RISE新人漫画賞 21年4月期 結果発表

RISE新人漫画賞 結果発表

CROWN新人漫画賞 結果発表

クラウン新人漫画賞

史上最大級の大豊作!!! 準入選2本&佳作1本&編集部特別賞3本出る!!!!

SQ.史上初!同時に2作品が準入選を受賞!更には佳作デビュー1名と編集部特別賞3名も輩出し賞金総額は225万円!この勢いに続け!

審査員
審査員 総評 アイディアの生み出し方はモノの捉え方だと思っておりまして、同じモノを見ても、ふぅんで終わるか、良さを見つけられるかは作家のセンス次第で、それは鍛えて得られるスキルだと思うのですね。あと、最近特に新人の皆様にとって重要なのは『まとめる力』なんじゃないかなぁと思ったりしています。特に少ないページ数でそれが出来ると将来的にとても有効な武器になります。ストーリーの奇抜さや魅力的なキャラクターを生み出すのは勿論大事なのですが、それを分かりやすく面白く伝えられなければその良さは読者には伝わらないので。

月間TOP準入選 賞金75万円

脈打つトクサツ!! 54P
オオノコウジ 27/東京

あらすじ千年前に巨獣と対巨獣兵器の戦いがあったという伝説が残る小さな島で、映像研究部の刈谷はそんな巨大生物同士の戦いを映画として再現することに躍起になっていた。現在ではただの石像だと思われていた巨獣が再び動き出したとき、刈谷は本物の怪獣映画を撮ることができるのか!?

審査員のアドバイスまるで2時間映画を観ているかのボリューム。大胆な展開ながらも決して破綻することはなく、次に何が起きるかワクワクしながら読みました。キャラも立っておりしっかり感情移入出来ました。主人公の特撮映画にかける情熱を語るシーン、ヒロインの家系や使命、巨獣と巨人兵器の過去などにもう少し深み(ページを割いた演出&解説)を持たせられれば更に後半が盛り上がったのではないかと思います。

編集部のコメント熱量の高い作品。それぞれのキャラクターのバックボーンや怪獣のいる世界観など、多くの要素が詰め込まれていながら、巧みな構成力でそれらを上手くまとめていた。また、エンタメとしてどのシーンでどのように読者を楽しませるか、その意図が明確で気持ちよく読めた。ストーリーのブラッシュアップを課題にしつつ、この熱量で描き続けてほしい。

準入選 賞金75万円

GARON 48P
三澄ケイ 35/東京

あらすじ資源問題を解決する新エネルギーの開発に没頭する少年・セナは世間のことを全く知らされずに育った。ある日、研究室に紛れ込んだアレンという青年と出会い、外の世界への興味を強くするセナであったが、アレンには隠された目的があり…?

審査員のアドバイスキャラクターの描き方がとても良かったです。表情から見える奥深さは素晴らしい。画力についてはキャラは勿論、背景描写・空間の演出がめちゃくちゃレベルが高いと思いました。セナのバックストーリー、ガロンの設定・特性の描写がもう少し物語の早い段階で打ち込めていればもっと作品に入り込めたのではないか、と。キャラや世界観をなるべく早く読者に掴んで貰う方が読者も何を追って読む漫画なのか掴みやすいと思うので。

編集部のコメント初めて描いた漫画とは思えない完成度。過不足なく見せられた設定や、人間味のあるキャラクター。読み易いコマ割りや構図、台詞の力も申し分なく非凡な力量を感じた。線に粗さは感じるものの、丁寧な背景描写や表情で伝える力はそれを補って余りある。たくさん描いて読者を楽しませる作品を追求してください。

佳作 賞金30万円

虎と黄金 31P
船橋つなぐ 20/滋賀

あらすじ漫画家を目指す少年・高橋タイガは出版社への持ち込みに行くも撃沈し、同い年の天才・黄金森ユウを紹介される。自分よりも明らかに才能のある黄金森に気圧されるタイガだったが、負けてられないとどちらの方が面白い漫画を描けるかの勝負を持ちかける。

審査員のアドバイス1ページ目。タイガの服。黄金森の作業場でめちゃくちゃ笑いました。風景の切り取り方や後半で雪が涙に変わるシーンなど、細かい演出で抜きん出たセンスを感じます。心理描写もとても上手いと思うのですが、父に送ったメールの文面や2人の漫画の中身、タイガーワンが実際どんな漫画だったのか等は具体的に描いて欲しかったかな、と。キャラの確立において重要なポイントを読者の想像力に任せることになってしまいます。

編集部のコメント演出力が高く、抒情的に見せるシーンの描き方に突き抜けたオリジナリティとセンスがあった。具体的に描かれていない情報も多く、キャラクターを十分に描き切れているとは言い難いが、短いページの中で一応のまとまりがあった。無二の世界観に今後も期待。

編集部特別賞 賞金15万円

曇りのち竜 40P
枝あかり 23/東京

あらすじ年老いた竜が落下して市街に被害が出ないよう観測する一族の末裔であるタツメ。生徒と間違えられ学校に連れて来られたタツメは、いじめを受ける少年・葉山に出会い、彼の復讐に手を貸すことになるが?

審査員のアドバイス基本的な画力はとても高いです。コマ割りやフキダシの位置など読ませ方もすごく高いレベルにあると思います。ただ、「竜の降る町」と「いじめられっ子の復讐」というふたつの話が別々になってしまってるのは個人的にマイナスです。竜は人間のネガティブな心でデカくなるとか、何かしら繋がりがあるとよかったのですが。タツメちゃんも葉山もそれぞれがとても面白くて良いキャラクターだけに、ちょっと勿体なかったなぁという印象。

編集部のコメント高い画力で丁寧にキャラクターを描いていた。ストーリー自体はどちらか言えば雰囲気寄りだが、演出が非常にうまく、それだけでファンが付きそうなくらいの力量があった。今後は構成をよく見直し、設定とストーリーがうまく咬み合うような展開を作ることを目指して。

編集部特別賞 賞金15万円

ユメノカイギ 34P
黒木優作 21/神奈川

あらすじ大好きなユメノちゃんに告白して両想いとなったカイギは、都合のよすぎる展開にこの世界そのものが夢ではないかと疑っていた。そんな中突如地震のような大きな衝撃が走り事態は一変する…!

審査員のアドバイスめっちゃ笑いました。カイギは言わずもながですが、ユメノちゃんも相当変な子だと思います。勢いはとんでもなくあるので、これからも洗練させていって頂きたいです。やはり一番は「絵が読み手を選ぶ」ということかなぁ、と。癖が強いのをオリジナリティとしてひたすら突き詰めるか、読者の幅を広げるためにキャッチーな絵柄を少しずつ取り入れていくか、ご自分でコレだと言う道を進んで頂きたいです。

編集部のコメント個性の強すぎる絵に一考の余地はあるものの、ハイセンスな台詞回しや突飛な展開には真似できないオリジナリティがあった。コマ割りや画力自体の向上はこれからの必須課題であるが、この作家性を保ったままこの作者にしか描けない漫画を追求してほしい。

編集部特別賞 賞金15万円

コンシールシーカー 49P
城月かなた 21/兵庫

あらすじ近未来、システムに従う者と従わない者の居住区が巨大な壁で分断された社会。壁の点検業務に従事するデイヴは機械の故障で無法者が住む居住区に落ちてしまう。元の世界に帰ろうとするデイヴだが?

審査員のアドバイス内容盛り沢山でエンターテイメントとして面白いモノを作ろうという気概は感じますが、逆に言うと詰め込み過ぎな印象もあります。情報量が多いのでもう少し短いページ・少ないキャラクターで内容をまとめる力を養うとよいのではないか、と。閉鎖都市内描写等全体的にコミカルな演出はこの作品ではもっと抑えてもよ良かったと思います。もっと全体的に悲壮感のある舞台の方がクライマックスの救いが際立った筈。

編集部のコメント別世界で本当に大切なものを見つけるというドラマの軸がブレずによく描けていた。世界観設定にはややリアリティが欠けていたので、二つの世界の違いやそれぞれの世界で暮らす人々を画として伝えるための画力・演出力を身につけて。キャラの掘り下げ方も要再考。

最終候補まであと一歩の作品

  • 僕はあくまで、サンタさん 31P 田田田田 29
    コメディとシリアスのバランスが絶妙に描けていた。読み手を選ぶ絵柄を見直して。
  • かんな 31P 九尾丸 29
    コマ割りが上手く読み易い。ドラマは淡泊すぎる印象なので、物語を丁寧に構成して。
  • 雲林寺くんは中二病 30P 夏猫日槌 26
    女の子を可愛く描けていた。ステレオタイプなキャラなのでもっと掘り下げて考えて。
  • お願いっ!神様 54P 中田有砂 28
    ストーリーは丁寧によくまとめられていた。キャラは好感度の高さを意識してほしい。
  • 現世地獄論者 18P ユタシクル 20
    暗すぎる話だが、メッセージ性を強く感じた。読者に寄せたエンタメを意識できるか。
  • 天々 42P 七田零 20
    説明不足で世界観は伝わりきっていないものの、設定や演出にオリジナリティがあった。