RISE新人漫画賞 21年5月期 結果発表

RISE新人漫画賞 結果発表

CROWN新人漫画賞 結果発表

クラウン新人漫画賞

バラエティ豊富な作品が大集結!審査員特別賞1本&編集部特別賞2本出る!!

5本の最終候補作品が残った5月期RISE新人漫画賞!惜しくもデビューには届かなかったが、今後に大注目の新人を発表するぞ!!

審査員
審査員 総評 今回も楽しく審査させて頂きました。気になったのは以下の二つです。
①設定やキャラクターなどの「大きなアイデア」は凝っているのに、それらを読者に届けるための工夫が不足している印象を受けました。「大きなアイデア」を面白いと思ってもらうための「小さなアイデア(工夫)」を、たくさん考えて、いろいろ組み合わせを試してみましょう。
②全体的にシンプルで読みやすい作品が多かったんですが、シンプルすぎて「必要な情報」まで削ってしまっている作品も多かったように感じました。 「とにかくセリフや設定、場面を削れ」というアドバイスも、確かにこの業界にはありますが、「大事な場面」に必要な情報まで削ってしまうと、作品の印象がスカスカになってしまいます。自分がどこを一番描きたいのか、そこを面白く読ませるにはどの情報が必要になるのか、長いページ数になるほど、そのあたりをちゃんと考える必要があるんじゃないかと思います。必要な要素をノートに書きだして、どうすれば「面白く」なるのか、整理して考えてみましょう。
ご応募ありがとうございました!

月間TOP審査員特別賞 賞金20万円

廃寺の人魚 47P
深山けい 29

あらすじ帰宅途中に謎の廃寺へと迷い込んでしまった香子。結界により閉ざされたこの寺で、彼女は旅僧の大緋と出逢う。彼はこの地で200年間、かつて愛した人魚との約束を守り続けていた…。

審査員のアドバイスこの作品のテーマ的に、後半のバトル展開は必要なかったのでは? と思いました。バトルに使った12ページを他の展開に回せば、もっとテーマが明確になったんじゃないかと思います。また、キャラが2人だけだと会話が回りづらいので、価値観や利害が対立するキャラがもう1人いてもよかったように思いました。全体的に雰囲気が良く、主人公もいい子なので、最後に少し上を向いて終わったのは良かったです。

編集部のコメント作品の雰囲気作りと読者を惹きこむドラマにセンスを感じさせる作品だった。キャラクターを中心に話を展開させることができればなお良い。コマ割りが若干見づらいので気をつけよう。

編集部特別賞 賞金15万円

赤色の白冠 55P
原田大和 24/福岡

あらすじ「白冠」という胞子が人間に寄生、多くの人が「菌鬼」へと姿を変えた世界に、白冠と共生する少年・イチヤが現れる。その共生関係の背景には哀しい過去があり…。

審査員のアドバイス主人公の情報が、中盤で語られる「つらい過去」に集中していて、「その過去を経て、どういう生き方・考え方になったのか」という描写が不足しているため、「菌と共生できる世界を作る」という主人公の目標が、「漫画上の設定」だけになってしまっているように感じました。「キャラ」を話の中心に据えて、主人公と「どんなキャラが」「どう出会えば」キャラが自然に動き出すか、いろんな組み合わせを模索してみてください。

編集部のコメント構図や演出、デザインなど目を見張る部分も多い一方、全体の半分以上が過去回想に費やされているのが勿体無い。読ませる力はあるが、説明不足な部分も多く、次は読者の理解を深めていくことを意識していこう。

編集部特別賞 賞金15万円

物の怪ノ子 47P
森田滉介 21/奈良

あらすじ妖怪の天離は、孤児の自分を救ってくれた巳六に恩を感じつつ、迫害を受けた過去から自分の存在を認められずにいた。正体を隠して暮らしていた天離だが…。

審査員のアドバイス「このキャラの性格的に、この状況でこういう行動はしにくいのでは?」と思わされる場面が所々に見られました。作中のキャラクターたちが、どういう状況にいるのか、その状況で、どう考えて行動するのか、場面ごとに整理して考えてみましょう。また、「描きたいこと」の方向性は伝わるんですが、途中でブレているようにも感じるので、「自分は、この作品で何を描きたいのか」を時々、問い直してみてください。

編集部のコメントメインキャラ二人の関係性が良く、ストーリーの焦点をそこに絞っているため読みやすい。世界観が分からないため、部分的に共感できなかったのが惜しかった。

最終候補 賞金10万円

Wiz 38P
渋澤さつき 35/東京

あらすじどんな整形手術も引き受ける天才女医のWiz。今回の依頼はとある女性の顔を「超絶に美しい顔」にするというもので…。

審査員のアドバイス主人公が女の子を助ける、という話のはずなんですが、どう読んでも主人公の話に乗った女の子が「助かっている」ようには見えず、描き手と読み手の感覚の乖離を感じてしまいました。また、全てのキャラが「設定」に動かされている感があり、人の心を操る話なのに、人間性を感じにくい作りになっている、とも思いました。全体的に絵が丁寧で、画面的な演出も凝っていて効果的だったのは良かったと思います。

編集部のコメントスリルある展開の見せ方が上手い作品。今後は作品の題材選びに気を付けつつ、画風の古さを改善に注力いってほしい。

最終候補 賞金10万円

八百万大工 35P
十五征 23/東京

あらすじ神による「神為災害」から人々を守る存在「八百万大工」。大工の一歩は新入りながらも、持ち前の凄腕技術で大活躍する! !

審査員のアドバイス暴走した神を鎮める大工、という設定は面白いと思いましたが、「神様」の扱いが若干軽すぎるように感じました。また、主人公の父親が命を落とした事件とほぼ同じ状況を、特に理由なく主人公が解決してしまったため、主人公の見せ場と、父親の偉大さが同時に薄れてしまっているようにも感じました。キャラクターの勢いで話を進めるだけでなく、全体を通した「構成」を考えてみてください。

編集部のコメントシンプルでド直球な作品。アイデア自体は評価できるが、設定・キャラは大味なので、もっとしっかりと掘り下げよう。

最終候補まであと一歩の作品

  • きみのほし 30P 緒川 良 12
    表情を伴ってキャラが良く描けていた。継続して頑張ろう。
  • イマジネーター 46P 藤永カノン 18
    冒頭のインパクトは◎。全体的に粗が多いので丁寧に描こう。
  • KINGSHIT-キングシット-オーベン 45P 伊東優我 22
    アイデアは良いが、全体的にノリが古いのが勿体なかった。
  • 死神と少女 45P 翠月 翼 22
    読切としてしっかり完結させていた。展開に意外性がほしい。
  • 淫魔?いいえ清純ですので! 29P 黒木秋良 28
    設定は良い。ドラマの盛り上げとキャラの掘り下げがほしい。
  • 残夜 31P 荒川桂勺 32
    見せ方が格好いい。既存作品の影響を超える個性がほしい。
  • 妖精の拳 47P 笹原 涼 32
    キャラの魅力が描けているが、そこに頼りきりになっている。
  • 2021甲子園で女子マネ2人がコーチスボックスに立つ!(立志編) 43P matsuo 33
    丁寧に展開されているが、読切としての目的を明確にしよう。