募集要項 クラウン新人漫画賞発表 出張編集部 美大芸大キャラバン 持ち込み募集
  • 第1回
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 第7回
  • 第8回
  • 第9回
  • 第10回
  • 第11回
  • 第12回
  • 第13回
  • 第14回
  • 第15回
  • 第16回
  • 第17回
  • 第18回
  • 第19回
  • 第20回
  • 第21回
  • 第22回
  • 第23回
  • 第24回
  • 第25回
  • 第26回
  • 第27回
  • 第28回
  • 第29回
  • 第30回
  • 第31回
  • 第32回
  • 第33回
  • 第34回
  • 第35回
  • 第36回
  • 16年3月期
  • 16年4月期
  • 16年5月期
  • 16年6月期
  • 16年7月期
  • 16年8月期
  • 16年9月期
  • 16年10月期
  • 16年11月期
  • 16年12月期


今回は歴代最多の最終候補数ということで、審査は大変でしたが、確かにそれだけの力作揃いでした。お話も絵もバラエティに富んでいて、それぞれに良さがありました。一方でコマ数の多さや描写のわかり辛さなど、気になる箇所もあり読者目線を意識した漫画作りの研究は続けて欲しいなと思います。


佳作

    喰われた者に永遠の苦しみを与える化け物・シャドーオークが徘徊する街。女刑事のリラはある夜、左目を隠した怪しい男が化け物を葬る所を目撃する。衰弱した男を家に連れて帰るが、彼の身体はあちこち無くなっていて…。

    若いのに絵もネームも完成度が高かった。ストーリーも派手さはないものの、良くまとまっていた。ヒロインをよりかわいく、男をよりかっこよく描けるように研究すると良いと思う。

    一見ありがちな主人公のキャラや表情も、設定のおかげで新しく見える。敵のエピソードは余分に感じるものの、最後まで楽しく読めた。読者の読みたい漫画をしっかり志向していけそうな作家で、絵も今後の伸びが期待できる。

審査員特別賞

    早乙女姫乃は年上の彼氏との仲を占ってもらうため、黒羽高校理科室の魔女・浦内占太郎に会うことに。同じクラスの生徒でもある浦内は男ながら魔女の血を継承し、占い的中率は100%を誇っていた。期待する姫乃だったが「すぐに別れろ」と結果が出てしまい…。

    ていねいな絵としっかりしたネームで安心して読めた。人物にまだ描きなれない感はあるが自分らしい魅力的な絵柄を模索してほしい。コメディ絵も描けるようになると、なお良いと思う。

    デッサンは取れていないものの、丁寧な絵と演出が見て取れる。浦内君のキャラクターも面白かった。占いや主人公の能力に圧倒的な個性があればもっと良かった。UPになった時の表情にもっと力を入れてほしい。

編集部特別賞

    殺人鬼専門の殺人鬼・色姫はとある連続殺人事件の犯人を狙い、被害者行き着けのメイド喫茶を調べていた。しかし店主のアマネに気に入られ店で働くことに…。お客を家族と想って慕うアマネの姿に安らぎを覚える色姫だったが、ついに標的の殺人鬼が現れて…。

    画力は高く、演出にもスゴ味がある。ハッタリの効いた表情やセリフも良い。ただ、コマが多すぎて見辛かったりわかりにくい所がある。

    救いが無く後味が悪いのに、妙に引き込まれた。画力と画面構成は今回の中でもずば抜けている。ぶっ飛んだ表現は大歓迎だが、細かいところで話についていけなくなってしまうのが残念。絵柄とオリジナリティについては、もう一段階レベルアップしてほしい。


    吸った人間を虫に変える「蟲毒」が東京を襲う。対蟲毒特殊部隊の鈴宮タイトは原因である感染者の親友を排除するよう命令され…。

    動きが気になる設定や物語を作る力がある。セリフまわしも自然で読みやすい。画力は今後に期待。

    実写にしたら面白そう。セリフが上手で読みやすく、最後のネタまで考えてあって良かった。ただ、ヒロインの虫に対する思い(人間<虫)は説得力がなく感情移入できなかった。絵は丁寧だが、オリジナリティを目指していってほしい。

    発明家ルイ・トリンドルの最高傑作を探すため、からくり城に潜入したエリーゼ。様々な仕掛けに苦戦する中、謎の少年と出会い…。

    やさしい絵柄とストーリーがうまくマッチしていた。キャラクターの表情や心理描写も上手い。この持ち味を大事にしつつ、さらに経験を重ねて欲しい!

    絵柄がかわいく、父と娘の愛情もわかりやすく最後まで読ませる。まずは基本的な画力を伸ばしてほしいのと、キャラクターの心情描写を丁寧に追う練習を。どんどん原稿を描いて総合的にレベルアップしよう。

    ソビエト連邦陸軍に所属するレイラ少佐は少年失踪事件の捜査中、地下トンネルの奥にエルフの国を発見。残虐行為を目の当たりにし…。

    前半・キャラの内面や設定がわかりづらく感情移入しづらいまま話が進んだ印象。線はしっかりしていて見やすかった。

    血肉を感じる面白い絵だが、少しだけ読者を意識してほしい。キャラも話もオリジナリティに溢れているが、世界観が良くわからない&セリフ回しが上手くない。渋さをカバーする画力を手に入れて、次回作で勝負を!

    父の死をきっかけに家に帰ってきたオズロ。しかし遺産を相続するはずが、家の中にはパスワードを要求するメイドが持ち構えており…。

    話の構成はしっかりしていてネーム力はある。テーマもわかりやすい。キャラやお話が少し地味なのと絵柄の洗練が課題かと。

    キャラクターの表情に力がこもっている。題材は珍しくないので、新しい要素がほしいところ。まずはこの一年で背景も含めてどこまで画力を伸ばせるか、頑張ってほしい。構成面では、前半のもたつきが気になった。

    誰もが認める天才、未成年天文学者のアデス。ある夜、地球から3万光年離れた星オーヴより飛来した異星人から衝撃の事実を伝えられ…。

    絵はかなり上手い。キャラクターを生み出す力もありそう。ストーリーに関しては、トートツで読み終わってもよくわからない所がある。シリアスかコメディか、もう少しはっきりさせた方が良い。

    若いのに画力が高く、演出力もある。とはいえ客観性が感じられず、自分の描きたい絵・構図のみを羅列している印象。華があるのでテーマを決めてどんどん描いていってほしい。話としては、せめて前半に「オレは一体何者なんだ?」というフリがほしかった。

    若者を中心に大流行する対戦ゲームアプリ「REAL ONLINE」。高校生の宮城要は同級生の淡島さんからゲームに関する悩みを打ち明けられ…。

    今風の題材は良いし、キャラも活き活き描かれていてさわやか。しかし最初にゲームの基本設定がわからないまま話が進んでしまい後半は少しおいてけぼり感があった。

    基本的な画力はあるし、女の子キャラが可愛い。しかしゲームの設定やデザインは魅力に乏しく、まだまだ模索する必要がある。登場キャラ数や内容とページ数も合っていないので、まずは一人のキャラをじっくり描くことから始めてほしい。

    いじめられっ子の日下利幸。彼の前に現れた救世主・アイサメはいじめっ子を血祭りに上げる力を渡すが、発動には過酷な条件があり…。

    テーマは一貫してわかりやすく、どうなるか気になる展開だった。最後はきれいに終わったが、アイサメが何なのかはモヤモヤが残る。表情や演出は思い切りがあって良い。画力は今後に期待。

    構成がしっかりしていて読みやすい。とはいえ「理不尽」という題材をもっと活かしてほしかった。不良が殴っている間に改心したり、主人公がすぐに成長したり…。むしろ、どこまで酷い状況になるかが面白いところなのでは。読者の期待・求めるものを一考してほしい。

    武器製造会社によって人類総武装化が進められる世界。そんな危機を阻止するため非武装アンドロイド「ダブルピース」が駆け巡る…!!

    迫力があり、キャラのかけあいや展開は活き活きとテンポよく楽しめた。キャラデザインや絵柄はまだ洗練の余地ありだが、完成度は高いと思う。

    画力は高いが、迫力を優先しすぎて読みづらくなる部分もあった。センスがあるので、もう一歩読者に寄って話の矛盾点を解消しよう。今回でいえば、主人公が何のために非武装をテーマに闘っているのか、しっかりと整理して説得力を持たせてほしかった。



  • パラレルフレンズ 19P 仏クマ 29
  • 不本意な女彼 34P 名取杏優美 19
  • 未来先生 45P 花村いさ子 25
  • 堕落の試練 25P 齋藤太郎 28
  • ドミノ部 40P 楠乃宮啓 24
  • ユウコクパトリオット 27P 初田 京 32
  • 荒ぶり鬼若子 38P 維野セント 21
  • デスキュー!?-Death+rescue- 45P 神埼イチホ 19
  • シカイ 15P 今口ふくみ 25
  • 魔王修業 43P 松岡拓也 26
  • パンきしゃ! 31P 前澤彩音 20
  • 奇々怪々怪奇倶楽部譚1-降谷叶の場合-34P 原田あきら 20
  • イナリのつかい 18P 國光真菜 19
  • ある肝試しの夜の 28P 益平丞 20
ページTOPへ戻る