アントレース 原作:かっぴー 漫画:春瀬 隼

前回までのあらすじ
ストーリー

 人々が流行の服を、安く気軽に追い求めるファストファッションの時代。ファッションの世界は新しい革命を待望していた――。


 「テーラー テシロギ」の娘・手代木ユウナは服をつくることが大好き。しかし、ファストファッションの時代ゆえ、店の経営は厳しく、父に店は自分の代で畳むと言われていた。それでもユウナは服づくりへの想いを諦めず、岸服装学園(FUK)に入学。アキラ、健人と共に学園最大のファッションショー「ブラックランウェイ」に挑む――!!



 ユウナ達選抜組はブラックランウェイに出場するモデル達との懇親会に参加する。他のショーとは異なり、実力的に優位なプロ経験のあるモデルがデザイナーを選ぶため、懇親会はモデルがデザイナーを品定めする場でもあった。そうとは知らずに自分を売り込む機会をふいにしたユウナ。モデルオーディションでは懇親会で唯一親しくなった沙良に的を絞ったかわいらしいデザインの服をつくるが、選ばれることはなかった。次に作品を着た杏子には「この服は独りよがりのラブレター」と酷評されビリビリに破かれてしまう。だが、杏子の我の強さを知るアキラは破られることを前提にデザインしていた。アキラに興味を持った杏子がモデルとしてチームに加わることになり――!!

キャラクター紹介
  • 手代木 ユウナ
    (てしろぎ ゆうな)
    「テーラー テシロギ」の娘。服をつくることが大好き。父からは店は継がせないと言われている。FUK・パターン学科1年。「ブラックチャーム」選抜組。
  • 宮部 健人
    (みやべ たけと)
    ユウナの幼馴染。義兄は大手ファッションブランド・テンペストの社員。姉の結婚式で着用するスーツをユウナに作ってもらった。FUK・写真学科1年。「ブラックチャーム」選抜組。
  • 窪塚 嵐
    (くぼづか あらし)
    テンペスト代表。ファッションデザイナー。アキラの父。アキラを後継者にしようと考えている。
  • 窪塚 アキラ
    (くぼづか あきら)
    テンペスト代表の息子。FUK・デザイン学科1年。
  • ユウナの父
    「テーラー テシロギ」の店主。ファストファッションの時代に店を自分の代で終わらせようと考えている。服づくりの厳しさをユウナに教えてきた。
  • 岸 アンナ
    (きし あんな)
     アジア最大のファッションの名門、岸服装学園(FUK)・学園長。ファッションデザイナー。
  • 馬場 美佳
    (ばば みか)
    FUK・デザイン学科1年。人気インスタグラマー“ばばみ”。
  • 早乙女 ガイア
    (さおとめ がいあ)
    FUK・デザイン学科1年。「ブラックチャーム」選抜組。
  • 太郎田 杏子
    (たろうだ あんこ)
    FUK・モデル学科1年。テンペストのオーディションに受かったにも関わらず、窪塚 嵐と大喧嘩し降板した過去が。
関連ページ