冒険王ビィト 原作/三条 陸 漫画/稲田浩司 デザイン協力/中鶴勝祥

前回までのあらすじ

ストーリー

 “ヴァンデル”…それはこの世界での魔人の総称。突如、現れた彼等は、増殖し世界を蹂躙し始める。人々はいつ終わるとも知れない日々を“暗黒の世紀”と呼んだ。正義を信じる少年・ビィトは最強の戦士・ゼノンに憧れバスターとなるが、ゼノン戦士団と魔人・ベルトーゼの戦いに巻き込まれて瀕死の重傷を負ってしまう。しかし、ゼノン達の機転で生命と共に才牙を託され、一命を取り留める。それから3年後、修行を経て一人前となったビィトは、幼なじみのポアラと共に全魔人を倒すための旅に出る――。


 戦いの中で確実に力をつけていくビィト。一方で、その存在を脅威に感じた魔人達は、最強を誇る“7ツ星”の魔人を集め、順にビィトの命を狙う。ビィトを倒した魔人は“8ツ星”となり、魔人を統べる王になるという。


 本国一のブロード・バスター…ガレルとの決闘の中でビィトは、遂に自身の才牙の特性を活かした戦い方を見出す。しかし、さすがに百戦錬磨と呼ばれるガレル相手には一手先を行かれてしまう。


 立ち合ったカルロッサの判断で決闘は引き分けに終わった。戦いを経て、ガレルはビィトの強さと才能を認めミルファを連れて戻ることは断念すると告げるが、依然「ミルファがビィト目当てで同行している」という誤解が解けることはなかった。


 一方、本国のブロード・バスターを見るや姿を消したキッスを追ったミルファ。意を決しキッスにしっかりと告白するが、彼の持ち前の弱気な部分が災いし、返事ももらえず逃げられてしまう。


 告白の返事を迫るミルファ。逃げの一手で押し黙るキッス。グランシスタで待つ厄介事に頭を抱えるポアラ。そして、能天気に構えるビィト。それぞれの思惑を乗せ、グランシスタ行きの輸送機は飛び立った―――!!


 その頃、魔物と対峙するスレッドの前に死んだと思われていたゼノン戦士団の一人・ライオが姿を現す。しかし、ライオの槍が突き刺したのはスレッドであった。そこへライオを相棒と呼び現れたのは…魔人・凶刃 ヒスタリオで……!?                                                                                                              

キャラクター紹介
  • ビィト
    暗黒の世紀を終わらせるためにバスターとなった少年。ゼノン戦士団より生命と5つの才牙を託され旅に出る。
  • ポアラ
    ビィトの幼なじみ。バスターとなり、ビィトと共に旅に出る。
  • キッス
    ビィトの旧友。あらゆる天撃を使いこなす天才的な天撃使い。
  • ミルファ
    バスターを取り締まるブロードバスター。見た目に似合わぬ実力者。
  • ゼノン
    ビィトの兄。ビィトの才牙・エクセリオンブレードの元の持ち主。ベルトーゼとの激闘の後、行方不明に。
  • ベルトーゼ
    “惨劇の王者”の異名を持つ7ツ星の魔人。かつてビィトに瀕死の傷を負わせ、ゼノン戦士団を壊滅に追いやった因縁の敵。
  • バロン
    “天空王”の異名を持つ7ツ星の魔人。赤い月の夜には、バロンに同居する別人格“ザンガ”が顔を出す。
  • シャギー
    全魔人の評価と監視をする世界一多忙な魔人。魔賓館の館長も兼任している。
  • スレッド
    かつて、ビィトと共に行動していたバスター。ビィトとはライバルのような立ち位置をとり、成り行きで協力はすれども別行動をしている。実力は高く、戦士団に属していない。