BOXER's BLAST 原作/酒井敦朗 漫画/暁月あきら

前回までのあらすじ

ストーリー

 貧乏高校生・白木屋 隆は、バイトの新聞配達中にボクシングのフェザー級世界チャンピオン・和民 拳斗と出会う。白木屋は、配達で和民がトレーニングするジムへ通う内に、パンチが風を切る音だけで彼の調子を言い当てられるようになっていた。そのことに興味を抱いた和民から、白木屋はボクシングの指導を受けることに。毎朝の練習を通し友情を育む二人だが、和民が交通事故に巻き込まれ、一命は取り留めたものの植物状態に。しかし白木屋だけには幽体離脱した彼の姿が見えて…!?


 和民が言う「白木屋の才能」を見極めるため、土間は白木屋にスパーリングを持ち掛ける。白木屋のパンチは土間には当たらず、フェイントのジャブに反応しない程の鈍さに、白木屋の力は素人以下だと判断。しかし土間は、そう見えること自体が自分の実力のなさだと考え直し、再度、彼と向き合う。


 打ち合いが続く中、当てるつもりのジャブをかわした白木屋。土間は無動作でフェイントをしかけるが、それには反応を示さなかったことで、彼が本当は上級者で、和民に取り入るために素人のふりをしているのではと疑いを持つ。土間は、さらにフェイントと本気を織り交ぜたパンチを連続して繰り出し白木屋を試すが、彼はやはり本気の攻撃だけを避け…!?

キャラクター紹介
  • 白木屋 隆
    (しろきや たかし)
    高校生。バイト先の新聞屋に妹と共に間借りし、バイトを掛け持ちして暮らす苦学生。和民との出会いから、ボクシングの道に足を踏み入れる。
  • 和民 拳斗
    (わたみ けんと)
    「日本ボクシング史上最高傑作」と評されるボクシング世界チャンピオン。フェザー級でWBOとWBCのタイトルを持つ。新聞配達中の白木屋に興味を持ち、指導することに。統一戦を前にして交通事故に遭う。
  • 土間 惣介
    (どま そうすけ)
    日本ライト級チャンピオン。和民と出会ってボクシングを始め、今ではジムNo.2の実力者。和民に目をかけられていた白木屋のことを認めていない。