選択のトキ 群千キリ

前回までのあらすじ

ストーリー

 夏休みのある日、光晴はカーマイン星から来た「トキ」と名乗る宇宙人と出会う。生まれた時は性別がなく、15歳になる前になりたい性を選ぶことができるというカーマイン星人。トキは己の性別を決定し性器を作るのに必要な材料を集めに地球に来たのだった。トキの性別選択を任された光晴は、トキを「友達」にするか「恋人」にするか選ぶことに…。


 性器の材料収集期間を過ぎたトキを保護しようとする尸零機動隊から逃れるため、京都に逃避行したトキと光晴。京都にもカーマイン星人がいると安達から教えられた2人は、安達や萩先生に協力してもらいながら彼らの目を逃れつつ、京都を楽しむ。逃避行の最中、カーマイン星に帰りたくない理由がママとおやつを巡って喧嘩したからだと、光晴に話したトキ。光晴からは大した理由ではないと言われるが、トキが帰りたくない一番の理由は、星に帰ったら10年以上地球には行けなくなり、光晴と離れ離れになってしまうから。それが嫌なトキは、わざと材料を集めず地球に留まり続けていたのだった。


 そんな事実を光晴に伝えられないままトキはヒルキから、上からの判断でトキは星に帰る意思がないとして「自殺」だとみなされたと報告を受ける。密かに2人の逃亡を見守っていたヒルキから痛み止めを投与され、トキが腐敗するリミットである10日以内に材料を全て集めるよう猶予期間を与えられたトキ。思わぬ展開にヒルキに感謝するが、光晴に星に帰りたくない一番の理由は伝えられないままで――!?

キャラクター紹介
  • 守屋 光晴
    (もりや みつはる)
    高校二年生。夏休みに自転車でトキの宇宙船に衝突してしまう。
  • トキ
    カーマイン星からきた宇宙人。性別がなく、どちらかの性を選び、選んだ方の性別(性器)の材料を集めるために、地球に来た。
  • めぐみ
    光晴の幼なじみ。
  • 源太
    (げんた)
    光晴の幼なじみで、高校一年のときから、めぐみと付き合っている。
  • 安達
    (あだち)
    光晴のクラスメイトで、光晴に告白。光晴とトキが宇宙船に乗り込む様子を偶然見かけてしまった。
  • 萩 響代
    (はぎ おとよ)
    光晴の学校にやって来た女性教師。担当教科は生物で生物部の顧問をしている。
  • 三原
    (みはら)
    まるしげ水族館の飼育員。カーマイン星人との間に生まれた赤ちゃんを水族館の水槽に入れて育てていた。
  • ヒルキ
    尸零機動隊隊長。誘拐されたトキと赤ちゃんを救う。誘拐された赤ちゃんの父親でもある。