募集要項 クラウン新人漫画賞発表 出張編集部 美大芸大キャラバン 持ち込み募集
  • 第1回
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 第7回
  • 第8回
  • 第9回
  • 第10回
  • 第11回
  • 第12回
  • 第13回
  • 第14回
  • 第15回
  • 第16回
  • 第17回
  • 第18回
  • 第19回
  • 第20回
  • 第21回
  • 第22回
  • 第23回
  • 第24回
  • 第25回
  • 第26回
  • 第27回
  • 第28回
  • 第29回
  • 第30回
  • 第31回
  • 第32回
  • 第33回
  • 第34回
  • 第35回
  • 第36回
  • 16年3月期
  • 16年4月期
  • 16年5月期
  • 16年6月期
  • 16年7月期
  • 16年8月期
  • 16年9月期
  • 16年10月期
  • 16年11月期
  • 16年12月期
  • 17年1月期


粒ぞろい。全て基本的な部分が備わった作品ばかりで非常に楽しめました。 後もう少し手を入れれば即戦力でプロとしてやれる作品も、才能爆発でこれからが超楽しみな作品もあり、漫画ってやっぱり良いなあと思わされました。程なく皆さん誌面で活躍されていく事でしょう。さて、今回もファンタジーものが多かったのですが、やはり夢を描くには現実を踏まえるのがマストだと思いました。より良質な夢を描く為には、現実をよく観察しそこから抽出したエッセンスを注入ましょう。それこそが読者を引き込む夢想への扉の鍵なのです。


佳作

    昼は学生、夜は極秘機関のシフト制エージェントとして活動する15歳の少女・ロビン。相棒の鳶鷹とともに、世界を危機に陥れるテロリスト・ゲイリー・ゲーマー・Jr.に立ち向かう彼女だが、学生とスパイの二重生活に悩み…!?

    衝撃を受けました。素晴らしいドライブ感。弾む画、踊る言葉、この人にしか出せないものが紙の上から溢れ出てきます。何よりも作者が楽しんでいるのが怒涛のごとく伝わってきてこちらまで高揚します。この凄まじいグルーヴの竜巻を必死になって取り除いて作品の骨格を見ると、若干独りよがりな演出や作劇的にもう少しの部分があるにはあるので、そこは整理していかなければならないとは思いますが、このエモーションで突っ走る感じを一ミリも刈り込まないで大成していって欲しいというのが本音です。個人的にはこの人の描く『マカロニほうれん荘』みたいのが読みたいなあ。リズム&キュート&ナンセンス…!!

    とにかく絵が上手い。話にも勢いがあって一気に読まされるし、キャラを作ろうという意識もよい。反面、見づらい、読みづらい部分も多いので、尖りを残しつつ、より多くの人にわかる作品を目指してほしい。また、要素も多いので引き算を。

審査員特別賞

    戦乱の世界にあって、唯一平和を保つ角継族の国。天才技師・オーウェンを兄に持つロイは、兄の死を契機に国の真実を知り…!?

    困った。特に言う事がありません。今まで何作も投稿作品を拝見してきましたが、ここまで世界を構築しそれを見事に描写してみせているものにはなかなかお目にかかれませんですね。手早い導入、物語を前に進める手際の良さ、ハッとさせるフックの配置、画もそれをしっかり伝えきる力があります。足りないものがほぼ無いと言える作品です。最初からレベルが高いのでここから先は贅沢な注文の領域だと思いますが、敢えて突っ込みどころがあるとすればこう簡単に戦争って終わるものなのかとか、技術を持った価値の高い小国は大国が再優先で侵攻対象となり取り合いになるのではないか、とか、そういう描写力に呼応して要求が上げられてしまうリアリティの問題です。ただ、ここが出来てしまえばもう押しも押されぬプロとしてやれちゃいます。

    絵や演出、構成など上手い部分も多いが他方で物語が設定主軸で進むのは難点。主人公の感情や兄との絆などを掘り下げが足りない。次作ではキャラとドラマで展開する作品を描いてほしい。


    勇者に魔王が倒された。王の後を継いだ息子・シャスタには疑問があった。それは、なぜ人間は魔族を悪と呼ぶのかということ…!!

    とても優しいお人柄なのが伝わってきます。この芯にあるものは大切にして下さい。さて、その上で、この真ん中にあるものを際立たせて効果的に人に伝えるにはそれ以外の事を沢山考えねばなりません。今回一番気になったのは魔族と人間の確執です。魔族をとても良い人たちとして描写している分、作者も何故こんな軋轢があるのか納得行かずに描いているのではないでしょうか?こういう時こそ現実に立ち返るのです。実際の差別問題やその歴史を調べてみましょう。優しいあなたには辛い事実も目にしなければならないでしょうが、余りある発見と作品を深めるヒントが得られるはずです。そこで感じた理不尽さや怒りを込めた上で今回の作品のラストへ力強く舵を切る事ができれば、作品は更なる高みへと押し上げられる事になるでしょう。

    少し不安定だが読みやすい絵柄で今後に期待。話はまとまっているものの、苺や角のモチーフやキャラの感情の掘り下げが足りず表面的に見えてしまう。

    大規模な放火事件の捜査にあたる刑事・フォックス。彼女の前に第7感を研究するというロイス博士が現れ…!?

    この漫画を描いたのは本当に真面目な方に違いないというのが第一印象でした。全編隅々まで粛々と手を入れてある誠実な作品です。ただ、その一方で全体のメリハリに欠けてしまっている印象です。基本二人の会話劇で進むのですが、二人とも同じ口調で淡々と状況を説明し続けるので、印象に残らずなかなか頭に入って来にくいのです。バシッと前に出す言葉と思い切って切っていく言葉を選別するセンスを磨いて欲しいと思います。試しに何組かのお笑いのネタを楽しんでみてください。最近は若手の方でもレベルめちゃくちゃ高いので、会話劇の面白さが沢山拾えると思います。あと、敵は前半の事件現場に一般市民として登場させておいても良かったですね。

    海外ドラマ風なのは悪くないが推理が無根拠に当たるのでご都合主義に見える。また肝心の第7感とは何なのかがよくわからず残念。



  • 俺は今、地球にいます。 35P 木村祐亨 20
  • 寂寞の乙女 32P 平藤綾夏 21
  • 無題 26P 澄川颯音  16
  • Girls Pride 42P 涼 藍夏 26
  • 煙男ととある少女の物語 45P 西村麻理奈 21
ページTOPへ戻る