ダークギャザリング 近藤憲一

前回までのあらすじ

ストーリー

 霊媒体質の螢多朗は、霊障を受け、幼なじみの詠子も呪いに巻き込んでしまった過去がある。以来、オカルトに関わるのを恐れ引きこもり生活を送ってきたが、大学入学を機に、社会復帰すべく家庭教師のアルバイトを開始。しかし、そこで出会ったのは螢多朗の引き寄せ体質を利用しようとする中学生・夜宵だった!!  螢多朗より強い霊媒体質の夜宵は、悪霊に連れ去られた母親の魂を連れ戻す手がかりを求め心霊スポットを巡っていた。だが、霊達は彼女を避けており、そのため夜宵は螢多朗を必要としていた。そんな夜宵から元凶の霊を殺せば自分と詠子の呪いは消えると聞いた螢多朗は、詠子を救うためオカルトに関わるか、普通の人生を送るためオカルトから離れるか思い悩む。


 詠子達とキャンプに来た螢多朗は、詠子に「呪いから解放されたいか?」と疑問をぶつける。それに対し詠子は、螢多朗を助けるために自分が負った呪いを研究したい、二人一緒じゃなきゃ呪いを解かなくていいと答える。さらに詠子にとって、自分が特別な存在であると知った螢多朗はオカルトに身を浸してでも呪いを解く決意をする。しかし、直後に詠子に霊が憑依。そんな霊達の真の目的は螢多朗で!? 助けようとした螢多朗は詠子と共に大量の霊に捕らわれ橋から落下してしまう。果たして、二人の運命は――!?

キャラクター紹介
  • 幻燈河 螢多朗
    (げんとうが けいたろう)
    霊媒体質。中学の時に霊障を受け、詠子を巻き込んだため二年余り引きこもり生活を送っていた。夜宵の家庭教師。
  • 寶月 夜宵
    (ほうづき やよい)
    霊媒体質。重瞳で現世(うつしよ)と幽世(かくりよ)を同時に見る。交通事故で両親を亡くし、事故現場から霊に連れ去られる母を目撃。母の手がかりを探して心霊スポット巡りをする。従姉妹である詠子の家で暮らす。
  • 寶月 詠子
    (ほうづき えいこ)
    夜宵の従姉妹で螢多朗の幼馴染。かつて螢多朗の霊障に巻き込まれ、同じ呪いを持つ。