双星の陰陽師 助野嘉昭

『双星の陰陽師 天縁若虎〜二色滑稽画〜』発売記念PV
  • 前回までのあらすじ

    ストーリー

     元来、地上に存在する悪霊とは違い、“禍野(まがの)”と呼ばれる異世界から こちらの世界に抜け出してくる化け物“ケガレ”を祓い、清めるのが陰陽師の使命…。ろくろは陰陽頭から紅緒と自分が最強の陰陽師の夫婦「双星の陰陽師」であると告げられる。二人の子供が「神子」となり、禍野に終焉をもたらすという。戦う日々の中で、ろくろと紅緒の間には絆が生まれるが…!?


     紅緒の兄・悠斗は仲間たちをケガレ堕ちさせるという禁忌を繰り返し、全陰陽師の敵に!! 戦いの最前線・土御門島では討伐作戦が計画され、ろくろは紅緒と共に、悠斗を自分の手で倒すことを決意する。その作戦に参加するには、「星(聖)将六十四家」に当たる上位家系の一員となる必要が。しかし、ろくろは上位家系には属さず、廃墟と化した紅緒の生家を焔魔堂家とし、当主となる道を選ぶ。“波達羅盈城御前試合”で結果を残したろくろは、ついに悠斗討伐作戦に参加することになり!?


     討伐作戦により、多くの陰陽師達が禍野へ。各階層でバラバラになった彼らは、悠斗や婆娑羅達に遭遇し苦戦を強いられる。そんな中、婆娑羅二位・無悪により白大鳥居の結界が破られ大量のケガレが現(ウツツ)に。半日もすれば土御門島は消滅するという状況に陥ってしまう。陰陽頭・土御門有馬は、状況を打破するために禁忌であるケガレ堕ちを決行。それまでの戦いで生命の危機にあったが巻き返し、無悪を倒す。その後、術者消失により現へのゲートが消失、移動していたケガレも消滅する。有馬は父として、息子・有主を護るため最期の使命を果たす――!!

    キャラクター紹介
    • 焔魔堂 ろくろ
      (えんまどう ろくろ)
      陰陽師候補生がケガレ堕ちした事件“雛月の悲劇”の生き残り。ケガレ堕ちに打ち勝ち、その手に強い力を手に入れた。仲間を救えなかったことを悔み、陰陽師に なることを拒んでいたが、紅緒と共に戦う決心をする。
    • 化野 紅緒
      (あだしの べにお)
      代々有名な陰陽師を輩出してきた家系の娘。禍野に直接入ってケガレ祓いをすることができる。話せるケガレ・婆娑羅によって両親を殺された過去が。敵を討つため強くなろうと努力している。
    • 椥辻 亮悟
      (なぎつじ りょうご)
      悲劇の前のろくろを知る、星火寮の住人。ろくろの才能を買い、ケガレ祓いをさぼりまくる彼を、陰陽師にすることに執着している。
    • 土御門 有馬
      (つちみかど ありま)
      総覇陰陽連のトップで、全ての陰陽師を統べる陰陽頭。千年もの間、神子が現れるのを待っていた。いつもテンションが高い。
    • 神威
      (かむい)
      婆娑羅と呼ばれる人の言葉を話すケガレの一人で、紅緒の両親の仇。ケガレでありながら一介のケガレの強さをはるかに上回る。強い敵との決死の戦いを好み、紅緒にケガレの体を与える。
    • 天若 繭良
      (あまわか まゆら)
      ろくろの幼馴染。運動音痴だが呪力だけなら亮悟より強く、お守りがないとケガレに狙われやすい。ろくろ、紅緒と共に戦いたいと、陰陽師の修行を。
    • 天若 清弦
      (あまわか せいげん)
      繭良の父親で、ろくろの師匠。凶将“白虎”の名を冠する最強最高ランクの陰陽師・十二天将の一人だったが、悠斗との戦いで片腕を失い除籍される。
    • 石鏡 悠斗
      (いじか ゆうと)
      化野家に生まれ、両親の死を機に石鏡家に引き取られた、紅緒の兄。本音を隠し、他人を欺いていたため、ろくろと友達だった。仲間をケガレ堕ちさせ“雛月の悲劇”を起こしたことで、陰陽師の敵に。
    • 斑鳩 士門
      (いかるが しもん)
      十二天将の一人で“朱雀”と呼ばれる。11歳で陰陽師の術をマスターし、12歳で小隊長のランクに。その後、14歳で最高ランク十二天将に上り詰めた天才。ろくろの2歳年上。
    • 斑鳩 小夜
      (いかるが さよ)
      斑鳩家本家の嫡子で、安倍晴明の母・葛の葉を呪護者(守護霊)に持つ11歳。呪力の本質や、陰陽師の呪護者を見通す力がある。ろくろを王子様と慕う。
    • 土御門 有主
      (つちみかど ありもり)
      通称・ありす。土御門家嫡男で、次期陰陽頭候補。父・有馬と比べられ、誰にも認めてもらえないことを悩んでいたが、どんな逆境にも立ち向かうろくろに感化され、焔魔堂家の傘下に入る。
    関連特集
    • お疲れ様トーク完全版