Thisコミュニケーション 六内円栄

スペシャルPV
  • 前回までのあらすじ

    ストーリー

     20世紀後半、突如地球に湧いた謎の生命体「イペリット」。人類にとって代わろうとする彼らが地上に充満させた有害なガスにより、人類は滅ぼされてしまった。


     そして時は21世紀。ガスの届かない雪山に、薬物により強化され不死身となった兵士・「ハントレス(女狩人)」を造る極秘の研究施設が存在していた。力に驕る彼女たち6人の前に現れたのは元軍人のデルウハ。力を見せつけハントレスの隊長となったデルウハと超人少女たちとの駆け引きが始まろうとしていた…。


     ハントレスの研究所では、職員たちはそれぞれ自分の臓器のコピーを保管していた。それはデルウハも例外ではなく、そのことを知っていた吉永はデルウハのコピーした脳を盗む。戦略だけを借りる目的で、その脳の一部だけを二本足のイペリットに移植した吉永だったが、“デルウハの合理的な思考”を持ってしまったイペリットが“最悪な頭脳”のそんな中途半端な使い方を許すはずもなく、吉永のコントロールを離れ暴走。デルウハの脳全てを取り込み「デルウハの脳を持ったイペリット」が誕生してしまう。


     イペリットはデルウハの姿を模し、偽デルウハとなって本物のデルウハとハントレスを襲う。戦闘の中、本物のデルウハはハントレスたちを置き去りに逃走。ハントレスたちも敗走し、散り散りになってしまう。


     デルウハの行方がわからない中8時間が過ぎた。偽物のデルウハに、なぜか身体の一部を切り落とされた状態で放置されたハントレスたちは合流を始める。全員で状況整理をしていく中で、いちこが過去にデルウハが“デルウハ対デルウハ”の戦いが起こることを想定しているかのような発言があったことを思い出す。不安だったハントレスたちはデルウハの逃走も含め彼の作戦であると確信し、気を取り直す。


     そんなハントレスたちの前に、偽物のデルウハが堂々と姿を現し――!?  

    キャラクター紹介
    • デルウハ
      雪山で「よみ」に保護された元軍人。合理的な性格で、指揮官時代は「悪魔」と呼ばれ、隊の秩序と己の保身のためなら平気で味方を殺していた。現在は「ハントレス」の指揮官となるが…。
    • よみ
      4番目のハントレス。イペリットを一人でなぎ倒すだけの力があるが、それ故自分より弱いと判断した者たちに横柄な態度をとる。
    • いちこ
      1番目のハントレス。真面目な性格で、妹たちを思い、助言をするが自分を臆病者呼ばわりする彼女らに嫌悪感を抱いている。
    • にこ
      2番目のハントレス。明るくお調子者な性格だが、よみを煽るなど攻撃的な発言をすることもある。
    • いつか
      5番目のハントレス。気難しいよみにも寄り添い続ける人情深い性格。ハントレスの再生能力をある程度自分の意志で操れる。
    • みち
      3番目のハントレス。他人に干渉しない性格だが、意外にもかわいいものが好き。ハントレス内で唯一研究所内の家族と親交がある。
    • むつ
      6番目のハントレス。自信がなく内気な性格だが、デルウハのように効率的な考え方をしている。勘も鋭い。
    • 吉永
      研究所で教会の神父をしていた。稀に使えるテレパシーの力でデルウハの秘密を暴くが、デルウハに大砲で殺された後、異形のイペリットとして復活する。
    • 所長
      「ハントレス」を造った研究所の所長。デルウハの合理的すぎる考えに圧倒されつつも、その軍事的指導力を買い、彼を「ハントレス」の指導役に雇う。
    • オスカー
      デルウハと同じ元軍人。デルウハに撃ち殺されてイペリットに捕食された後、異形のイペリットになってしまった。デルウハを非常に恨んでいる。実は女性。
    • 美坊子
      イペリットを鎮めるため人柱を繰り返し自滅した、犀の村の元僧侶。吉永の能力で人付きのイペリットとして蘇る。