プラチナエンド 原作/大場つぐみ 漫画/小畑 健

前回までのあらすじ

ストーリー

 幼い頃に事故で家族を失い、引き取られた親戚から虐待を受けて育った架橋明日。人生に絶望した明日は自殺を図るも、謎の天使ナッセに命を救われるとともに、誰よりも早く好きな場所へ行ける能力「天使の翼」、33日間人を魅了することのできる能力「赤の矢」、百発百中で人を死なせる能力「白の矢」を授けられる。天使の力で親戚の呪縛から逃れ、生きる気力を取り戻した明日だったが、「同様に力を与えられた13人の候補の中から神を決める」と告げられて…!?


 最後の一人を呼び出すにあたり、協力関係の5人のうちで誰を神にするかを決めておこうと話し合いが始まる。そこで疑問が上がった「神とは何か」ということ。

 そこで中海の天使・オガロは非公開情報で降格の恐れもある中で、神が決まった後のこと、神とは何かを語り出す。


 神が決まった後、神選びはなかったことにでき、その上で元候補者には翼と矢を残すことも奪うことも可能。そして神となった者は白の矢、赤の矢に制限がなくなり、全人類を意のままに動かせ、人類を終わらすことさえ可能な存在となると語る。しかも、神となった者は天界へと昇り天使たちと共に人類を見守ることになると言う。


 明日が生きるのを選んだ理由は“この世界で”幸せになるためだった。ほかにも神になっても地上にいられないことへの不満があがる中、この世に未練の無い中海が神に立候補する。

 多数決に移り、矢は取り上げるべきと語る明日と違い、欲する者からは取り上げないと語った中海に手毬が賛同。更に咲も、弱い立場の人の気持ちを考えられるという理由で中海に賛同。結果、自身を含め過半数をとった中海が5人の総意の神に決定した。


 しかし、自身の候補者が総意の神となる中、オガロは不安を漏らす。最後の一人につく天使は、破壊を司る特級天使・ムニであり、必ず破壊をもたらすのだと言うが…!?                                          

キャラクター紹介
  • 架橋 明日
    (かけはし ミライ)
    ナッセにより「天使の翼」と「天使の矢」の能力を得た少年。人生に絶望し自殺を図るが、ナッセに助けられ生きて幸せになることを決意する。
  • ナッセ
    明日を助け、生きて幸せになることを説く特級天使。天界にて次世代の神を決定する13人の天使のひとりに選ばれる。
  • 花籠 咲
    (はなかご さき)
    明日の幼なじみで想い人であり、同級生。神候補のひとりで、明日に赤の矢を刺す。
  • ルベル
    咲を助ける2級天使。悪知恵の天使と呼ばれている。
  • 生流 奏(うりゅう かなで)=
    メトロポリマン
    「天使の翼」と「天使の矢」の能力を持つ神候補の高校生。正義のヒーロー、メトロポリマンのスーツを着て犯罪者を裁く一方、他の12人の神候補を倒すと宣言した。
  • 六階堂 七斗
    (むかいどう ななと)
    末期癌を患う神候補のひとり。家族の未来を案じ、メトロポリマンを倒すことを誓う。最期はメトロポリマンと刺し違え、命を落とす。
  • 結糸 向
    (ゆいと ススム)
    漠然と将来の不安を抱える小学6年生。遊戯の天使・ペネマと出会い神候補となる。世界に神候補の存在を知らせ、皆で神を選ぼうと呼びかける。
  • 中海修滋
    (なかうみ しゅうじ)
    闇の天使・オガロに選ばれた神候補。赤の矢を使い、自殺したいのに実行する勇気がない人の後押しをして過ごしていた。自身の不幸の経験から、他人に迷惑をかけることには敏感。

  • (ほし)
    警察上層部から神候補の捜査を任された刑事。神候補確保の命令が間違っていると感じ、同僚であり婚約者の弓木と共に、密かに神候補保護のため動く。明日とは協力関係にある。