Dear CALL ─ディアコール─
第1〜3巻
群千キリ

前回までのあらすじ

ストーリー

 地図にも載らない小さな島「シナリオ島(アイランド)」。そこで暮らす少年のサンソは、幼少期から黒い犬のようなグットと白トラのムンと共に穏やかな日々を過ごしていた。


 ある日、本土から凛道という召喚士が現れ、グットの正体が人を襲う化物「黒魂(ブラックアニマ)」であると告げる。そして凛道が退治を強行すると、グットは本来の姿になり暴走してしまった。サンソはグットを救うため、凛道のいう「呼力(コールパワー)」を行使。覚醒し本来の姿となったムンを召喚し、グットをムンの中で保護することに成功した…。


 後日、サンソはムンが白トラではなくムーンライトと呼ばれる強力な召喚獣であると知る。そして、大切な友達であるグットとムンを守ると決意し、島から旅立つのであった…!!


 超巨大黒魂と共に現れた謎の黒魂・sis(シス)と戦うサンソ。そこへ、メグサスが救援に駆けつけた。一方、メグサスに同行していたヒネトは超巨大黒魂の討伐へ向かって…。


 メグサスとsisの戦闘を見つめるサンソだが、両者の余りに素早い動きについていくことができないでいた。一方のメグサスも攻撃を与えても手応えのないsisとスタミナ勝負になってしまうことを警戒し始める。そこで、メグサスはsisに確実な一撃を加え倒す作戦に出た。メグサスがsisの動きを止めたところにサンソが切りかかるのだが、sisに回避されてしまう。しかし、サンソと以心伝心したムンが背後から近寄り、不可避の一撃を与える。この攻撃で決着がついたように思えたが、敵の核には届かない。状況は延長戦の様相を呈すものの、sisが指を「パチン」と鳴らすと、他の仲間と戦っていた超巨大黒魂が突如自爆。この自爆により、サンソ・ヒネト・メグサス以外の全員が体中にアザを受け重傷となってしまった。敵は去ったものの被害は甚大。メグサスが治療にあたるのだが、オノガミ支部の設備では薬剤の調合が難しく…。


 仲間達の窮地に自身ができることを考えるサンソは、ムンやグットのアドバイスで黒山(ブラックマウンテン)へ薬草を取りに行くことにした。個別に黒山を目指していたヒネトと共にムンの背中に乗って目的地へ出発するのだが…!?

キャラクター紹介
  • サンソ
    召喚士の才を持つ少年。生後間もなく島に流れ着き、グット達に救われる。ムンとグットを友達として大切にしている。
  • ムン
    白トラの見た目をしており、幼き日のサンソに拾われる。ムーンライトと呼ばれる召喚獣で大きさと破壊力(パワー)は最強クラス。
  • グット
    黒い犬のような姿をしており、現在はムンの中に匿われている。その正体は人を襲う黒魂だと言われているが…?
  • 凛道
    (りんどう)
    本土の召喚士。黒魂の退治とムーンライト及びそれを呼べる召喚士探しをしており、サンソを召喚院に迎え入れる。ヴァースデイ召喚院の院長。
  • ヒネト
    ヴァースデイ召喚院で期待のルーキーと言われ、一目置かれる逸材。弟のアギトを大事にしている。しばしば自信家な一面を覗かせることも。
  • アギト
    双子として育てられた兄のヒネトのせいでよく他人に絡まれる。貧弱だが座学は得意。
  • ロギー
    両親と兄を黒魂に襲われ亡くす過去を持つ。エーデルワイスの召喚を目指していたが、同じ五彩召喚獣である桜盾の召喚に成功した。
  • テラス
    ロギーと同郷の出身。黒魂に村を襲われた。
  • R(アール)
    サンソ達のクラスメイト。古の地「ヴァ―タイト」出身でヒネトを敵視している。
  • メグサス
    サンソたちのクラスの担任。召喚院内の医療部門の長でもあり、戦闘にも秀でている。
  • 十返イサギ
    (とがえり いさぎ)
    オノガミ支部長。凛道やメグサス、ゴースと古くからの知り合い。
  • ゴース=ブラキル
    ヴァースデイ召喚士団の団長。大きな体と豪気な性格の持ち主。
  • マスター
    シナリオ島の長。カフェを営んでおり、シナリオ島の相互不干渉を重んじている。