[クオリディア・コード]
原作/Speakeasy(さがら総×橘公司×渡 航) 漫画/前田理想

Web連載開始!!
クオリディア・コード 第1巻 原作/Speakeasy(さがら総×橘公司×渡 航)
漫画/前田理想
前回までのあらすじ

 約30年前、突如地球に襲来した第一種災害指定異来生物「アンノウン」。現在その防衛を託されたのは、特殊能力「世界」を操る東京・神奈川・千葉の各防衛都市に所属し、防衛したポイントによるランキングで地位を競い切磋琢磨する高校生たちだった。
 これは、謎の異生物アンノウンと、人類防衛の使命を帯びた少年少女たちの戦いの物語であるーー!!

 遂に始まったリヴァイアサン級討伐の3都市合同作戦。壱弥もスタンドプレーはやめて、チームの作戦に貢献する。

 一方目を覚ましたカナリアは、壱弥たちが出撃した事を知り、自分も現場に向かう事に。

 リヴァイアサン級の不意を突き天河の一撃を喰らわせるも撃破に至らず、一進一退の戦いが続く中、カナリアと青生が駆け付ける。カナリアの「世界」に青生の「世界」を重ねることで、カナリアの強化能力を増幅して加勢する。それを見た壱弥は、天河の「世界」に自分の「世界」を重ね、天河の「世界」を増幅、強力な一撃をリヴァイアサン級に与え、討伐する。

 青生から今回の一件の報告書を受け取る上司・朝凪。しかし、青生の首の後ろに異変を発見し、カナリアを現場に連れて行く際「侵入不可領域」に足を踏み入れてしまっていた事が発覚する。

 一方、ようやく退院できたカナリアと海岸を歩く壱弥。壱弥は、今回の事でカナリアへの自分の気持ちを再確認した事から、カナリアに自分が彼女を誰より大切に思っていることを告げる。カナリアも、壱弥の想いに答えようとしたその瞬間、謎の物体の攻撃によりカナリアが消失。カナリアが立っていた場所ごと消滅し、残された壱弥はただ立ち尽くし…⁉

キャラクター紹介
  • 朱雀 壱弥
    (すざく いちや)
    東京都市首席。クールでプライドが高く、無能な者には厳しくあたる。固有世界はガントレットによる重力操作。
  • 宇多良 カナリア
    (うたら カナリア)
    東京都市次席。壱弥とは幼なじみで、彼を「いっちゃん」と呼ぶ。口ぐせは「困ったときは笑顔」。固有世界は歌唱による能力活性化。
  • 天河 舞姫
    (てんかわ まいひめ)
    神奈川都市首席。3都市のトップに君臨する通称「ヒメ」。理想主義で直情的な一面も。常識外れの超怪力で『大剣』を操る。
  • 凛堂 ほたる
    (りんどう ほたる)
    神奈川都市次席。冷静沈着だが、ヒメにだけは甘い。並外れた観察眼を持つ。固有世界は視線を介した接触。
  • 千種 明日葉
    (ちぐさ あすは)
    千葉都市首席。普段はけだるげだが、銃を握るとトリガーハッピーに。二挺の拳銃と固有世界の物質の運動制御を駆使し戦う。
  • 千種 霞
    (ちぐさ かすみ)
    千葉都市次席。皮肉屋で現実主義者。スナイパーライフルを武器とする。固有世界はエコロケーション等を駆使したサーチ能力。
ページTOPへ戻る