終わりのセラフ 原作/鏡 貴也 漫画/山本ヤマト コンテ構成/降矢大輔

前回までのあらすじ

ストーリー

 ウイルスによって人口が激減し、突如現れた吸血鬼の脅威にさらされる人類。吸血鬼に対抗できるのは日本帝鬼軍が誇る吸血鬼殲滅部隊のみだった。吸血鬼に家族を殺され、復讐を誓う少年・優一郎。彼は軍に身を置き、親友や家族の想いを背負って血塗られた道を行く。


 数千年前のどこかで、ミカエラの遺体に呼びかける子供の優一郎。王子が姫を起こすように、自分がキスをすればミカエラが起きるのか、真祖に尋ねる。しかし真祖は「もう少し時間がかかる」「まだ蘇生のための代償が作り足りない」と回答。そして優一郎に、一緒に必ずミカエラを蘇生させようと手を差し出す。


 時を移し現在、移動中の優一郎たちは、目的地に着くまで口を割らないグレンに痺れを切らしていた。そこでグレンは「おまえらの家族は蘇生する」とだけ告げる。しかしミカエラは、蘇生には代償が必要だと指摘。そして話はグレンが7人の仲間を蘇生させ、14歳以上の人間が全滅した過去へ。グレンが仲間を蘇生させた時、真祖が創設したと思われる日本帝鬼軍の前身宗教組織・帝ノ鬼(みかどのおに)は、はじめから7つの棺桶を用意していた。つまり、それは真祖の計画だったのだ。そのため、自分を責めるグレンに、シノアは「グレンは悪くない」と告げるが、グレンは自分の取った行動で人類を滅亡させたと譲らない。そこで優一郎は、「俺たちは家族だからなんでも許せる」「未来が重要だ」と言い、仲間たちの手を重ねる。そして話を進め、現在グレンが最終目標としている「全人類の蘇生」には、やはり強大な代償が必要と判明。優一郎はその内容を尋ね――…!?

キャラクター紹介
  • 百夜 優一郎
    (ひゃくや ゆういちろう)
    地下都市・サングィネムから脱出した少年。「預言」により、日本帝鬼軍に保護される。家族を殺した吸血鬼に復讐するため、闘いに身を投じていく。
  • 百夜 ミカエラ
    (ひゃくや ミカエラ)
    優一郎の親友。優一郎をかばい吸血鬼から瀕死の傷を負うが、第三位始祖・クルルの血で吸血鬼として復活する。貴族の地位と力を得るが、未だに優一郎を助けようとしている。
  • 一瀬 グレン
    (いちのせ グレン)
    吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」の中佐。サングィネムより脱出したばかりの優一郎を保護し、日本帝鬼軍へと導いた張本人。
  • 柊 シノア
    (ひいらぎ シノア)
    優一郎の高校での生活をみるために配属された軍の監視官。月鬼ノ組の一員でグレンの部下。
  • 早乙女 与一
    (さおとめ よいち)
    優一郎のクラスメイト。学校で優一郎と共に吸血鬼に立ち向かったのを機に友達になる。吸血鬼によって姉を殺された過去を持つ。
  • フェリド・バートリー
    サングィネムに住む第七位始祖の吸血鬼。優一郎の孤児院時代の家族を殺した張本人。
  • 君月 士方
    (きみづき しほう)
    月鬼ノ組の研修教室に属する優一郎の同級生。不治の病にかかった妹の治療をするため、軍での出世を目指す。怠慢な授業態度に反して成績はクラス一。
  • クルル・ツェぺシ
    第三位始祖で吸血鬼の女王。吸血鬼の中で貴族に属し、瀕死のミカエラに自分の血を与え吸血鬼に変えた。
  • 柊 天利
    (ひいらぎ てんり)
    日本帝鬼軍の元帥。柊家の分家である一瀬(グレン)に排他的な態度を見せる。
  • 阿朱羅丸
    (あしゅらまる)
    優一郎が契約した黒鬼シリーズの鬼呪装備に宿る鬼。優一郎の憎しみと愛が入り混じった感情を気に入り優一郎に従う。
  • 三宮 三葉
    (さんぐう みつば)
    月鬼ノ組所属で優一郎のチームメイト。13歳の時から吸血鬼殲滅部隊にいるエリートだが、自信過剰で感情的な一面も。シノアをかなりライバル視している。
  • 柊 真昼
    (ひいらぎ まひる)
    鬼呪装備を作った人物でシノアの姉。かつてのグレンの恋人。死んだと思われていたが、鬼となってグレンの鬼呪装備「真昼ノ夜」に宿っている。
  • 柊 暮人
    (ひいらぎ くれと)
    日本帝鬼軍の中将。柊家以外の存在を見下していて、同じ柊家であるシノアさえ恐れる冷酷さと残虐性を併せ持つ。鬼呪装備は「雷鳴鬼」。
  • 柊 深夜
    (ひいらぎ しんや)
    日本帝鬼軍の少将。柊家に養子として入ったため分家のような扱いを受けている。鬼呪装備は「白虎丸」。
  • 君月 未来
    (きみづき みらい)
    入院中の士方の妹。表向きは不治の病で日本帝鬼軍が治療中だが、その裏では「終わりのセラフ」の実験体として、軍に利用されているようで…!?
  • クローリー・ユースフォード
    第十三位始祖の貴族である吸血鬼。フェリドの派閥に所属し、圧倒的な戦闘力を持つ。
  • 鳴海 真琴
    (なるみ まこと)
    日本帝鬼軍の軍曹。月鬼ノ組に所属し、分隊長を務める。仲間思いで信頼も厚く、隊長としての冷静な判断力も持っている。
  • ウルド・ギールス
    ロシアを統治する、第二位始祖の貴族である吸血鬼。
  • レスト・カー
    クルルと同じ第三位始祖の貴族である吸血鬼。統治領はドイツ。
  • リーグ・スタフォード
    かつて第二位始祖だった謎の男。現在は「斉藤」と名乗っている。
  • 真祖(しんそ)
    全ての吸血鬼の頂点に立つ存在。シノアの鬼呪「四鎌童子」であり、柊家の当主に何百年もの間取り憑いてきた。目的は不明。
  • ノ夜(のや)
    真昼の中に閉じ込められていた鬼。グレンと真昼に呼び起こされ、目覚めた。
  • キ・ルク
    第五位始祖の貴族である吸血鬼。ウルドやレストと共に来日し、クルルとフェリドの拷問官を任された。
  • 月光韻
    与一の鬼呪装備で、黒鬼。目視できないほど遠距離の敵を捉え、鳥のような姿の強靭な矢を放つ。
  • 鬼籍王
    君月の鬼呪装備で、黒鬼。形状は双剣。最初は君月を従わせようとしたが、妹のためならば仲間すらも切り捨てる君月を気に入る。