推しをカタチにする仕事 安藤狂太郎

前回までのあらすじ

ストーリー

アニメや漫画のファンに向けた、コラボ商品やキャラクターグッズを企画、制作する会社スマイルーク。そこの営業企画課の度越(どこし)は、入社2ヵ月の新人・津家(つけ)を指導することに。


 青年漫画『天獄四番町』のグッズ化の提案をするため急いでいる度越。アニメ化前に他社よりも早く動くことが商品化につながり、さらに、缶バッジやアクリルスタンドなど生産しやすいグッズにすればスケジュールも立てやすく、資料作成も楽になると津家に説明する。
 津家にグッズ化に必死と言われる度越は、作品のファンであることに加え、グッズ化することがグッズ会社としてできる応援であると熱弁をふるうのであった。
 だが、度越が考えていたグッズとまったく同じ商品の発売が他社で決定し、先を越されたことを知った度越は落胆し座り込んでしまうのであった…。

キャラクター紹介
  • 度越 大好
    (どこし だいき)
    グッズ制作会社・スマイルーク 営業企画課の3年目社員。津家の指導係。自分が企画したコラボグッズで笑顔になる作品ファンを見て喜びを感じている。
  • 津家 若葉
    (つけ わかば)
    入社2か月の新入社員。度越に対して敬意はないので、言動が意外と辛辣。作品への愛が深い分、企画案も癖が強い暴走列車。
  • 押切 康
    (おしきり やすし)
    デザイン部チーフ。気弱で優しい性格。作品への解像度が高く、すぐ形作る速さと柔軟性を併せ持つ仕事人。
  • 花鳥 取次
    (かちょう とりつぐ)
    営業企画課の課長であり、度越たちの上司。どんなお願いにも基本全部「いいよ」で返すイエスマン。適当に見えて、度越たちそれぞれを上手くコントロールしている。