乙女のはらわた星の色 いしとゆうら

前回までのあらすじ

ストーリー

 20年前地球に降り立った異星人、ウェーヴェ人の目的は、地球人との侵略的婚活であった……。ウェーヴェ人は異種族との交雑により、能力の多様性を獲得してきた星人であり、地球でもそれを目的にやってきていた。

 ゲンは国政のトップに上りつめ、そんなウェーヴェ人から「純血の地球人」を保護することを目的に、ウェーヴェ人により設立されたエリート校「森陵学園」に入学した。しかし森陵学園は異星人同士の異性交遊を奨励しており、世間では「婚活学園」と言われている。


 ゲンは操を守り続けることができるのか……!?


 新たな倶楽部を新設すると言い放つゲン。しかし、ゲンが倶楽部の新設に相応しい人物かを見極めるため、翠嵐会の会長・クナキオの提案する「一時間以内に100人分の唾液を集める」というテストが課されることに。


 5本の唾液採取機をフル活用すべく、ゲンはミリカ、キゥリプ、ミツヨシの力を借りることに。しかしタレラは、ゲンが倶楽部を新設し総代になれば、行き着く先は地球人保護政策の実現ということになり、ウェーヴェ人のタレラとの未来が捨てられてしまうため、協力はできないと断った。


 ゲン達は、ゲン自身の人気を武器に続々と唾液を採取。順調にことを運ぶも、クナキオの「ゲンは重度の唾液フェチ」というデマにより妨害を受けてしまう。一方、悩むタレラの前には真鶴が現れる。ゲンの思想と性格の矛盾に戸惑うタレラに、真鶴は攻め続けることと意地を張らないことをアドバイスするのだった。


 あと一人分の唾液が足りない中、ゲンの前に現れたタレラが唾液採取機を咥え、テストを無事クリア。そして、「友玄会」を発足させるが、クナキオは不敵な笑みを浮かべて…!?

キャラクター紹介
  • ゲン
    地球人を守ることを目的に森陵学園に入学する。ウェーヴェ星人との恋愛には懐疑的。
  • ミツヨシ
    ゲンの同級生で友人。
  • ミリカ
    ウェーヴェ星人。他人を好きになると発火する能力がある。
  • タレラ
    ウェーヴェ星人。ケモミミと尻尾が生えている。
  • キゥリプ
    ウェーヴェ星人。触れた相手の快楽中枢を操作する能力を持つ。
  • ミロミィ
    ウェーヴェ星人。小手毬会所属の二年生。口調とハリセンが特徴。
  • スゥヴィ
    ウェーヴェ星人。小手毬会所属。催眠波動を操る。
  • 大間々町 真鶴
    (おおまままち まなづる)
    学内警察活動を行う倶楽部・小手毬会の会長。
  • クナキオ
    様々な事件を引き起こす悪名高い倶楽部・翠嵐会の会長。
  • 強羅浩嗣
    (ごうら ひろつぐ)
    筋骨隆々な翠嵐会の副会長。翠嵐会の力で美少女の姿になることも。