ダークギャザリング 近藤憲一

前回までのあらすじ

ストーリー

  霊媒体質の螢多朗は、霊障を受け友人を巻き込んでしまった過去がある。以来、人付き合いを避け引きこもり生活を送ってきたが、大学入学を機に、まともな人間になるべく家庭教師のアルバイトを開始。しかし、そこで出会ったのは螢多朗の引き寄せ体質を利用しようとする中学生・夜宵だった!!  螢多朗よりも強い霊媒体質の夜宵は、死んだ母親の魂が悪霊に連れ去られるのを目撃。母親の魂を連れ戻す手がかりを求め心霊スポットを巡っていた。だが、霊達は彼女を避けているようで。だからこそ、夜宵は螢多朗を必要としていて…!?


 螢多朗は霊障のお祓いのため夜宵達と共に、祖母が神主を務める淡宮神社へ。無事お祓いを済ませた螢多朗だが、神社に奉納された曰く付きの人形に取り憑かれてしまう。再び夜宵に救われた螢多朗は彼女と向き合っていくことを決意。しかし、夜宵の部屋に並べられたぬいぐるみの中に大量の霊が囚われていることを知り驚愕。さらに、螢多朗の安全を保障するのを条件に、爪が欲しいと言われ――!?

キャラクター紹介
  • 幻燈河 螢多朗
    (げんとうが けいたろう)
    霊媒体質。中学の時に霊障を受け、友人も巻き込んだため二年余り引きこもり生活を送っていた。夜宵の家庭教師。
  • 寶月 夜宵
    (ほうづき やよい)
    霊媒体質。重瞳で現世(うつしよ)と幽世(かくりよ)を同時に見る。交通事故で両親を亡くし、事故現場から霊に連れ去られる母を目撃。母の手がかりを探して心霊スポット巡りをする。従姉妹である詠子の家で暮らす。
  • 寶月 詠子
    (ほうづき えいこ)
    夜宵の従姉妹で螢多朗の幼馴染。