Thisコミュニケーション 六内円栄

前回までのあらすじ

ストーリー

 20世紀後半、突如地球に湧いた謎の生命体「イペリット」。人類にとって代わろうとする彼らが地上に充満させた有害なガスにより、人類は滅ぼされてしまった。

 そして時は21世紀。ガスの届かない雪山に、薬物により強化され不死身となった兵士・「ハントレス(女狩人)」を造る極秘の研究施設が存在していた。力に驕る彼女たち6人の前に現れたのは元軍人のデルウハ。力を見せつけハントレスの隊長となったデルウハと超人少女たちとの頭脳戦が始まろうとしていた…。


 新型イペリットの襲撃に遭う中デルウハは、本来自分がよみの信頼を得るために言うべき言葉「お前がいて良かった」をいつかに言われてしまったため雪山での出来事をリセットすることに。まずは爆弾を爆破させ雪崩を起こし敵を崖下に落とす作戦を実行するが、雪崩を起こすのに失敗してしまう。そんな中いつかは自身の腕力で雪山を叩き、雪崩を起こし敵を落とすことに成功するが自身も雪崩の犠牲になってしまう。彼女の生存が不明の中デルウハはひとまずよみを殺害。しかし時間差で発生した雪崩がデルウハの背後を襲う…‼


 目を覚ましたデルウハはいつかの生死を確認しに行くはずが自身の体温低下により、身動きが取れない状況に。そんな中再生を始めていたよみの血に異変が起きていることに気付く。なんと再生中のハントレスの血は体温を維持するために熱を持っていたのだ。その血を浴び、体を温めたデルウハはいつかの生存を確認し殺害する。


 目的を果たしたデルウハはよみに「お前がいて良かった」と伝える。いつかとのやりとりを忘れたよみにとって初めて自分を必要としてくれたデルウハは誰より寄り添える存在となり…!?

キャラクター紹介
  • デルウハ
    雪山で「よみ」に保護された元軍人。合理的な性格で、指揮官時代は「悪魔」と呼ばれ、隊の秩序と己の保身のためなら平気で味方を殺していた。現在は「ハントレス」の指揮官となるが…。
  • よみ
    4番目のハントレス。イペリットを一人でなぎ倒すだけの力があるが、それ故自分より弱いと判断した者たちに横柄な態度をとる。
  • いちこ
    1番目のハントレス。真面目な性格で、妹たちを思い、助言をするが自分を臆病者呼ばわりする彼女らに嫌悪感を抱いている。
  • にこ
    2番目のハントレス。明るくお調子者な性格だが、よみを煽るなど攻撃的な発言をすることもある。
  • いつか
    5番目のハントレス。気難しいよみにも寄り添い続ける人情深い性格。ハントレスの再生能力をある程度自分の意志で操れる。
  • みち
    3番目のハントレス。他人に干渉しない性格だが、意外にもかわいいものが好き。ハントレス内で唯一研究所内の家族と親交がある。
  • むつ
    自信がなく内気な性格だが、デルウハのように効率的な考え方をしている。勘も鋭い。
  • 吉永
    研究所の一層で教会の神父をしている。布教活動に熱心だが、そのせいで周りの研究者たちに変わり者扱いされている。
  • 所長
    「ハントレス」を造った研究所の所長。デルウハの合理的すぎる考えに圧倒されつつも、その軍事的指導力を買い、彼を「ハントレス」の指導役に雇う。