るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編- 和月伸宏 ストーリー協力:黒碕薫

実写映画 最終章公開!
  • 前回までのあらすじ

    ストーリー

     明治十六年。剣心が不殺を誓った流浪人として東京に流れ着いて5年。神谷道場に、剣心の宿敵・志々雄の遺刀「無限刃」を継ぐ青年・明日郎と、白人との混血児・阿爛、更に謎の女・旭を道場に迎え、かくも平穏な日々を過ごしていた。
     そんな中、西南戦争で死んだはずの薫の父・越路郎が北海道・函館で生きていることが判明。剣心と薫は越路郎を迎えに函館に行く事を決める。しかし、剣心たちを北の地で待っていたのは、日本中の“猛者”を集め、時には戦乱を故意に引き起こすことで“実戦経験”を積ませ、外国勢力に対する戦力増強を掲げる「劍客兵器」たちとの戦いであった―――!!


     役人殺しの実検戦闘実行犯の劍客兵器・雹辺 双(ヒョウベ フタツ)と相対する斎藤と永倉。しかし、斬ってもダメージを受けない雹辺に攻めあぐねる。そこへ、阿部が割って入り雹辺を追い詰める。彼が望む「新撰組が斃せない敵に、御陵衛士である阿部が勝利する」目的を果たさんと、引き金を引く。


     優勢に見える阿部。しかし対する雹辺は、不可視の刃を以って形勢をあっさり崩す。
     そんな中雹辺は「御陵衛士」という名が、劍客兵器が日本中の猛者をまとめた「猛者人別帳」の「新撰組」の“備考欄”にあったことを思い出す。“備考欄”などと言われた阿部は雹辺に、その人別帳に自身が慕う「御陵衛士」の先達たち…そして服部武雄の名があるが尋ねるが、いずれも記載無し。挙句に雹辺は「新撰組に敗けた雑魚連中」などと吐き捨てる。


     激昂する阿部を諫めたのは斎藤と永倉であった。永倉は、阿部が慕った服部が最期に阿部たちへ語った「各々の意思と人生を新世代に繋げ」という遺言を引用し、刀から離れられない自分たちと違い、別のかたちで活躍できていることを誇るべきだと諭す。


     そして永倉新八が、「新撰組」が、相対して正当に強者と認めた「御陵衛士」すら知らない“潜り”相手に、永倉の必殺剣が舞う――――!!

    キャラクター紹介
    • 緋村 剣心
      (ひむら けんしん)
      古流剣術「飛天御剣流」の使い手にして、「人斬り抜刀斎」と恐れられた幕末最強の剣客。明治に入り、「不殺」を誓う流浪人となる。流れ着いた「神谷活心流」の道場に身を寄せ過ごす中、様々な苦難を乗り越えた末、過去を乗り越え薫と結ばれる。「逆刃刀」を弥彦に託した今も、刀を模した杖「倭杖」を手に困窮している人の為に剣を振るっている。
    • 緋村 薫
      (ひむら かおる)
      旧姓「神谷」。父から継いだ「神谷活心流」道場の師範。剣心と共に様々な修羅場を潜り抜けた末、剣心と結ばれる。
    • 緋村 剣路
      (ひむら けんじ)
      剣心と薫の間に産まれた男児。
    • 明神 弥彦
      (みょうじん やひこ)
      「神谷活心流」入門5年目で、今や師範代に。強気、生意気、負けん気は相変わらず。
    • 長谷川 明日郎
      (はせがわ あしたろう)
      「悪太郎」という名で、「志々雄一派」の下っ端をやっていた。一派崩壊の混乱時、志々雄の遺刀「無限刃」を入手。激情に任せて動く性格。「神谷活心流」道場に住み込みの門下生になるにあたり、読みが同じ「明日郎」と改名する。また、無銭飲食で前科一犯になるほど食べることへの執着が強い。
    • 井上 阿爛
      (いのうえ あらん)
      父親が白人、母親が日本人の混血児で、密航未遂の前科一犯。縁あって明日郎と共に「神谷活心流」の道場に住み込みの門下生となる。自称「文明開化の申し子」。
    • 久保田 旭
      (くぼた あさひ)
      戦災孤児だったところを派兵稼業の組織「郷」に拾われ、派兵の人材として育てられる。派兵稼業から足を洗おうとするが失敗し、また任務に駆り出されそうになったところを明日郎に救われる。今は身分を隠し神谷道場に身を寄せる。
    • 斎藤一
      (さいとう はじめ)
      「悪・即・斬」を信条に持つ元・新撰組三番隊組長。現在は藤田五郎(ふじた ごろう)の名で警視庁に身を置く。
    • 永倉新八
      (ながくら しんぱち)
      元・新撰組二番隊組長。馴れ馴れしい性格だが、その実力は未だ健在。
    • 三島栄次
      (みしま えいじ)
      かつて志々雄真実の一派に襲撃された新月村の出身。現在は陸軍に身を置く。自身の経験から「悪敵」に対し非常に強い憎しみを抱き、自らの手でそれらを叩き潰せる強さを求める。
    • 阿部十郎
      (あべ じゅうろう)
      幕末にて新撰組を裏切り御陵衛士に組した男。明治になり、役人として活躍していたが、その目で新撰組が直に敗北する瞬間を見たいと、劍客兵器をおびき出す囮役を買って出る。
    関連特集
    • 「25周年記念 るろうに剣心展」新会期決定のお知らせ