魔女の怪画集 晴智

前回までのあらすじ

ストーリー

 自身の血を混ぜて描いた絵に不思議な力を宿し、絵を所有する者に奇跡を起こす少女、アイシャ。善意で描かれた絵だが、やがて人を害し「魔女の怪画」と呼ばれるように。アイシャは、自分の絵から生まれたロキに、全ての絵を燃やすようにと最期の願いを託す。ロキは長い年月絵を燃やし続けていた――…


 ロキは、ウィンクルム商会の掃除屋と呼ばれ、雑用から超常現象まで請け負う変人集団といわれる第四課に所属していた。第四課長ザクセンは、人形職人であるマイクの屋敷の前で多くの旅人が怪我をしたのち、彼によって助けられていることを怪しみ、魔女の怪画が関係しているのではないかとロキに様子を見てくるよう指示を出した。ロキが屋敷へ行くと、マイクと病気を患った妻のエマ、そして不定形ながら実体化した魔女の怪画が中に入り動く、人形のメイドたちが何体もいた。人形の納品が遅れていたため、表向きは人形ができるまで屋敷に滞在して待つということにしたロキは、そのあいだ人形たちとマイクにより事故に見せかけて血を奪われそうになる。戦いの末ロキの手により怪画は燃やされ、苦労をかけた妻に楽をさせようと魔女の怪画を利用していたマイクは、エマの説得で絵を失ったことを受けいれ立ち直る。


 ロキの帰りを待つ四課では、手枷をつけた同僚のトウエンが、ロキの次の調査に同行するようザクセンから指令を受けていた。二人を待ち構える、次なる怪画とは――?

キャラクター紹介
  • アイシャ
    自身の血を混ぜて描いた絵に奇跡をおこす少女。彼女の絵はやがて人を害し、「魔女の怪画」と呼ばれるように。絵を全て燃やすよう、ロキに最期の願いを託すが、願いが果たされぬまま、彼女は病死してしまう。
  • ロキ
    アイシャの絵から生まれた少年。無愛想で口は悪いが心優しい。アイシャの願いをうけ、「魔女の怪画」を燃やす旅をしている。
  • ザクセン
    ウィンクルム商会、第四課の課長。
  • トウエン
    ウィンクルム商会、第四課に所属。