ボクとキミの二重探偵 原作/辺天使 漫画/津田穂波

前回までのあらすじ

ストーリー

 僕徒レオ、通称「ボク」は気弱で一人ぼっちの高校2年生。ある日、君乃ミキという女子生徒と殺人事件を解決。彼女の推理力が大きく寄与したのだが、随所で見られたレオの真実に迫る行動をミキが不可解だと言い出す。その後も二人で数件の事件を解決しレオの裏表のない性格に触れたミキは、今まで向けていた疑いの目を謝罪。しかし実はレオの「ボク」という人格の裏には「オレ」という、人の本性を暴くことに快感を覚える悪辣な素顔が隠されており…!?


 ヒタリの死の真相を明かす契約をミキと結んだオレ、かつてヒタリの事件を担当していた両神刑事に出会う。ミキは彼に今まで見たことがないレベルの敵意を向けているが、マヌケな様子の両神にオレは拍子抜けしてしまって――。


 わざわざ両神がミキの前に現れたのは、彼女がいろんな事件に首を突っ込んでいることが原因だった。「探偵ごっこを止めろ」と警告する彼にミキは「不可解な事象は意地でも解く」と強気に言い返す。言い争いを始めた2人をよそにオレはミキの合図通り、両神に盗聴器をしかけようと暗躍。しかしスキだらけだったはずの両神から一瞬感じたプレッシャーと彼が一部明かした捜査の不審さを警戒し、手を引いて――。


 未だミキがヒタリの死の真相を調査していることを報告し始めた両神。このままミキがヒタリの死を探り続け、真相を掴んだら消さなければならないと断言。やはりヒタリの死はただの事故死ではないようで!?

キャラクター紹介
  • 僕徒レオ
    (ぼくと れお)
    ヘタレな「ボク」の顔を隠れ蓑に、「オレ」という素顔を持つ二重人格の少年。君乃を危険視している。
  • 君乃ミキ
    (きみの みき)
    探求心と行動力が強く、僕徒に興味を抱く少女。双子の妹が事故死しているというが…?
  • 一ノ瀬ユリ
    (いちのせ ゆり)
    選抜クラスの中心人物。君乃の起こした事件の真相を知りたがっている。
  • 君乃ヒタリ
    (きみの ヒタリ)
    ミキの双子の妹、彼女と正反対で明るく社交的な性格。事故死したと思われていたが…?
  • 両神 真
    (りょうがみ まこと)
    ヒタリの事件を担当した刑事。ミキとは少なからず因縁が…?