地の底の魔法使い 平浜矢陸

前回までのあらすじ
ストーリー  

 魔法使いが200年前に絶滅してしまったと言われる世界で、両親がいないクニミとチサヨの兄妹は広大な森を管理するヒュケナイに拾われ働いていた。暴力を振るわれる日々に耐えきれず脱走する二人だが、途中で地震に襲われ、気付けば巨大な虫の腹の中に。戸惑う二人の前に現れたのは魔術師(マグシュ)であり予言者でもあるインだった。二人を魔術師の里(マグシュ・アウロラ)に連れてきたインは、クニミが里を救う<予言の子>と告げ……!?


 〈くそミミズ〉(ゼタ・エメリタ)の水飲み期は、里が水を手に入れられる唯一の機会。消化器官の河から水汲み人が水を確保するが、人死にが出る危険な作業と知るクニミ。貯水湖のことを気にしていたクニミは、危険を承知の上で水汲み作業に参加することにした。水汲み衆のイベリに説明を受ける中、河を堰き止めるのはご先祖の魔術師が作った<赤い巨人>(ルバァマグヌ)と呼ばれる自動人形と知る。


 堰を動かそうとクニミたちが巨人に近づくと、<汚穢>(ソルデス)の侵食を見つける。さらに<汚穢>を撒く犯人が現れ、クニミは皆を守るため戦いを挑む。防戦一方になるも、イベリに襲い掛かろうとする犯人を見たクニミは、助けるため大量の水を操り犯人を河へ落とすことに成功した。


 危機が去り安堵するクニミだが、攻撃の際に見た犯人の顔がインに似ていると気がつき…。

キャラクター紹介
  • クニミ
    領主から任されて付近の森全体を管理しているヒュケナイに拾われ、彼の下で働いていた。地上の人間界ふうに言う「魔法使い」のインから<予言の子>と呼ばれているが…。
  • チサヨ
    クニミの妹。
  • イン
    魔術師であり予言者。クニミが里を救う<予言の子>だと言っている。
  • アナト
    里を見て回り、<汚穢>を駆除する“役目”を持つオーヴォー家の人間。