼び出し、指示を出す。「時間遡行軍」から歴史を守るために戦っている。
  • 鶴丸国永
    (つるまる くになが)
    第二部隊、最後の刀剣男士。平安時代の刀工、五条国永の作で、鶴を思わせる白い衣が特徴の太刀。優美な姿とは裏腹に、性格は軽妙で酔興。部隊の中でも経験豊富な刀剣男士。
  • 三日月 宗近
    (みかづき むねちか)
    太刀。平安時代の刀工、三条宗近作。天下五剣のなかで最も美しい刀と評されている。第1部隊所属。