冒険王ビィト 原作/三条 陸 漫画/稲田浩司 デザイン協力/中鶴勝祥

前回までのあらすじ

ストーリー

 “ヴァンデル”…それはこの世界での魔人の総称。突如、現れた彼等は、増殖し世界を蹂躙し始める。人々はいつ終わるとも知れない日々を“暗黒の世紀”と呼んだ。正義を信じる少年・ビィトは最強の戦士・ゼノンに憧れバスターとなるが、ゼノン戦士団と魔人・ベルトーゼの戦いに巻き込まれて瀕死の重傷を負ってしまう。しかし、ゼノン達の機転で生命と共に才牙を託され、一命を取り留める。それから3年後、修行を経て一人前となったビィトは、幼なじみのポアラと共に全魔人を倒すための旅に出る――。


 戦いの中で確実に力をつけていくビィト。一方で、その存在を脅威に感じた魔人達は、最強を誇る“7ツ星”の魔人を集め、順にビィトの命を狙う。ビィトを倒した魔人は“8ツ星”となり、魔人を統べる王になるという。


 ブロードバスターの総本山・グランシスタを襲撃した魔人・ヒスタリオの巨大移動母艦「骸の幽霊船」を襲撃したビィトは、そこでヒスタリオに味方するライオと一騎打ちに臨む。しかし激戦の最中、ライオの脳裏にビィトとの思い出が溢れ、苦しみ始める。


 実はライオは、ヒスタリオによってゾンビにされたのではなく、生きたまま強化改造された上に洗脳されていただけであり、洗脳とライオの元の記憶が反発し苦しんでいるのだった。その事実を知らないビィトが困惑する中、ヒスタリオはこれ以上ビィトとライオを関わらせないよう、巨人のゾンビをけしかけ場を荒らし、ビィトの洗脳を諦めて殺しにかかる。


 その頃、船内ではビィトの盟友・スレッドが船医の魔物にライオ同様の改造を施され、今まさに洗脳されそうになっていたが自力で脱出。強化改造の恩恵だけを受け、ビィトたちのいる甲板へ向かう…!!

キャラクター紹介
  • ビィト
    暗黒の世紀を終わらせるためバスターとなった少年。ゼノン戦士団より5つの才牙を託され旅に出る。現在は自らの才牙・エクセリオンbeブレードを手にし、著しい成長を見せる。
  • ポアラ
    ビィトの幼なじみ。バスターとなり、ビィトと共に旅に出る。
  • キッス
    ビィトの旧友。あらゆる天撃を使いこなす天才的な天撃使い。
  • ミルファ
    バスターを取り締まるブロードバスター。見た目に似合わぬ実力者。
  • ゼノン
    ビィトの兄。ビィトの才牙・エクセリオンブレードの元の持ち主。ベルトーゼとの激闘の後、行方不明に。
  • ベルトーゼ
    “惨劇の王者”の異名を持つ7ツ星の魔人。かつてビィトに瀕死の傷を負わせ、ゼノン戦士団を壊滅に追いやった因縁の敵。
  • バロン
    “天空王”の異名を持つ7ツ星の魔人。赤い月の夜には、バロンに同居する別人格“ザンガ”が顔を出す。
  • シャギー
    全魔人の評価と監視をする世界一多忙な魔人。魔賓館の館長も兼任している。
  • スレッド
    かつて、ビィトと共に行動していたバスター。ビィトとはライバルのような立ち位置をとり、成り行きで協力はすれども別行動をしている。実力は高く、戦士団に属していない。
  • ヒスタリオ
    “凶刃”の異名を持つ7ツ星の魔人。驚異の再生能力と、死体をゾンビに変え使役する能力、抜刀する度に刀身の形状が変化する奥義・牙流転生を使う。ビィトを最強のゾンビにすべく動く。
  • ライオ
    ゼノン戦士団の一人。死んだと思われていたが、ヒスタリオによってゾンビとなり復活していた。ゾンビになりつつも自我を保ち、自らの意思でヒスタリオの仲間になったと語る。
  • 翼の騎士
    (つばさのきし)
    正体不明の戦士。ビィトを幾度となく救い、導く。ゼノンや、その戦士団にゆかりのある人物のようだが…?