メルヘン・メドヘン 原作:松智洋/StoryWorks キャラクターデザイン:カントク コンテ構成:中村尚儁 漫画:山縣清継

  • メルヘン・メドヘン
    第1巻
    原作:松智洋/StoryWorks キャラクターデザイン:カントク コンテ構成:中村尚儁 漫画:山縣清継
前回までのあらすじ

ストーリー

 葉月は「ぼっち」の女子高生。ある日、かばんの中に買った覚えのない謎の本を見つけ、さらに魔法使いの少女・静と出会う。彼女を追って魔法学園に足を踏み入れた葉月。謎の本は「シンデレラ」の『原書』であると告げられ、葉月は『原書使い見習い(メドヘン)』として学ぶことに。放課後、魔法学園に通う日々が始まり、静との間に友情を築いていく…。


 戦いの祭典『ヘクセンナハト』本戦を前に、世界各国を代表するメドヘン達が日本へ集い始めた。静は大会準備のため、魔法使いの世界で絶対的権力を持つ『十三人委員会』から派遣された審判と面会。契約者の命よりも原書にこそ価値があるという審判の考えにショックを受けた静は、葉月をヘクセンナハトに引き込んだことを後悔し始める…。


 一方、葉月は変身魔法の特訓後、加澄と露天風呂へ。そこには各国の主力メンバーが揃っていた。皆が自分を「シンデレラ」の契約者として認識していることに戸惑う葉月。さらに、それぞれが「シンデレラ」の原書の所有権を主張しはじめたことで、前哨戦という名のケンカが勃発し、場は大荒れに。静が駆けつけその場は収まるが、葉月は、魔法を使った戦いを初めて目の当たりにし、気を失ってしまう。「シンデレラには価値がある」というカザンの言葉に、静の心は揺れて――!?

キャラクター紹介
  • 鍵村 葉月
    (かぎむら はづき)
    原書は「シンデレラ」。幼い頃に母を亡くしている。友人はひとりもおらず、趣味は読書と空想。一冊の本と静との出会いから、魔法学園へと足を踏み入れる。
  • 土御門 静
    (つちみかど しずか)
    原書は「かぐや姫」。『三強』の一人で、日本校のリーダーを務める。魔法使いの戦いの祭典『ヘクセンナハト』に備えて原書使いを探す中、葉月と出会う。 
  • ユーミリア・カザン
    原書は「酒呑童子」。学園に迷い込んだ葉月を追いつめ、結果的にその力を開花させた。鋭い目つきは、葉月曰く「ヤンキーさん」。
  • 崇神
    (すがみ)
    クズノハ魔法女子学園の学園長。葉月が見惚れるほどの美女。農業と風呂に凝っている。
  • 加澄 有子
    (かすみ ありこ)
    原書は「一寸法師」。魔法学園の生徒。見た目は幼いが、子供扱いされることを嫌う。
  • リン・デイヴス
    アメリカ校リーダー。原書は「マッチ売りの少女」。笑顔で愛想よく振る舞うが、腹黒く本心を見せない。
  • マリヤ・ラスプーチン
    ロシア校リーダー。原書は「大きなかぶ」。
  • マハーカーリー
    インド校リーダー。原書は「ラーマーヤナ」。
  • リ・シュエメイ
    中国校リーダー。原書は「東遊記」。
  • リ・シュエラン
    原書は「西遊記」。中国校リーダー・シュエメイの妹。
  • アガーテ・アーリア
    ドイツ校リーダー。『三強』の一人。
  • アーサー・ペンドラゴン
    イギリス校リーダー。『三強』の一人。