募集要項 クラウン新人漫画賞発表 出張編集部 美大芸大キャラバン 持ち込み募集
  • 第1回
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 第7回
  • 第8回
  • 第9回
  • 第10回
  • 第11回
  • 第12回
  • 第13回
  • 第14回
  • 第15回
  • 第16回
  • 第17回
  • 第18回
  • 第19回
  • 第20回
  • 第21回
  • 第22回
  • 第23回
  • 第24回
  • 第25回
  • 第26回
  • 第27回
  • 第28回
  • 第29回
  • 第30回
  • 第31回
  • 第32回
  • 第33回
  • 第34回
  • 第35回
  • 第36回
  • 16年3月期
  • 16年4月期
  • 16年5月期
  • 16年6月期
  • 16年7月期
  • 16年8月期
  • 16年9月期
  • 16年10月期
  • 16年11月期
  • 16年12月期


審査をしていると、この人がヒット作を生み出せそうかというのを常に意識して見てしまいますが、今回、皆さん若くて将来性を感じる方が多かったです。その中でも藤本さんの作品は群を抜いて面白かったし、これからヒット作を生み出す雰囲気がすごくあると思いました。


佳作

    絵が上手で、マンガも全体的にまとまっていると思いました。描きなれている印象を受けます。殺し屋のシェアハウスという設定は面白くなりそうですがこの作品では主人公しか活躍しなかったので、その設定の面白さが出なかったかなと思いました。

    キャラ作りへの意識が強く、ドラマも真っ直ぐに作れている。画力にまだ課題があるが、デッサンや表情にセンスがあるので伸びていくはず。カメラアングルやコマ運びの意識で、読みやすさも向上して行こう。

    伝説の殺し屋・吉良は病のため、日本に隠れ殺し屋のシェアハウスで暮らすことに。ある日吉良のもとを訪れたのは、大財閥の一人娘だった。彼女にシェアハウスの秘密を握られ、吉良は子守りをする羽目に…

審査員特別賞

    マンガからすごいエネルギーを感じました。どんどんページをめくってしまいます。キャラの表情がめちゃくちゃいいし、セリフの間とかもばつぐんだと思います。20歳という年齢を考えると、天才という言葉がちらつきます。

    型破りで先を読ませない展開だった。泥臭い演出力も評価のポイントになった。キャラクターに基づいた物語への意識と画力の向上で、次回は佳作以上の受賞を狙ってもらいたい。

    男子高校生・佐々木は、担任の川口先生への憧れが行き過ぎ、川口先生を神と崇めるようになった。かつて川口先生に振られた男が拳銃を持って教室に押し入ったとき、佐々木の行動は…!?



    けっこう残酷でかわいそうなストーリーですがテーマ自体は前向きでそれを描こうという作者の気持ちも伝わります。それをなるべく言葉で説得する感じを出さずに表現できればなお良いと思います。若いけど迫力のある絵が描けています。

    キャラの表情から物語にかける情熱が伝わってくる。自分の描きたいものを真っ直ぐに描けている。キャラ以外の画力の向上と、丁寧な物語作りを心がけて欲しい。

    奴隷として強制労働をさせられながら、騎士を目指す少女・エンキと、歌手を夢見る少女・アンパーは互いに支えあって暮らしていた。自由を手に入れるため逃亡を図った二人だったが・・・!?

    絵に迫力があるのがいいです。キャラデザインやセリフは平凡かなと思いました。読み終えた時の率直な感想は、ひどいいじめっ子の所に地獄の使者が来て、地獄へ連れてっただけだったな…というものです。ただそれでも画力があるので、キャラやセリフ回し等こだわればもっと面白くなったと思います。

    画力と演出力が高い。ストーリー自体は、ありがちで新味がなく、勧善懲悪の爽快感も少ないものだった。高い絵の力を生かして、次回はより王道的な物語に挑んで欲しい。

    いじめ自殺の加害者である少年・マモルの前に突然現れた、正体不明の怪人ヘル・ベガー。マモルのことを全て知っており、彼を地獄へ連れて行くと宣言したヘル・ベガーに対してマモルは…

    女の子が愛読しているマンガの内容に文句を言いまくる所が面白かったけれど、最後のオチで、兄にお金をもらうのが目的だったことになっているので、話の根幹にある、マンガのキャラを呪い殺したいという所からウソなのか、女の子がどこまで本気なのかボヤけています。そういうのは特にギャグマンガではマイナスになると思います。

    途中まで、キャラクターの性格を生かせたギャグだったのに、最後でキャラ性を覆してしまい、面白さを損なってしまった。細かいネタの精度も上げていってほしい。

    「頼みごとがある」と言って勉強中の兄の部屋に入ってきた妹。その頼みごととは、呪いのわら人形に使うための五寸釘を買ってきて欲しいというものだった。妹を問い詰める兄だったが・・・

    鬼神がかわいく好感が持てます。ギャグ部分が多いですが、それが入ってくるタイミング、ギャグとシリアスの起伏が心地よかったです。ウサ次郎はもっと変な見た目の方がいいです。あと、子供の頃大好きだったアニメキャラを忘れているという不自然さや、子供の頃、鬼神と友達になったのにそれ以降会っていなかった理由がないなど、気になるところもありました。

    デザインは可愛らしく、魅力あるキャラクターづくりへの意識もあった。全体的な画力の向上と、きちんと対象読者を考えたシナリオ・ドラマ作りを心がけていってもらいたい。

    高校入学後も友達を作ることが出来ない少年・亮介の前に現れたのは、鬼神を自称する少女。恩返しのため亮介の願いをひとつだけ叶えるという鬼神に対して、亮介が選択するのは…!?



  • クランの手紙 42P 斉藤瑞季 19
  • 世にも奇妙な優しさの物語 9P 原作:ハミングウェイ 訳:戸田奈津美 25
  • champion!! 16P 白川稔梨 19
  • Dog Days Life! 45P 漁野めぐみ 21
  • ソーサリーゲーム 45P 木下未典 28
  • 君の活字に恋してる 13P 和田華奈 23
ページTOPへ戻る