地の底の魔法使い 平浜矢陸

前回までのあらすじ
ストーリー  

 魔法使いが200年前に絶滅してしまったと言われる世界で、両親がいないクニミとチサヨの兄妹は広大な森を管理するヒュケナイに拾われ働いていた。暴力を振るわれる日々に耐えきれず脱走する二人だが、途中で地震に襲われ、気付けば巨大な虫の腹の中に。戸惑う二人の前に現れたのは魔術師(マグシュ)であり予言者でもあるインだった。二人を魔術師の里(マグシュ・アウロラ)に連れてきたインは、クニミが里を救う<予言の子>と告げ……!?


 <汚穢>(ソルデス)をばら撒き里を破壊する人物は、里を救う<予言の子>であるクニミを襲う可能性がある。今のままでは殺されてしまうため、インはクニミに魔術(マグ)を勉強し、戦う術を覚えてくるようにと魔術師の修行場へと案内させた。


 修行場にいたのはアナトと自称里一番の天才のダガー。ダガーはなぜかクニミを敵視し、魔術の勉強にきたクニミに勝負を挑もうとする。そんな中、インに修行が始まったら唱えろと言われていた呪文を唱えるクニミ。その呪文は、修行場の自動人形である石像が、唱えた者を永遠に攻撃し続けるというもので…!?


 絶体絶命のクニミ。その時、ダガーが死を想うことが魔術を扱う方法だとアドバイスをする。クニミはアドバイス通り死への感覚を研ぎ澄ませると、魔術を行使し、石像の破壊に成功した!!

キャラクター紹介
  • クニミ
    領主から任されて付近の森全体を管理しているヒュケナイに拾われ、彼の下で働いていた。地上の人間界ふうに言う「魔法使い」のインから<予言の子>と呼ばれているが…。
  • チサヨ
    クニミの妹。
  • イン
    魔術師であり予言者。クニミが里を救う<予言の子>だと言っている。
  • アナト
    里を見て回り、<汚穢>を駆除する“役目”を持つオーヴォー家の人間。