ダークギャザリング 近藤憲一

『ダークギャザリング』公式PV
  • 前回までのあらすじ

    ストーリー

     霊媒体質の螢多朗は霊障を受け、幼なじみの詠子を巻き込んで以来引きこもりに。社会復帰すべく家庭教師を始め、天才少女・夜宵と出会う。母親を「空亡」という悪霊に連れ去られた夜宵は、手がかりを求め心霊スポットを巡っていた。強い霊媒体質の夜宵だが霊に避けられており、そのため螢多朗の引き寄せ体質を必要としていた。一方、螢多朗は自分と詠子の呪いを解き社会復帰するため、霊媒体質に対処できる力をつけることを決意。夜宵に協力することに…。


     螢多朗の教え子・愛依は神の花嫁として死ぬ運命にある。螢多朗達はこれを阻止して神を捕らえ、夜宵が作る悪霊軍団の一員にしようと計画。神に対抗できる霊の捕縛を目指し、全国の最恐心霊スポットの制圧を始める。そんな中、夜宵がH城址から持ち帰った呪物の奪還を目論む謎の二人組が動き出す。二人組は「空亡」と関係があるようで…?


     危険度Sの旧旧Fトンネルで強力な悪霊と対峙することになった螢多朗達。夜宵は破格の力を持つ霊「殉國禁獄鬼軍曹」を解放。この鬼軍曹は、念が及ぶ範囲にいる者を衰弱させ、さらに苦しむ相手を「不死身」の状態にする力を持つ。この苦しみから逃れる唯一の方法は鬼軍曹を消すこと…。苦しみに囚われた悪霊は鬼軍曹を殺そうとするが、力及ばず夜宵に助けを求める。夜宵は人を殺す快楽を強く求める悪霊を封殺、身代わりの肉壁としての役目を課す。旧旧Fトンネルの悪霊、捕縛成功――!!

    キャラクター紹介
    • 幻燈河 螢多朗
      (げんとうが けいたろう)
      霊媒体質。中学の時に霊障を受け、詠子を巻き込んだため二年余り引きこもり生活を送っていた。夜宵の家庭教師。詠子と恋人同士に。
    • 寶月 夜宵
      (ほうづき やよい)
      霊媒体質。重瞳で現世(うつしよ)と幽世(かくりよ)を同時に見る。交通事故で両親を亡くし、事故現場から「空亡(くうぼう)」という悪霊に連れ去られる母を目撃。母の手がかりを探して心霊スポット巡りをする。従姉妹である詠子の家で暮らす。
    • 寶月 詠子
      (ほうづき えいこ)
      夜宵の従姉妹で螢多朗の幼馴染。かつて螢多朗の霊障に巻き込まれ、同じ呪いを持つ。
    • 神代 愛依
      (かみよ あい)
      螢多朗の生徒。不幸体質のせいで兄を死なせてしまう。神に見初められており、20歳までに連れて行かれると言われている。