ボクとキミの二重探偵 原作/辺天使 漫画/津田穂波

前回までのあらすじ

ストーリー

 僕徒レオ、通称「ボク」は気弱で一人ぼっちの高校2年生。ある日、君乃ミキという女子生徒と殺人事件を解決。彼女の推理力が大きく寄与したのだが、随所で見られたレオの真実に迫る行動をミキが不可解だと言い出す。その後も二人で数件の事件を解決しレオの裏表のない性格に触れたミキは、今まで向けていた疑いの目を謝罪。しかし実はレオの「ボク」という人格の裏には「オレ」という、人の本性を暴くことに快感を覚える悪辣な素顔が隠されており…!?


 ミキからデートに誘われ、彼女の正体が「ミキ」なのか死んだはずの「ヒタリ」なのかを確かめようとしたオレ。しかしミキを庇って不審者に馬乗りにされ大ピンチに。ボクとして不自然のないレベルで抵抗していたオレは、本気で対処してミキの前に自分を晒すか、自分が暴かれないよう最悪このまま命を落とすかの選択を迫られる。不審者が自分と近い考えを持っていることに考えが乱され、このまま隠し通そうと抵抗を諦めたオレだったがそこをミキのスタンガンに助けられて…。


 ミキと出会い積極的になり始めたボクに成長の可能性を感じるオレ。デートの帰り道、探り合いはまだ続いているが、表に出て激しく活動し過ぎた反動で急激な眠気に襲われてしまう。自由に入れ替えできず好き勝手に喋ったボクのある発言に、ミキの脳内はフル回転。「最後に一か所だけ付き合って欲しい」と告げた彼女に連れられ、レオはヒタリの亡くなった現場に…!?

キャラクター紹介
  • 僕徒レオ
    (ぼくと れお)
    ヘタレな「ボク」の顔を隠れ蓑に、「オレ」という素顔を持つ二重人格の少年。君乃を危険視している。
  • 君乃ミキ
    (きみの みき)
    探求心と行動力が強く、僕徒に興味を抱く少女。双子の妹が事故死しているというが…?
  • 一ノ瀬ユリ
    (いちのせ ゆり)
    選抜クラスの中心人物。君乃の起こした事件の真相を知りたがっている。
  • 君乃ヒタリ
    (きみの ヒタリ)
    ミキの双子の妹、彼女と正反対で明るく社交的な性格。事故死したと思われていたが…?