ワールドトリガー 葦原大介

TVアニメ新シリーズ製作決定記念スペシャルPV
  • 前回までのあらすじ

    ストーリー

     人口28万人が暮らす都市・三門市に、ある日突然異次元への「門(ゲート)」が出現。門から現れた異世界の侵略者「近界民(ネイバー)」に襲撃され、街は戦火をうける。しかし、その場は界境防衛機関「ボーダー」によって救われた。近界民には、生体エネルギー「トリオン」の力で稼動する近界民が生んだ技術「トリガー」が唯一の対抗手段であり、ボーダーの主な武器となっている。そして約4年後の現在も、人々はボーダーに守られ日常を送る。ボーダー隊員・三雲修は、近界民・空閑遊真と運命的な出会いを果たす。修の勧めで遊真はボーダーに入隊し、二人は行動を共にする。


     そんな中、近界(ネイバーフッド)最大の軍事国家・アフトクラトルがトリオンを求めて大規模侵攻を仕掛けてくる。撃退に成功するもC級隊員30人以上が攫われる結果となり、ボーダーは近界への遠征部隊を派遣する計画を打ち出す。この遠征を目標に、修と遊真は修の幼なじみ・雨取千佳と共に玉狛支部に所属。3人で部隊を組み、遠征部隊選抜試験の挑戦権が与えられるB級2位以内を目指す。しかし、B級上位の壁は厚く、このままでは遠征部隊に選ばれないと危惧した修は、部隊強化を図る。そして、捕虜であった近界民・ヒュースをチームに引き入れることに。


     B級ランク戦最終試合、遊真が新技のコンボで帯島を落とし、弓場は二宮隊と3対1の状況に追い込まれる。千佳がそこを狙って炸裂弾(メテオラ)を放つも、弓場と交戦中の二宮が合成弾「強化追尾弾(ホーネット)」で迎撃。しかし二宮は千佳の爆撃を犬飼たちに任せ、弓場との一騎打ちを望む。弓場はそれに応え、爆撃で壊れた建物を壁にして二宮に接近。それに対し二宮は追尾弾(ハウンド)を高く撃ち上げ、一人時間差攻撃を狙う。だが弓場は追尾弾と、瓦礫に隠れた置き弾にも対処。そして二宮との距離は弓場の間合いに入るも、対処したはずの追尾弾が再び上から降り、弓場を突き刺す。加えて二宮からの直線射撃に捕らえられ、弓場は緊急脱出(ベイルアウト)してしまう。二宮は撃ち上げた追尾弾にも、2種類の緩急を加えていたのだった。

     玉狛第2と二宮隊、2部隊の3人ずつが残り、試合は乱戦から一転、双方が距離を取って時間を使う静かな展開に。バックワームで身を隠す玉狛第2に対し、二宮隊は姿を見せて堂々と待ち構える。膠着状態になりなかなか姿を現さない玉狛第2に対して、二宮は時間切れを狙っている可能性を否定し、「必ず来る」と断言。当の玉狛第2は、ライトニングを起動させた千佳が指定位置につき、最後の勝負をしかけようとしていて――…!?

    キャラクター紹介
    • 三雲 修
      (みくも おさむ)
      正義感が強く信念を曲げない15歳。玉狛第2(三雲隊)・隊長でシューター。トリオン量や身体能力は一般的な隊員より低いが、知恵と工夫で相手を攻略する。遊真曰く「面倒見の鬼」。近界民に攫われた人々を取り返すため、また、遊真とレプリカを会わせるためにも、遠征部隊を目指す。
    • 空閑 遊真
      (くが ゆうま)
      異世界から来た白髪の近界民。玉狛第2のエースアタッカー。父・有吾の形見である黒トリガーと「人の嘘を見抜く」サイドエフェクトを持つ。近界での数々の戦いで得た、豊富な戦闘知識と俊敏な動きでA級隊員をも凌駕する実力を有す。生身の身体が瀕死状態であるため、黒トリガーから供給されるトリオンで身体を形成している。遊真の本体は、指輪の形をした黒トリガーの中に入っている。
    • 雨取 千佳
      (あまとり ちか)
      修の幼なじみ。玉狛第2のスナイパー。近界民に狙われるほどの人並み外れた甚大なトリオン量を有する。近界民に攫われた兄・麟児や友人を救うため、ボーダーに入隊。狙撃の腕は日々成長を見せており、攻撃力は絶大。そのトリオン量の多さから遠征艇の燃料として遠征参加が決定している。
    • ヒュース
      近界民。磁力を操るトリガー「蝶の楯(ランビリス)」の使い手。現在はボーダーの捕虜となっている。アフトクラトルに帰るため、遠征時の近界案内役を引き受け、ボーダーに入隊。玉狛第2の隊員に。最新鋭のトリガーすら容易く操る才能の持ち主。
    • レプリカ
      遊真の父・有吾によって作られた多目的型トリオン兵。近界のあらゆる情報と知識を持つ。戦闘面はもちろん、日々の生活までサポートする遊真の「お目付け役」。アフトクラトルによる大規模侵攻の際、行方不明となる。
    • 宇佐美 栞
      (うさみ しおり)
      トリガーについて幅広い知識を持つ、情報技術に長けた玉狛第1と玉狛第2のオペレーター。面倒見が良く、遊真たちを日々サポートしている。以前は風間隊のオペレーターで活躍しており、風間隊をA級に昇格させた立役者の一人である。
    • 影浦 雅人
      (かげうら まさと)
      影浦隊・隊長のアタッカー。「感情受信体質」のサイドエフェクトを持つ。
    • 来馬 辰也
      (くるま たつや)
      鈴鳴第一・隊長のガンナー。
    • 村上 鋼
      (むらかみ こう)
      鈴鳴第一のエースアタッカー。「強化睡眠記憶」のサイドエフェクトを持つ。弧月とレイガストを使う謹厳実直な剣士。
    • 絵馬 ユズル
      (えま ゆずる)
      影浦隊のスナイパー。千佳と同級生。ボーダーを除籍となった鳩原の狙撃の腕を高く評価しており、今でも師と仰いでいる。
    • 東 春秋
      (あずま はるあき)
      東隊・隊長で、ボーダー最初のスナイパー。数々の弟子を持つベテラン隊員で、戦術にも長けている。
    • 鳩原 未来
      (はとはら みらい)
      重大な規律違反を犯した、元二宮隊スナイパー。トリガーを民間人に横流しし、門(ゲート)の向こうに行方をくらましたとされている。
    • 犬飼 澄晴
      (いぬかい すみはる)
      二宮隊のガンナー。人懐っこい性格で、コミュニケーション能力が高い。
    • 小南 桐絵
      (こなみ きりえ)
      迅よりも長いボーダー活動歴を持つ玉狛第1の攻撃手で、火力重視の「双月」を使う遊真の師匠。極度の正直者で騙されやすい。嵐山とは従兄妹の間柄。
    • 木崎 レイジ
      (きざき れいじ)
      玉狛第1木崎隊・隊長。すべてのポジションがマスターレベルのパーフェクトオールラウンダーで、千佳の狙撃の師匠でもある。
    • 林藤 陽太郎
      (りんどう ようたろう)
      玉狛支部に住むお子様で、動物と会話できるサイドエフェクトを持っているらしい。相棒はカピバラの雷神丸。
    • 緑川 駿
      (みどりかわ しゅん)
      実力と才能を兼ね備えた草壁隊のアタッカー。オプショントリガー「グラスホッパー」を使い、多彩な動きで相手を翻弄する。
    • 里見 一馬
      (さとみ かずま)
      草壁隊のガンナー。ガンナーとしてはソロランク1位だが、本人はそのことを知らない。弓場の弟子であり、自他共に認める二宮信者。
    • 弓場 拓磨
      (ゆば たくま)
      弓場隊・隊長のガンナー。1対1ではトップクラスの強さを誇る近距離タイプで、威力の強さと速さが特徴。
    • 烏丸 京介
      (からすま きょうすけ)
      A級隊員以上の実力を持つ、玉狛第1のオールラウンダー。常にポーカーフェイスだが茶目っ気があり、先輩の小南をよくからかっている。宇佐美曰く「もさもさした男前」。
    • 二宮 匡貴
      (にのみや まさたか)
      元隊員の鳩原が近界に密航した責任で、A級からB級に降格した二宮隊の隊長。No.1シューターで、個人総合ランクでは2位の実力者。
    • 外岡 一斗
      (とのおか かずと)
      弓場隊のスナイパー。隠密行動がうまく、最初の一発を確実に当てると評される。
    • 生駒 達人
      (いこま たつひと)
      生駒隊・隊長のアタッカー。ボーダー随一の旋空弧月の使い手で、その射程距離は全アタッカー中最長。通称「生駒旋空」と呼ばれている。
    • 南沢 海(みなみさわ かい)
      生駒隊のアタッカーで、弧月の使い手。ノリで動きがちなのが玉にキズだが、一時はマスタークラスに上がったこともある実力者。
    • 水上 敏志
      (みずかみ さとし)
      生駒隊のシューターであり、司令塔でもある。冷静に全体の戦局を見ながら、サポートや指示にまわることが多い。
    • 帯島 ユカリ
      (おびしま ゆかり)
      弓場隊のオールラウンダー。中性的な容姿で、よく男の子と間違えられる。遊真の判断力と発想力、勝負強さを尊敬しているという。
    • 󠄀辻 新之助
      (つじ しんのすけ)
      二宮隊のアタッカーで、弧月使い。援護能力が高く、出水や時枝と並び名アシストとして知られている。
    関連ページ