ダークギャザリング 近藤憲一

前回までのあらすじ

ストーリー

 霊媒体質の螢多朗は霊障を受け、幼なじみの詠子も呪いに巻き込んでしまった過去がある。以来、オカルトに関わるのを恐れ引きこもり生活を送ってきたが、大学入学を機に社会復帰すべく家庭教師を始める。しかし、そこで出会ったのは螢多朗の引き寄せ体質を利用しようとする中学生・夜宵だった!! 螢多朗より強い霊媒体質の夜宵は「空亡(くうぼう)」という悪霊に連れ去られた母親の魂を連れ戻す手がかりを求め、心霊スポットを巡っていた。だが、夜宵は霊に避けられており、そのため螢多朗を必要としていた。一方、螢多朗は自分と詠子の呪いを解いてクリーンな状態で社会復帰するため、霊媒体質に対処できる力をつけることを決意。夜宵のお化け集めに協力するが…!?


 螢多朗は悪霊に狙われた教え子・愛依を救い出す際、夜宵とともに謎の地下空間に引きずり込まれる。そこには、かつて悪霊に囚われ、死後も支配され続ける人々の霊がいた。被害者は皆、女子供であることから、悪霊が自身より弱い立場の者を弄ぶ異常者であり、強力な霊ではないと判断した夜宵の作戦により、捕縛に成功。愛依の元へ戻った螢多朗達は、愛依を嫁にしようと企む神との戦いに挑む――!!

キャラクター紹介
  • 幻燈河 螢多朗
    (げんとうが けいたろう)
    霊媒体質。中学の時に霊障を受け、詠子を巻き込んだため二年余り引きこもり生活を送っていた。夜宵の家庭教師。詠子と恋人同士に。
  • 寶月 夜宵
    (ほうづき やよい)
    霊媒体質。重瞳で現世(うつしよ)と幽世(かくりよ)を同時に見る。交通事故で両親を亡くし、事故現場から霊に連れ去られる母を目撃。母の手がかりを探して心霊スポット巡りをする。従姉妹である詠子の家で暮らす。
  • 寶月 詠子
    (ほうづき えいこ)
    夜宵の従姉妹で螢多朗の幼馴染。かつて螢多朗の霊障に巻き込まれ、同じ呪いを持つ。
  • 神代 愛依
    (かみよ あい)
    螢多朗の生徒。不幸体質のせいで兄を死なせてしまう。神に見初められており、20歳までに連れて行かれると言われている。