片翼のミケランジェロ 伊藤砂務

前回までのあらすじ

ストーリー

 1488年…後にルネサンスと呼ばれる時代。イタリアのフィレンツェに若き日のミケランジェロはいた。彼は当時の時世では地位が低く見られていた絵画や彫刻…手先の技術で一から何かをつくり出す「職人」に対して憧れを抱いていた。しかし裕福な身の上の彼は、父の決めた将来を拒めず、職人への道は閉ざされていた。


 ミケランジェロは、日夜様々な工房を外から覗き、時折密かに、街の壁へ作品を描く生活を送っていた。ミケランジェロが正体を隠し描く絵はどれも素晴らしく、人々の間では「謎の天才職人」と呼ばれ始めていた。
 そんな中、ギルランダイオ工房の職人・マルコが「謎の天才職人」は自分だと名乗り出て、ショックを受けるミケランジェロ。彼は自分の絵を取られたことよりも、自分の憧れる職人の一人だったマルコが、自身の積み上げた誇りとも言える技術や、職人としての歴史を捨てたことが許せなかった。そこでミケランジェロは、隠れて絵を描き続けたことは職人になれないと諦めた結果の行動であり、それによって今回のことが起こったのなら、もう逃げず、堂々と自分、ミケランジェロの作品として絵を描き、マルコを改心させると誓う。


 公衆の面前で絵を描き上げるミケランジェロ。そこへ駆けつけたマルコは、人々を惑わせる悪魔を大天使ミカエルが退治する見事な絵を目の当たりにする。その悪魔はまさに、マルコの心の弱さを表しているようだった。模写が得意で、妥協無く取り組む姿を見ていたうえで、そんな職人としてのプライドを捨てたマルコへ、怒りをぶつけるミケランジェロ。マルコは自身の行いを恥じ、心からの謝罪をするのだった。


 そんな中、一部始終を見ていたギルランダイオから、ミケランジェロを弟子にと声をかけられる。戸惑うミケランジェロだったが、ギルランダイオから、マルコの人生を絵で変えたミケランジェロはもう、誰かの人生を変え得る作品を生み出せる立派な「職人」なのだと激励を受け、ミケランジェロは弟子入りを決めるのだった…!!  

キャラクター紹介
  • ミケランジェロ
    裕福な家に生まれるも、一から何かを生み出す「職人」に憧れる青年。隠れて絵を描き続ける中で、ギルランダイオに声をかけられ工房に弟子入りすることに。
  • ギルランダイオ
    フィレンツェの人気画家。街で工房を構える職人で、ミケランジェロを弟子にとる。
  • ルカ
    ミケランジェロの学友で、彼を気に掛ける。
  • フランチェスコ
    ギルランダイオに師事する職人。ミケランジェロが隠れて絵を描いていた頃から、彼を何かと手助けしていた。