地の底の魔法使い 平浜矢陸

前回までのあらすじ
ストーリー  

 魔法使いが200年前に絶滅してしまったと言われる世界で、両親がいないクニミとチサヨの兄妹は広大な森を管理するヒュケナイに拾われ働いていた。暴力を振るわれる日々に耐えきれず脱走する二人だが、途中で地震に襲われ、気付けば巨大な虫の腹の中に。戸惑う二人の前に現れたのは魔術師(マグシュ)であり予言者でもあるインだった。二人を魔術師の里(マグシュ・アウロラ)に連れてきたインは、クニミが里を救う<予言の子>と告げ……!?


 里の有力者との面会後、怪我の治療を受けるクニミたち。インは里の皆はそれぞれ役目を持っており、クニミには<予言の子>の役目を担ってほしいと伝える。役目に否定的なクニミに、インは里の現状を知ってもらおうとクニミたちを地下へ続く穴に無理やり落として!?


 地下で待っていたのは、片方の足が義足のアナトという青年だった。アナトは一年ほど前、<くそミミズ>(ゼタ・エメリタ)で発生している触れるものすべてを腐らせる<汚穢>(ソルデス)と呼ばれるものに触れ、足を切り落としたという。危険が日常にあることを知ったクニミは、里のために何かできないかと考え始める。そんなクニミたちの前に、突如巨大な<汚穢>が現れ―!!


 襲いかかる<汚穢>からアナトを守ろうとするクニミ。間一髪インが助けに現れ<汚穢>の動きを魔法で封じたその時、突然地面から大量の水が吹き出して!?

キャラクター紹介
  • クニミ
    領主から任されて付近の森全体を管理しているヒュケナイに拾われ、彼の下で働いていた。地上の人間界ふうに言う「魔法使い」のインから<予言の子>と呼ばれているが…。
  • チサヨ
    クニミの妹。
  • イン
    魔術師であり予言者。クニミが里を救う<予言の子>だと言っている。