選択のトキ 群千キリ

前回までのあらすじ

ストーリー

 夏休みのある日、光晴はカーマイン星から来た「トキ」と名乗る宇宙人と出会う。生まれた時は性別がなく、15歳を前に自分でなりたい性を選ぶことができるというカーマイン人。トキは己の性別を決定し性器を作るのに必要な材料を集めに地球に来たのだった。トキの性別選択を任された光晴は、トキを「友達」にするか「恋人」にするか選ぶことに…。


 トキが宇宙人であることを秘密にしていた光晴。だが、トキは仮面を付けた根暗な生物教師・萩先生に正体をバラし、材料集めの協力を請おうとしていた。友達なはずのトキに独占欲を抱いてしまった光晴は自己嫌悪に陥る。さらに人の視線が怖いという理由で仮面をつけて授業を行う萩先生を見て、大人になっても結局何も変われずにいる自分を想像して落胆してしまう。しかし、光晴と萩先生を守るために不良に立ち向かうトキに勇気をもらった萩先生は、臆病な自分から変わろうと決意し、不良を追っ払う。光晴とトキのためだからこそ行動出来たと話す先生に光晴も心を開き、萩先生が顧問を務める生物部に入部。無事、先生から性器の材料を入手する。


 そんな中、安達が生物室にやってくる。安達が光晴のことを好きだと察知したトキは、2人が恋人同士になって自分と遊んでくれなくなるのは嫌だと、安達に向かって――!?

キャラクター紹介
  • 守屋 光晴
    (もりや みつはる)
    高校二年生。夏休みに自転車でトキの宇宙船に衝突してしまう。
  • トキ
    カーマイン星からきた宇宙人。性別がなく、どちらかの性を選び、選んだ方の性別(性器)の材料を集めるために、地球に来た。
  • めぐみ
    光晴の幼なじみ。
  • 源太
    (げんた)
    光晴の幼なじみで、高校一年のときから、めぐみと付き合っている。
  • 安達
    (あだち)
    光晴のクラスメイトで、光晴に告白。光晴とトキが宇宙船に乗り込む様子を偶然見かけてしまった。
  • 萩 響代
    (はぎ おとよ)
    光晴の学校にやって来た女性教師。担当教科は生物で生物部の顧問をしている。