RISE新人漫画賞 19年11期 結果発表

RISE新人漫画賞 結果発表

CROWN新人漫画賞 結果発表

クラウン新人漫画賞

受賞ラッシュ続く!!!! 佳作1本審査員特別賞&審査員特別賞出る!!

5か月連続でのデビューが決定!! 今号では21歳の新鋭が見事佳作を受賞!! 2月末締切のスポーツ漫画賞と合わせSQ.新人賞に応募せよ!

審査員
審査員 総評 楽しく読めました。うまい人も多いなと。でもそうなると、自分がどう売れていくのかもっと考えてほしい。よくある話じゃなく、自分の世界観をさらにハードにぶち込んで、それでも読みやすく、プロと戦うレベルで、さらにたくさんの読者に読んでもらう、という戦いについて思いを馳せて挑んでほしいです。【鏡】
既存の面白い漫画の影響はおおいに受けてよいと思うのですが、そこを踏みしめてさらに自分なりの表現を突き詰めて欲しいと思いました。借り物を借り物のままではなく、しっかり自分のものに昇華するための試行錯誤を。がんばってください!【降矢】

月間TOP佳作 賞金30万円

扇の的 49P
苛々井瑞生 21歳/群馬

あらすじ文武両道の天才・扇宗隆は、高校に入学した直後から様々な部活で大活躍。だが、ひょんなことから入ることになった弓道部では、自らの胸の内に秘めたトラウマに苦しめられ…!?

審査員のアドバイス見せたいことへ至るまでに必要な切り口に加え、見せたいことは何か、またその見せ方も分かっていて、素晴らしいなと思いました。これから作る全ての話でこのレベルのものが出せて、さらにスポーツだけではなく、世に出すお題をフックを付けて選定できるなら、きっと売れる人になるのではないかと感じます。絵も好かれそうな絵柄だと思うので、これからはもっと自分ならではの部分をさらけ出して、より作品に対するオリジナリティを目指していって欲しいです。

編集部のコメント序盤から中盤にかけて、主人公のかつての苦悩や心情を丁寧に表現しており、そこから後半に至る流れも勢いが素晴らしく、しっかり物語を描けていた作品だった。スポーツ万能な主人公が、何故弓道だけに挫折するのかの理由と、その挫折から弓道にのめり込んでいく主人公の描写をもっと練り込めていれば、より独自性のある説得力を与えられていたと思う。

審査員特別賞 賞金20万円

諸星悟は恋したい! 34P
溝口俊太 24歳/東京

あらすじ様々な女の子に告白され付き合うも全く長続きしない諸星悟は、初めて自分から告白をすることに…。普段から人助けに情熱を注ぐ霞野に振り回されるも、気づけば時は過ぎ…!?

審査員のアドバイス導入が面白く、キャラクターの好感度も高かったです。どういう話を見せたいのかはいまいち分からなかったですが、分からないにしてもシンプルに一つの話だけしていたので、読後感は良かったと思えました。ヒロインのキャラにはもう少し遊べる余地がある気がします。ただ絵柄がやや古いのは、ラブコメには致命的なので、今後はさらなる工夫を。

編集部のコメント完成度の高さはピカイチで、それぞれのキャラにも悪い印象がなく、今の読者たちが共感出来る恋愛観を描けていたと思う。ただ、物語の展開のためとも思える都合の良い展開も目立ったので、演出などの部分でも読者を楽しませられる魅力を模索していって欲しい。

編集部特別賞 賞金15万円

The first unison 45P
二井見幸一郎 25歳/東京

あらすじ席替えで、ハーフの美少女・姫川リノの隣になった高校一年生の織田信成(あきら)。織田は大人しい姫川と仲良くなろうと、絵のモデルとして美術部に勧誘するが…!?

審査員のアドバイス絵と演出に古さはあるものの、情感たっぷりで、中学時代を思い出させられました。なんということのないコマが続いても、それらに意味があって、ドキドキしました。今回の中では最も作者のフェチが感じられる、いちばんスカッと読めた作品でしたが、だからこそ、これからどう売れたらいいかについて真剣に考えてもらいたいです。

編集部のコメント2人の関係性の中で、丁寧な心情描写を重ねながら物語を進められており、素晴らしかった。物語にダイナミズムを与える"転"の練り込みがもう少し欲しかったのと、人物の描線含め、もう少し画力が高まれば、もっと読者に刺さる作品になったと思う。

最終候補作 賞金10万円

【ショート部門】生まれも育ちも幽霊 16P
しなぎれ 19歳/京都

あらすじ生まれも育ちも幽霊だという少年は、霊の見える人間・てるに憑きまとう。ひょんなことから、てるは少年の頼みで自分の体を貸すことを了承するが…!?

審査員のアドバイス親しみやすい絵柄とテンポの良さ、画面構成にセンスがあり、なんだかんだ最後まで読ませる物語だったと思います。ただ、タイトルにもある「生まれも育ちも幽霊」が、物語的に意味がないので、何を読ませたいのかが分からず残念でした。読者の興味を引っ張るポイントはそこだったと思うのですが、ただ主人公が何かに魅入られる話なら、幽霊よりも悪魔や妖怪のほうが分かりやすいので、幽霊の理由をフックにすることを期待して読んでしまいました。

編集部のコメントキャラを描けそうなセンスを感じた。読者の読みを裏切るのは漫画の醍醐味だが、終盤までの展開が楽し気な分、後味の悪いオチになったのは残念だった。

最終候補作 賞金10万円

白帯とハイキック 34P
山本みほ 25歳/東京

あらすじ高校入学直後、校則違反のピアスをして登校した吉川かな太は、廊下で会った空手部の大木と張り合い、自分の方が道着をカッコ良く着られると宣言し…!?

審査員のアドバイスキャラの描き分けはもう少し欲しいですが、画力の安定感は抜群で、全体的にうまくできていたと思います。主人公のキャラ付けは、「男なら格好を気にしたって良い」という価値観に絞って演出し直すと、より印象的な話になるかなと思いました。気になったのは想定している読者層。格闘漫画でないのはすぐに分かったのですが、年齢性別どういった読者にこの物語を伝えたいのか、またこの構成でしっかり伝わるのか。今回はそれがブレている気がしました。

編集部のコメント爽やかな少年同士の絡みを、空手というテーマを用いて頑張って描いていた。見た目への見栄から認められたい心情の流れにもっとタメがあると良かった。

最終候補作 賞金10万円

鬼の泣く頃に 42P
宮本和馬 20歳/山梨

あらすじ狭鳴山に出ると噂される"鬼"を探し歩く一人の僧侶。僧侶は山中で鬼を名乗る青年を捕まえるも、「私と共に旅をし、自ら業を清める」ことを進めて…!?

審査員のアドバイス絵は少し粗いですが、独特な世界観があり、読ませたいことがあるんだなと感じました。ただ、この画風で淡々と語るためには、話に深みが足りないうえ、情報の見せ方も拙いです。今後もこの画風・この間合いでやっていきたいなら、もっともっと練り込み、例えば人間の醜さや悲しさを主眼にするなどにしないと、ストーリーがオマケになってしまう気がします。現状だと、この画風をやりたいがために簡単に作ったストーリーに見えてしまい、残念でした。

編集部のコメント薄墨の使用など挑戦的な部分もありつつ、静と動を効果的に表現できていた。親と子、2人のキャラの感情の流れがもっと伝わるよう整理して欲しかった。

最終候補まであと一歩の作品

  • 無題 31P たつねこ 18
    粗さはあるが、読者を見据えたエンタメ精神が感じられた。
  • daybreak 45P 月城かなた 21
    よくある能力モノだが、キャラの丁寧な心情描写があった。
  • 迷い姫と黒の道化師 51P 雨乃月靉一 28
    キャラの好感度が欲しいが、構成は巧く作品の完成度は高い。
  • 北風侍 推して参る!! 31P かないわやかな 30
    "売り"を意識して欲しいが、ほのぼのとした雰囲気で楽しい。
  • 高校星へ 47P 笹原涼 31
    もっと個性を見たいが、面白く魅せようとする意識が伝わる。