地の底の魔法使い 平浜矢陸

前回までのあらすじ
ストーリー  

 魔法使いが200年前に絶滅してしまったと言われる世界で、両親がいないクニミとチサヨの兄妹は広大な森を管理するヒュケナイに拾われ働いていた。暴力を振るわれる日々に耐えきれず脱走する二人だが、途中で地震に襲われ、気付けば巨大な虫の腹の中に。戸惑う二人の前に現れたのは魔術師(マグシュ)であり予言者でもあるインだった。二人を魔術師の里(マグシュ・アウロラ)に連れてきたインは、クニミが里を救う<予言の子>と告げ……!?


 謎の敵を退けた後、クロストルと名乗る男と共に敵の生死を確かめに行くクニミ。その道中、クロストルがインの指示でクニミを見守っていたこと、さらにインにロアという兄がいること、そして200年前に里が〈くそミミズ〉(ゼタ・エメリタ)に呑まれた理由を知る。


 クロストルの話では謎の敵が使う触れたものを腐らせる呪いは、インの一族を迫害し処刑した首謀者の魔術(マグ)だったが、その首謀者はロアと一緒に地の底のさらに底へと落ちてしまい、現在の謎の敵が果たして兄と首謀者どちらなのか、わからない状態だと言う。


 その時、二人の前に謎の敵が現れ襲い掛かってくる。クニミを守ろうとするクロストルだが、敵のすべてを腐らせる<汚穢>(ソルデス)の手に触れてしまい――!!

キャラクター紹介
  • クニミ
    領主から任されて付近の森全体を管理しているヒュケナイに拾われ、彼の下で働いていた。地上の人間界ふうに言う「魔法使い」のインから<予言の子>と呼ばれているが…。
  • チサヨ
    クニミの妹。
  • イン
    魔術師であり予言者。クニミが里を救う<予言の子>だと言っている。
  • アナト
    里を見て回り、<汚穢>を駆除する“役目”を持つオーヴォー家の人間。