乙女のはらわた星の色 いしとゆうら

前回までのあらすじ

ストーリー

 20年前地球に降り立った異星人、ウェーヴェ人の目的は、地球人との侵略的婚活であった……。ウェーヴェ人は異種族との交雑により、能力の多様性を獲得してきた星人であり、地球でもそれを目的にやってきていた。

 ゲンは国政のトップに上りつめ、そんなウェーヴェ人から「純血の地球人」を保護することを目的に、ウェーヴェ人により設立されたエリート校「森陵学園」に入学した。しかし森陵学園は異星人同士の異性交遊を奨励しており、世間では「婚活学園」と言われている。


 ゲンは操を守り続けることができるのか……!?


 ボロボロの虫小屋を改修し、友玄会の部室を完成させたゲン達は、今後の運営を円滑に行うため役職を決めることにした。ゲンが会長になるが、副会長にはミリカ、タレラ、キゥリプが立候補し、一触即発の状況となってしまう。


 副会長を直接指名することは避け、運が重要だとして、最終的にミツヨシからゲンを含めて野球拳で争うことが提案された。ゲンのおちんちん画像を持つキゥリプが難色を示すも、生でおちんちんが見たいと言い出し、ミリカ、タレラ、キゥリプの3人が賛同した。


 ノリノリの3人に対し、戸惑うゲンはジャンケンに連敗。あっという間にパンツ1枚になってしまった。そこで、「最後まで残った勝者の言うことを何でもひとつ聞く」と言う条件を提示し、ハンデを取り付ける。そこからゲンは怒涛の連勝を見せ、なんと野球拳に勝利。ところが、ゲンのちんちんが見たい3人は我慢ができず実力行使に出始めてしまう。ゲンに抱きつく3人だが、興奮したミリカの発火の能力が発動し、部室は全焼してしまった。


 小手毬会のミロミィから注意を受ける友玄会の面々だったが、キゥリプの持つゲンのおちんぽ画像での秘密の取引により、建材と人材を手にし、部室は再建されるのであった…。

キャラクター紹介
  • ゲン
    地球人を守ることを目的に森陵学園に入学する。ウェーヴェ星人との恋愛には懐疑的。
  • ミツヨシ
    ゲンの同級生で友人。
  • ミリカ
    ウェーヴェ星人。他人を好きになると発火する能力がある。
  • タレラ
    ウェーヴェ星人。ケモミミと尻尾が生えている。
  • キゥリプ
    ウェーヴェ星人。触れた相手の快楽中枢を操作する能力を持つ。
  • ミロミィ
    ウェーヴェ星人。小手毬会所属の二年生。口調とハリセンが特徴。
  • スゥヴィ
    ウェーヴェ星人。小手毬会所属。催眠波動を操る。
  • 大間々町 真鶴
    (おおまままち まなづる)
    学内警察活動を行う倶楽部・小手毬会の会長。
  • クナキオ
    様々な事件を引き起こす悪名高い倶楽部・翠嵐会の会長。
  • 強羅浩嗣
    (ごうら ひろつぐ)
    筋骨隆々な翠嵐会の副会長。翠嵐会の力で美少女の姿になることも。