活撃 刀剣乱舞 原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
漫画:津田穂波
©Nitroplus・DMM GAMES/「活撃 刀剣乱舞」製作委員会

前回までのあらすじ

ストーリー

 刀に宿る心や思いを顕現させた「付喪神」である刀剣男士たちは、時代を遡り、歴史を変えようと目論む歴史修正主義者「時間遡行軍」との戦いに挑む――!


 本丸へと帰還した第二部隊。任務は無事に成功したが、蜻蛉切は、一命は取り留めたものの、意識が戻るかは彼の気力次第という状態の大けがを負ってしまった。一緒に行動していた堀川は、彼を守りきれなかった自分を恥じる。更に見舞いに来てくれた鶴丸と薬研に、町にも人にも被害が出てしまったのに、歴史を守れたと言えるのか…と思わず本音を吐露する。すると鶴丸から、全てを守ることは難しいからこそ、自分自身が納得のいく答えを自分で見つけなければならないと諭されて――。


 和泉守は1人鍛練をしながら、部隊長として蜻蛉切に大けがを負わせてしまったことを悔いていた。そこへやってきた陸奥守は、傷が完治したわけでもないのに、がむしゃらに刀を振り回す和泉守を止めようとするも、隊長として何もできなかった…と落ち込む彼を前にして何も言えなくなってしまい…。


 一方、第一部隊には新メンバーとして、薬研の兄刀・骨喰藤四郎の入隊が決まった。骨喰は先日まで任務に出ていた薬研に用があるみたいで――!?

キャラクター紹介
  • 和泉守 兼定
    (いずみのかみ かねさだ)
    打刀。新撰組副長・土方歳三のもとで活躍した刀。堀川の兄貴分のように振る舞っている。第二部隊、部隊長。
  • 陸奥守 吉行
    (むつのかみ よしゆき)
    打刀。坂本龍馬のもとで活躍した刀。刀と一緒に銃も使用する独特な戦闘スタイル。情に厚い。
  • 堀川 国広
    (ほりかわ くにひろ)
    脇差。新撰組副長・土方歳三のもとで活躍した刀。和泉守を兼さんと呼び、慕っている。まだ顕現したばかりの新人隊員。
  • 薬研 藤四郎
    (やげん とうしろう)
    短刀。粟田口吉光作で織田信長の元で活躍した。儚げな外見とは裏腹に、審神者を「大将」と呼ぶ男前な一面をもっており、医術の心得がある。
  • 蜻蛉切
    (とんぼきり)
    槍。徳川四天王の1人、本多忠勝のもとで活躍した槍で天下三名槍のひとつ。好きな食べ物は大福。
  • 審神者
    (さにわ)
    刀剣男士たちを呼び出し、指示を出す。「時間遡行軍」から歴史を守るために戦っている。
  • 鶴丸国永
    (つるまる くになが)
    第二部隊、最後の刀剣男士。平安時代の刀工、五条国永の作で、鶴を思わせる白い衣が特徴の太刀。優美な姿とは裏腹に、性格は軽妙で酔興。部隊の中でも経験豊富な刀剣男士。
  • 三日月 宗近
    (みかづき むねちか)
    太刀。平安時代の刀工、三条宗近作。天下五剣のなかで最も美しい刀と評されている。第一部隊所属。
  • 骨喰 藤四郎
    (ほねばみ とうしろう)
    脇差。粟田口吉光作で元は薙刀だったが脇差へと磨き上げられた。記憶を殆ど失っており、言葉数も少ない。第一部隊の新メンバー。