るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編- 和月伸宏 ストーリー協力:黒碕薫

実写映画 最終章公開!
  • 前回までのあらすじ

    ストーリー

     明治十六年。剣心が不殺を誓った流浪人として東京に流れ着いて5年。神谷道場に、剣心の宿敵・志々雄の遺刀「無限刃」を継ぐ青年・明日郎と、白人との混血児・阿爛、更に謎の女・旭を道場に迎え、かくも平穏な日々を過ごしていた。
     そんな中、西南戦争で死んだはずの薫の父・越路郎が北海道・函館で生きていることが判明。剣心と薫は越路郎を迎えに函館に行く事を決める。


     左之助は劍客兵器・於野冨鷹(オノ トミタカ)と一騎打ちをするが、その圧倒的な力の前に大ダメージを受ける。
     左之助は、その実力を認めた於野から劍客兵器へ誘われる。左之助がかつて現政府に処断された赤報隊にゆかりがあるところから「明治政府を良く思っていない」という点は劍客兵器と同じであると言う於野。しかし左之助は、対世界戦争という「正義」を御旗に実検戦闘という悪業暴挙を誤魔化す劍客兵器こそ自分の嫌いな「明治政府」と同じであると断じ、勧誘を断るのだった。


     互いに死力を尽くした打ち合いが始まる。至極の技がぶつかり合う刹那、左之助が「二重の極み」に「旋拳」を加えることで新たな技の境地に達し、於野の「赫力裂斧掌」を打ち砕く。


     自身の「赫力」による消耗も相まって疲弊する於野は、猛者たる左之助に劍客兵器として共に残酷な世界と戦う責務があると迫る。それでも左之助は断る。その目で残酷な世界を実際に目にしてきていたからだ。左之助が望むのは「戦争」や「闘争」でなく、あくまで「喧嘩」…それは泰平な世でしか楽しめないのだと悟ったのだ。


     そんな左之助が於野へ向ける最後の手は、やり方を変え話し合いの余地を作るという落としどころと、世界共通の喧嘩の締め方「握手」を差し伸べる手であった―――。

    キャラクター紹介
    • 緋村 剣心
      (ひむら けんしん)
      古流剣術「飛天御剣流」の使い手にして、「人斬り抜刀斎」と恐れられた幕末最強の剣客。明治に入り、「不殺」を誓う流浪人となる。流れ着いた「神谷活心流」の道場に身を寄せ過ごす中、様々な苦難を乗り越えた末、過去を乗り越え薫と結ばれる。「逆刃刀」を弥彦に託した今も、刀を模した杖「倭杖」を手に困窮している人の為に剣を振るっている。
    • 緋村 薫
      (ひむら かおる)
      旧姓「神谷」。父から継いだ「神谷活心流」道場の師範。剣心と共に様々な修羅場を潜り抜けた末、剣心と結ばれる。
    • 緋村 剣路
      (ひむら けんじ)
      剣心と薫の間に産まれた男児。
    • 明神 弥彦
      (みょうじん やひこ)
      「神谷活心流」入門5年目で、今や師範代に。強気、生意気、負けん気は相変わらず。
    • 長谷川 明日郎
      (はせがわ あしたろう)
      「悪太郎」という名で、「志々雄一派」の下っ端をやっていた。一派崩壊の混乱時、志々雄の遺刀「無限刃」を入手。激情に任せて動く性格。「神谷活心流」道場に住み込みの門下生になるにあたり、読みが同じ「明日郎」と改名する。また、無銭飲食で前科一犯になるほど食べることへの執着が強い。
    • 井上 阿爛
      (いのうえ あらん)
      父親が白人、母親が日本人の混血児で、密航未遂の前科一犯。縁あって明日郎と共に「神谷活心流」の道場に住み込みの門下生となる。自称「文明開化の申し子」。
    • 久保田 旭
      (くぼた あさひ)
      戦災孤児だったところを派兵稼業の組織「郷」に拾われ、派兵の人材として育てられる。派兵稼業から足を洗おうとするが失敗し、また任務に駆り出されそうになったところを明日郎に救われる。今は身分を隠し神谷道場に身を寄せる。
    関連特集
    • 「25周年記念 るろうに剣心展」新会期決定のお知らせ