片翼のミケランジェロ 伊藤砂務

前回までのあらすじ

ストーリー

 1488年…後にルネサンスと呼ばれる時代。イタリアのフィレンツェに若き日のミケランジェロはいた。彼は当時の時世では地位が低く見られていた絵画や彫刻…手先の技術で一から何かをつくり出す「職人」に対して憧れを抱いていた。しかし裕福な身の上の彼は、父の決めた将来を拒めず、職人への道は閉ざされていた。そんなある日、彼に才能を見出した工房主のギルランダイオから弟子にと声をかけられる。後に「巨匠」とまで称される芸術家・ミケランジェロとしての人生が、今始まる――!!


 「試験」で実力を認められたミケランジェロは、助手への昇進が決まり充実した毎日を過ごす中、赴いた別の工房で見た絵に驚嘆する。その絵は、工房の弟子が描いた物であり、工房主はその出来を前に筆を折ったという…その弟子の名は「レオナルド・ダ・ヴィンチ」。


 その頃、レオナルドはフィレンツェから遠く離れたミラノにいた。「職人」としては失格という烙印を押されたレオナルドは歌声の才能と軍事技術提供で公国君主に取り入っていた。しかし「職人」としての側面も持つレオナルドが君主に気に入られるのを快く思わない宮廷画家のファビオに嫌味を言われる。だが、レオナルドは逆にファビオに取り入り、気を良くしたファビオは、自身の新作お披露目会の手伝いをレオナルドに持ちかける。


 お披露目会当日、ファビオの新作を見に来た人々が称賛したのは、勝手に置かれたレオナルドの絵画であった。怒るファビオをよそに、レオナルドは自分が描いたと公表するつもりは無く、ただ純粋に大勢の反応が見たかっただけだと語る。レオナルドにとって作品作りはこの世の全てを解き明かし自分の探求心を満たすための行為でしかないのだ。職人として勝るファビオだが、その心はレオナルドの作品に対し圧倒的敗北感で埋め尽くされていた。


 自由に探求を進めるレオナルド…だが、その心はどこか退屈感を感じていた。一方でミケランジェロは、レオナルドの残した絵の真髄が、彼の様々な視点からの知見に裏打ちされた表現にこそあるのだと汲み取り、彼が知り、自分がまだ知らない境地を悟る。周りに理解されない彼を理解し、超えることを目標にミケランジェロは一層作品作りに打ち込む。


 そして7年後のミラノ。そこにはレオナルドを捜すミケランジェロの姿があった―――。

キャラクター紹介
  • ミケランジェロ
    裕福な家に生まれるも、一から何かを生み出す「職人」に憧れる青年。隠れて絵を描き続ける中で、ギルランダイオに声をかけられ工房に弟子入りすることに。
  • ギルランダイオ
    フィレンツェの人気画家。街で工房を構える職人で、ミケランジェロを弟子にとる。
  • ルカ
    ミケランジェロの学友で、彼を気に掛ける。
  • フランチェスコ
    ギルランダイオに師事する職人。ミケランジェロが隠れて絵を描いていた頃から、彼を何かと手助けしていた。
  • ロメオ
    ギルランダイオの弟子で、歳の近いミケランジェロに、先輩として色々工房の仕事を教える。ある出来事から工房という“協力する場”を人一倍大切に思っている。
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ
    ルネサンスを代表するもう一人の天才。様々な分野の知識や才能に長け、多方面の知見から成り立つ作品は破格の存在感を放つ。本人にとって作品作りは、この世の全てを解き明かす、探求心を満たす行為だと言う。